adieu(上白石萌歌)、CHARAの名曲カバー「やさしい気持ち」2/10配信開始

2011年に開催された第7回「東宝シンデレラオーディションで史上最年少となる10歳でグランプリを受賞し、芸能界入りを果たした上白石萌歌(かみしらいし もか)。

女優業と並行して、adieu(アデュー)名義で歌手活動をおこなっています。

昨年放送のドラマ『恋はつづくよどこまでも』で主演を務めた女優の上白石萌音(かみしらいし もね)は実の姉にあたり、二人そろって人気急上昇中の注目姉妹です。

そんな上白石萌歌がadieu名義で2月10日に配信リリースするのが、女性シンガーソングライター・CHARAの名曲“やさしい気持ち”のリアレンジ・カバーバージョン。

同曲は、上白石萌歌が2016年に出演した「キリン 午後の紅茶」のテレビCMで歌唱していたもので、約5年の年月を経ての音源リリースとなります。

adieu(上白石萌歌)・やさしい気持ち


Photo By 株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ

2月10日にadieu名義で配信リリースされる“やさしい気持ち”

原曲は女性シンガーソングライター・CHARAが1997年にリリースした楽曲で、当時オリコンチャート最高7位を記録したスマッシュヒット曲です。

2016年冬に放送された「キリン 午後の紅茶」のテレビCMの中で上白石萌歌が同曲を歌唱していた経緯もあり、実に5年越しの音源リリースとなります。

駅のホームで目を閉じたまま歌う彼女の澄んだ声を今でもよく覚えているという方も多いのではないでしょうか。

これまでに「キリン 午後の紅茶」のテレビCMシリーズで計4曲のカバーバージョンを披露している上白石萌歌。

第1弾となった2016年のCharaの“やさしい気持ち”を皮切りに、aikoの“カブトムシ”、スピッツの“楓”、HYの“366日”と錚々たる名曲をカバーしてきました。

昨年、それら4曲の中からスピッツ“楓”のカバーバージョンが配信リリースされており、今回がそれに続くシリーズ第2弾となります。

CHARAのトレードマークであるウィスパーヴォイスとの比較はもちろん、5年前のCMバージョンと今回の新アレンジバージョンを聴き比べるのも興味深いはずです。

冬の澄んだ空気のように透明感のある声で90年代の名曲に新たな息吹を吹き込んだadieu。

次はどんな歌声で私たちの心を癒してくれるのでしょうか。今後の活躍に期待が高まります。

adieuコメント

前回の「楓」に続き、第二弾として「やさしい気持ち」をリアレンジさせていただくことになりました。この曲をCM時に歌唱させていただいたのが約5年前!時の流れの速さを感じます。あの時の気持ちを忘れないままに、新たな解釈と感情で歌うことができました。なかなか肌と肌を触れ合わせることが難しい今だからこそ、この曲の持つ力が大きくなると信じています。凍てつく寒さが続く日々、体温をぐっと上げてくれるような、あたたかくやさしい気持ちをこの曲がお届けできればいいなと思います。

「やさしい気持ち」配信リンク(2月10日より):https://adieu.lnk.to/yPAfH4

adieu OFFICIAL WEBSITE:http://www.adieu-web.com

あわせて読みたい!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事