Soulflex – 総勢11名のクリエイティブ集団が生み出す新時代ミクスチャー!

Soulflex – 総勢11名のクリエイティブ集団が生み出す新時代ミクスチャー!

2010年に大阪で結成されたSoulflex(ソウルフレックス)

シンガー、ラッパー、ビートメイカーを始め、フォトグラファー、ペインター、プロデューサーなど多彩なメンバーで構成されたクリエイティブ集団。

総勢11名のクリエイティビティや趣味嗜好が見事に混ざり合いチルでエモーショナルなサウンドに昇華されていきます。

彼らの生み出す作品はライフスタイルと密接しており、日常を邪魔することなく心地よさを届けてくれます。

そして、メロウなソウルやアッパーな作品まで、複数人いるからこそ実現できる幅広いアプローチ。

そんな彼らの魅力を徹底解説していきます。

Soulflex結成のきっかけ

SoulflexのリーダーであるMori Zentaro。

彼は当初弾き語りで色々なイベントへ出演されていました。

そんな中、KYOtaro(現:SIRUP)と出会い、お互いの音楽性に通ずるものを感じ一緒に楽曲制作をするようになります。

また、同時期にMa-Nu (Singer)RaB (Dr.)Funky-D (Ba.)が在籍しているヒップホップバンド【Raw-Fidelity】に出会います。

ここでもお互いの音楽にインスパイアされ、一緒に楽曲制作を行う事になりました。

そして、KYOtaro(現:SIRUP)「素晴らしいシンガーがいるので紹介したい!」という事でZINを紹介。

音楽の方向性や共通点を感じ、一緒に音楽をやるようになります。

その後ZINが活動していたバンドのメンバーだったKenT (Sax)と、木村華子 (photographer)hitch (Painter)が加入し、現在のSoulflexが完成します。

Soulflexメンバー紹介

Mori Zentaro/Beat Maker

Soulflex結成の中心になった、ビートメイカー兼プロデューサーのMori Zentaro

ブラックミュージックを中心に幅広いジャンルから影響を受け、モダンな作品へと昇華させていきます。

そんな多彩なMori Zentaroは2017年に行われた国内最大級のトラックメイク、 ビートメイク、作曲の大会 「BEAT GRAND PRIX 2017 Vol.02」では ファイナリストに選出。

また、数多くのアーティストから楽曲制作のオファーがあり、注目のビートメイカー兼プロデューサーです。

SIRUP/Singer

シンガーソングライターとしても活動するSIRUP

ラップと歌を自由自在に操り、ブラックミュージックを基盤としながら枠にとらわれず洗練された作品を生み出します。

デビューから2年で、業界内で話題を呼ぶ存在に。

その勢いは現在も留まることなく、今後の成長に期待したいミュージシャンです。

あわせて読みたい!

ZIN/Singer

18歳の頃から関西方面のクラブやライブハウスで、音楽活動を行っていたZIN

自らのプロジェクトでも数多くの作品を残し、Soulflex以外でも【TOKYO CRITTERS】というシンガーソングライター3名・ビートメイカー1名で構成されたクリエイティブ集団にも参加しています。

とにかく自分が「かっこいい!」と感じたものを信じて、音楽と向き合うストイックさを持っています。

Ma-Nu/Singer

滋賀県出身で、ラップやビートメイクも自ら行うMa-Nu

探求心が強く【自らの可能性は自らの手で広げる】といういポリシーを持っており、レコーディングやミックス・マスタリングなどを自ら積極的に学んでいます。

作品ごとに成長を続けるMa-Nuの今後も非常に楽しみです。

sota/Gt.

SoulflexでGt.を担当するsora

ブラックミュージックを得意とし、数多くのアーティストのサポートとして活動するギタリストです。

その実力はお墨付き!

Funky/Ba.

SoulflexでBa.を担当するFunky

それ以外にもFunky Dとして楽曲のプロデュースを行うなど、幅広い活躍をされています。

彼が奏でるレイドバックさせたベースプレイは必聴です!

RaB/Dr.

SoulflexでDr.を担当するRaB

元々はRaw-FidelityというヒップホップバンドをMa-Nu (Rap)、RaB (Dr.)、Funky-D (Ba.)の3名と組んでいました。

その3名で開催したイベントにMori ZentaroがDJとして参加しており、それがきっかけでSoulflexに加入します。

KenT/Sax,Synth

SoulflexでSax.Synthを担当するKenT

楽曲内では鮮やかで清涼感溢れるサックス・ソロを聴かせてくれます。

KenTの管楽器が入る事で作品が一気に引き締まりますね。

Akiee/Key.

Soulflexでキーボードを担当するAkiee

キーボディストとして、数々のアーティストのサポートとして参加しながら、ビートメイカーとしても活動をしています。

hitch/Painter

Soulflexにペインターとして参加するhitch

絵を描く事を得意とするクルーで、壁画を書いたりSoulflex関連のデザインを担当しています。

非常にレベルの高い作品に鳥肌がたってしまいますね。

木村華子/photographer & contemporary artist

Soulflexにフォトグラファー兼ディレクターとして参加する木村華子

クルー達のアー写はもちろん、アルバムのジャケット等ビジュアルのアイディアを出したりSoulflexには欠かせない存在です。

ノスタルジックなポートレイトに見惚れてしまいますね。

Soulflexおすすめ曲3選

Here To Stay

2021年1月にリリースされたシングル「Here To Stay」

冒頭のシンセサイザーからエモーショナルさ満点です。

MVもVHSで再生されているかのようなLo-Fi感がたまりません….。

Free Ya Mind

2019年8月にリリースされたEP Collected 1に収録されている「Free Ya Mind」

全体的に重めで、心地のよいレイドバック。

AORを感じさせるようなアダルトなコードワーク。

そこに遊び心のあるラップとメロディーが乗っかる事により絶妙なゆるさが表現されていますね。

そしてMVもアメリカナイズでカッコよすぎます…。

Like It

2019年にリリースされたEP Collected 2に収録されている「Like It」

非常にモダンでポップな仕上がりながらテンションコードが多用されており、高級感を感じます。

また3人のラップの掛け合いと、それに連動する映像が秀逸です!

ぜひ 合わせてご覧ください。

まとめ

素晴らしい才能を持ったクルーが集まり、それぞれのクリエイティビティを融合させ昇華するSoulflex

彼らが作り出す音楽は、常にライフスタイルに優しく寄り添ってくれます。

国内では、この様なスタイルで活動するグループは比較的少ないですが、現代の音楽シーンに大きな影響を与える事になるでしょう。

今後の活動についても期待したいですね!

そんな彼らが作るチルでエモーショナルな作品を、ぜひ皆さんのライフスタイルの一部にしてみてください!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

あわせて読みたい!

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事