活動休止中 西野カナの素顔に迫る!プロフィール、経歴、魅力、おすすめ楽曲をご紹介

女性の気持ちに寄り添った言葉で紡ぎ出す歌詞、その雰囲気にマッチした歌声で注目を集め、これまで若者を中心に支持されてきた女性歌手・西野カナさん

2019年2月のライブを最後に無期限の活動休止状態に入っていますが、これまで日本人女性の多くを虜にしてきた彼女の素顔が改めて気になっている方は多いのではないでしょうか。

今回は、そんな西野カナさんのプロフィール、経歴、魅力のほか、おすすめ楽曲5選についてもご紹介していきたいと思います。

西野カナのプロフィールと経歴

プロフィール

アーティスト名:西野カナ
本名:非公開
愛称:カナやん
出身地:三重県松阪市
誕生日:1989年3月18日(現在31歳)
血液型:A型
身長:158cm

経歴

【デビュー前】

幼少期から海外に憧れて育つ

幼い頃から海外に強い憧れを持っていたという西野カナさん。

幼稚園生の時にマライア・キャリーの『EMOTIONS』で聴いたハイトーンボイスに魅了されて洋楽にハマり始め、小学生時代はエミネムの楽曲にも関心を持ち、J-POPよりもヒップホップを聴いて育ったそうです。

小学5年生の時にグアムでのホームステイ、高校生時代にロサンゼルスでの短期留学を経験した後は、ジャンルに縛られずに音楽を聴こうと考えるように。
クリスティーン・アギレラやジェニファー・ロペス等、海外の女性歌手のほか日本の音楽にも触れるため、民謡を習い始めます。

MEMO
民謡を習い始めたのは、これまで海外にばかり視点を向けていて留学中に日本の音楽の良さを語れなかったことが理由だそうです。

歌唱における類まれない安定感は、この頃から生まれていったものと思われます。

歌唱力の高さを見出される

2005年、当時16歳だった西野カナさんは、角川映画とソニー・ミュージックアーティスツによって共同開催された「スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックス」に応募。

本オーディションは有望な新人女優を発掘するためのものでしたが、高い歌唱力を評価された彼女はおよそ4万人の応募者の中を勝ち抜き、ソニー・ミュージックの研修生として採用されることが決まります。

翌年にSME Recordsと契約を交わし、高校在学中はデビューまでの準備期間として津軽民謡等の稽古でボイストレーニングを続けていきます。

2007年に高校を卒業した後は、引き続きデビューへの準備をしつつ文学部で英文学を学ぶため、大学進学を決意。
並行して大好きな洋楽を聴きながら、英語の発音力を向上させていきました。

【デビュー後】

デビュー直後から大役に抜擢

2008年2月20日、西野カナさんはシングル『I』で待望のメジャーデビューを果たします。

およそ半年後には、独自のファッションスタイルで我が道を貫くアメリカの大人気歌手「シンディ・ローパー」のジャパンツアーで全公演のオープニングアクトを務めたことで話題に。

MEMO
西野さんの歌声とルックスに惹かれたシンディ・ローパー直々の指名により、抜擢が決まったそうです。

『会いたくて 会いたくて』が大ヒット

2009年6月3日に発売された6枚目のシングル『君に会いたくなるから』がヒットし、7月10日には本曲でテレビ朝日系列『ミュージックステーション』に初出演を果たした西野カナさん。

MEMO
彼女が作曲に初挑戦した曲でもあります。

しかし、2010年5月19日に発売された10枚目のシングル『会いたくて 会いたくて』は、それを上回る大ヒットぶり。
歌詞中で描かれている女性の切ない恋心が、大勢の女性から共感を集めたのがヒットのきっかけでした。

同年の紅白歌合戦にも初出場を決め、その人気を不動のものとします。

自身初の日本武道館公演を実現

2011年7月29日から9月8日までは、西野カナさんにとって初となる全国ホールツアーを開催します。

全16公演を締めくくる最終公演は日本武道館で行われ、その日のアンコールで新曲『たとえ どんなに…』を披露し、ファンを大いに沸かせました。

初の快挙を次々達成

数々のヒット曲を生み出し、新曲をリリースするごとに注目されるようになった西野カナさんは、2016年4月27日に発売した28枚目のシングル『あなたの好きなところ』で同年12月に開催の『第58回輝く!日本レコード大賞』で初の大賞を受賞。

MEMO
女性ソロ歌手が同賞に選出されるのは、倖田來未さん以来11年ぶりのことでした。

翌年には京セラドーム大阪、東京ドームで初の単独2大ドームツアーを開催。
初日公演において新曲『手をつなぐ理由』、7thアルバム『LOVE it』を同年秋に発売することを発表します。

さらに、2018年11月21日にはデビュー10周年を記念したベストアルバム『Love Collection 2 ~pink~』、『Love Collection 2 ~mint~』の2枚を同時発売し、それぞれオリコンチャートのアルバム部門で1位、2位を独占します。
これは、ソロアーティスト史上初の快挙となりました。

活動休止を発表

2019年1月8日、自身の公式サイトおよび公式ファンクラブで無期限の活動休止を発表した西野カナさんは、翌月横浜アリーナで開催されたライブをもって活動を休止

同年3月19日、前日の誕生日に一般男性と結婚したことを公式サイトで発表しました。

西野カナの魅力

歌声

西野カナさんの歌声の特徴は、透明感溢れる声質と聞き取りやすい発音
母音と子音を意識し、一つ一つの言葉を最後までハッキリ言い切る発音の仕方には幼少期から英語に触れてきたという西野さんの経験がにじみ出ているように感じます。

英語歌詞の歌唱も非常に上手なことで知られており、自身のライブでテイラー・スウィフトのカバー曲を披露した際はネイティブに近い発音に注目が集まりました、

また、民謡を習う中で培ってきた「安定感」という武器も兼ね備えており、生歌でも圧巻のロングトーンの完成度は素晴らしいです。

いずれも今までの地道な練習が実を結んだからこそ、獲得できたスキルなのでしょう。

モデル風のルックス

西野カナさんがこれまで大勢の女性ファンを生み出してきた背景には、その素敵なルックスも深く関与しています。

元々は歌唱力を一番の売りとしてきた西野さん。
しかし、その知名度が上昇していく中でトレンドを先回りしたような彼女自身のオシャレさにも注目が集まるようになり、ファッション雑誌の表紙を飾る等、モデル活動にも携わるようになりました。

その美貌を維持するための美容法の一例として明かしていたのが、以下のような内容です。

  • 化粧水、保湿クリームをたっぷり塗る
  • 寝る6時間前から何も食べないようにする
  • 間食はこんにゃくデザート
  • ビタミンEを摂取するよう心がける

見れば分かる通り、誰でも気軽に実践出来るようなことばかり。
そんな共感性の高い美容法も、彼女が高い女性人気を誇る理由の一つだと思われます。

歳を重ねてなお、輝きを増す堂々とした姿に自信をもらったという女性はきっと多いことでしょう。

共感を誘う歌詞

西野カナさんの恋愛ソングには、聴き手にとって共感性の高い内容の歌詞が盛り込まれています。
それらは自身の経験、友人から聞いた恋愛模様を参考に彼女自身が紡いだもの

身近な恋愛観を基に等身大の女性の姿を描き出している点が、多くの女性ファンの心を掴むポイントとなっているように感じます。

MEMO
ちなみに、男性目線からは女性のさらけ出した内面を理解できるという点で注目されているようです。

西野カナのおすすめ楽曲5選

①会いたくて 会いたくて

2010年5月19日に発売された10枚目のシングル。

西野カナさんの代名詞とも言える大ヒットソングで当時、彼女が女子高生を中心に人気を獲得するきっかけとなりました。

失恋した彼への思いをなかなか諦め切れない女性の気持ちが描かれており、落ち込む気持ちと強がる気持ちの両方をよく捉えた切ない歌声が、同じく失恋したばかりの女性たちの共感を誘います。

タイトルを含む「会いたくて 会いたくて 震える」というフレーズが何度も繰り返されるのが印象的。
片想い、両想い、失恋等どんな恋愛の形に直面していても聴いてもらいたい名曲です。

②トリセツ

2015年9月9日に発売された27枚目のシングル。

男性には理解されにくい乙女心を“女性の取扱説明書”になぞらえた曲で、大好きな人に対する女性の心情の動きを細かく描き出した歌詞に共感するファンが続出しました。

いつもだったら何となく通り過ぎてしまいがちなちょっとした出来事をメッセージソング中に取り入れられることで、より大勢から共感を抱かれる仕上がりとなっている印象です。

映画『ヒロイン失格』の主題歌に起用されたこともあり、認知度の高さから結婚式の余興でBGMに使用する例が多かったといいます。

③if

2010年8月4日に発売された11枚目のシングル。
偶然の雨によって出会った二人の恋愛物語を描いている歌詞が、注目ポイントとなっています。

“今まで選んできたすべての行動が、今の自分を作り出している”ことを伝えるメッセージソングという点では、恋人以外の大切な人に向けた気持ちにも通ずる部分があり、男性にとっても共感性の強い一曲です。

大切な人と一緒に聴けば、お互いの存在の重要性を再確認できるでしょう。

MEMO
映画『劇場版 NARUTO —ナルト-疾風伝 ザ・ロストタワー』の主題歌に起用されたことでも有名で、切ない歌声が作品の完成度をより高めていると高く評価されていました。

④Darling

2014年8月13日に発売された24枚目のシングル。
愛する人への優しい気持ちを女性目線で描いた歌詞が魅力的です。

「ねぇ Darling」というフレーズを語り掛けるように歌う西野カナさんの歌い方が、優しいメロディと見事にマッチ。
愛する人と永遠にこんな関係性でいたいと思わされます。

自分の気持ちを素直に表現した女性の言葉に魅了される男性ファンも多く、彼女に歌ってもらいたいという感想が相次ぎました。

⑤Best Friend

2010年2月24日に発売された9枚目のシングル。

恋愛ソングの多い西野カナさんにしては珍しい、大切な「友人」に向けたメッセージソングです。
友の存在が、自分をどれだけ救ってくれたのかを具体的なエピソードで表現しています。

本曲を結婚式で歌われたら号泣必至。
そうでなくても感謝を伝えたい友人がいる方は是非、カラオケ等で歌ってその気持ちを素直に伝えてみてください。

最後に…

今回は、共感性の高い楽曲制作で話題の女性歌手・西野カナさんのプロフィール、経歴、魅力のほか、おすすめ楽曲5選についてご紹介しました。

西野さんの楽曲には“等身大の女性の恋愛模様”を描いたものが多いことが、これまで多くの日本人女性を虜にしてきた最大の理由だと思います。

現在は活動休止中ですが、また彼女が作る聴き手の心に寄り添った楽曲を聴ける日が来るのを楽しみにしていましょう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事