あっこゴリラ 2021年初リリース「TOKYO BANANA 2021」解禁!

株式会社NexTone

あっこゴリラ 2021年初リリース「TOKYO BANANA 2021」解禁!

固定観念に凝り固まった社会にハンマーを叩きつけるかのようなインパクト抜群の楽曲を次々と発表し、その言葉の力で世の常識に「?」を突き付ける女性ラッパー・あっこゴリラ

ジェンダーをテーマにした“GRRRLISM”、これまで恥ずべきものとされてきた女性のムダ毛や贅肉などを称賛する“エビバディ BO”など痛快極まりない楽曲は多くのリスナーからの共感を獲得しています。

表現方法を音楽だけに限定していないことでも知られ、生理用品を購入する際の“選択肢の多様化を目指すプロジェクト、ソフィ『#NoBagForMe』への参加や立教大学で『現代文化活動におけるジェンダー論』と題した講義をおこなうなど分野を越えて活躍中の大注目アーティストです。

2019年12月からは、「アートの力で分断の壁を超え、うちらが日本の未来をつくる」をテーマとした自主イベント『GOOD VIBRATIONS』をスタート。お互いを認め合ったアーティストたちが熱い音を鳴らすパーティーを作り上げています。

あっこゴリラ・TOKYO BANANA 2021


Photo By 株式会社NexTone

あっこゴリラの2021年初リリースとなる新曲“TOKYO BANANA 2021”が本日2月10日にドロップ!

彼女の原点とも言える2016年1月にリリースされた1stアルバム『TOKYO BANANA』表題曲の2021年バージョンとなっています。

オリジナルバージョンの歌詞も十二分に過激なものでしたが、2021年バージョンにおける言葉の切れ味はまるで斧のような超重量級。

柔軟性と寛容さを失い、ますます混沌としていく現代社会をしぶとく生き抜いていく覚悟を堂々と宣言しています。

そのタイトルとは裏腹の甘くないサウンドにノックアウトされるリスナーが続出する事は間違いないでしょう。

あっこゴリラコメント

部屋も社会も心もぐちゃぐちゃで、そのぐちゃぐちゃのまんま、爆音で鳴らして揺らし続けることが、いつだって唯一の救済でした。個人的ターニングポイントのたびに冠する”TOKYO BANANA”で、わたしの2021年を鳴らしはじめようと思います。愚か上等、矛盾上等、人生のステージ上で余裕でニコちゃんピースしましょう

楽曲名:TOKYO BANANA 2021
アーティスト:あっこゴリラ
配信日:2021年2月10日(水)
レーベル名: KAMIKAZE RECORDS
Distributed by NexTone Inc.
配信先リンク:https://nex-tone.link/95726 

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事