【Eve×呪術廻戦】主題歌「廻廻奇譚」の歌詞に込められた意味とは…?

【Eve×呪術廻戦】主題歌「廻廻奇譚」の歌詞に込められた意味とは…?

何度も“廻る”戦いの日々

サビの疾走感は、特別な力を得て以降の戦いの日々を描いているかのように思えます。サビ冒頭の“闇を祓って”という同じ言葉の繰り返しには、敵と何度も何度も刃交える描写が強調されているのもいいですね。

闇を祓って 闇を祓って
夜の帳が下りたら合図だ
相対して 廻る環状戦
戯言などは 吐き捨ていけと

まだ止めないで まだ止めないで
誰よりも聡く在る 街に生まれしこの正体を
今はただ呪い呪われた僕の未来を創造して
走って 転んで 消えない痛み抱いては
世界が待ってる この一瞬を

https://www.youtube.com/watch?v=1tk1pqwrOys

サビ後半ではそんな戦いの日々での葛藤と、その先にある未来を望んでいる描写がされています。“走って 転んで”と、七転八起のように倒れる度に立ち上がる様は、大きな障害を前に抗う姿を感じさせますね。

“世界が待っている この一瞬を”という最後の締めのフレーズでは倒置法が用いられており、未来に対する平和をより印象づけるものとなっています。

最新情報

「廻廻奇譚」MVが再生回数1億回を突破

昨年2020年11月20日にYouTubeで公開された「廻廻奇譚」のミュージックビデオが1億回再生を突破しました。

新曲「夜は仄か」配信リリース

海外の映像クリエイターZemが手掛けたEveの新曲「夜は仄か」が4月30日に配信リリースされました。
https://tf.lnk.to/yoruhahonoka

廻廻奇譚・まとめ

Eveの主題歌「廻廻奇譚」は、作品の世界観に非常に寄り添った内容のものでした。ところどころ難解なフレーズなどが用いられていますが、それがより作品の不可解な世界を表現しているのも非常に魅力的です。

ところどころに仏教用語などを用いており、Eve本人が語っていた“歌う”ではなく“唱えたい”という想いが強く歌詞に表れているのだと思います。

今回はオープニング主題歌だけの解説・紹介でしたが、気になる方はぜひ歌詞の全文を調べてみてください。Eve本人曰く、他にも原作ファンであれば気づくフレーズなどが隠されているようです。

この機会に呪術廻戦に限らず、自分が好きなアニメの主題歌について調べてみると、こういった意図があるのか、と面白い発見があるかもしれません。

それではここまでご覧いただきありがとうございます。

あわせて読みたい!

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事