米津玄師(ハチ)の本名、人気曲、意外な経歴とは…?


新時代の音楽を作り出し、紅白にも出場した、米津玄師(よねづけんし)の誕生日や気になる肩書き、生まれなど基礎情報から有名になるきっかけとなった代表曲や有名になるきっかけのエピソードなどをまとめてみました!

カルちくん、「米津玄師」って知ってる?

「よねづ”げ”んし」でしょ!もちろん知ってるよ!

“け”んし、でしょ!これは学び直さないとね!

YouTubeでMVの再生回数が日本人最多の約32億回を突破し、さらには紅白にも出場した、今大人気のシンガーソングライターが米津玄師さんです。

コアな音楽ファンと普段音楽を聴かない層のどちらからも支持されている、新時代ポップ・ミュージックのカリスマです。

しかし、まだ謎に包まれている部分も多い米津玄師さんについて、今回は紹介していこうと思います!

米津玄師・プロフィール


プロフィール
  • 本名:米津玄師
  • 生年月日:1991年3月10日
  • 出身地:徳島県徳島市
  • 血液型:O型
  • 身長:188cm
  • 好きなビール:アサヒスーパードライ

意外に思う方も多いと思いますが、芸名かと思われがちな「米津玄師」という名前は実は本名です!

米津玄師さんは、現在はシンガーソングライター、イラストレーター、ダンサー、映像作家など様々な肩書きを持つマルチクリエイターとして活動しています。

曲を作り、編集して、ビジュアルイメージも含め、全て自分でやってしまうすごい人です。

小さい頃は漫画家に憧れていましたが、小学生のときに2ちゃんねるで流行っていた「BUMP OF CHICKEN」の曲を使ったFLASHアニメーションを見たことをきっかけに、ロックバンドのフロントマンとして活動を始めます。

風景や物語を描くような歌詞と目を隠す髪型も、バンプのボーカル藤原基央さんに似てますよね。

米津玄師さんはバンプのボーカル藤原基央さんには相当影響を受けたそうです。

その後1人でも制作できるDTMを始め、楽曲制作と映像制作を行うクリエイター活動をスタートしました。

注目されるようになったのは、2009年にVOCALOIDクリエイター「ハチ」としてニコニコ動画に投稿を始めてから。

「マトリョシカ」「パンダヒーロー」「結ンデ開イテ羅刹ト骸」などの作品がミリオン再生のヒットを記録して、世界からも注目を集めVOCALOIDシーンでも有名な存在になっていきます。

今でもYouTubeのアカウント「米津玄師」にMVがアップされているので、良かったら見てみてください。

18歳とはとても思えない完成度に驚愕…そしてチャンネル登録者が459万人もいるほどの大人気です!

その後、本名の米津玄師として楽曲制作とボーカルも務めるようになり、2012年に5月16日リリースのアルバム「diorama」でデビューします。

リリース後の世間の反応も良く、オリコン週間アルバムランキングで初登場6位に入ったことで、ネットの外にも強烈なインパクトを残しました。

ポイント
このアルバムではなんと!全ての曲で、作詞・作曲・アレンジ・プログラミング・歌唱・演奏・ミックスだけでなく、動画やアートワークまで全てを独りで手がけるという、驚異の才能を発揮しています。制作からパッケージ、ビジュアルまでトータルで自分が行うことで、表現したいことや伝わるイメージを損なうことなくアウトプットできるので、作り手として最も効率の良い手法です。

米津玄師の驚愕の経歴


それからは、凄まじい勢いでひたすらキャリアを築いていきます。

オリコンチャート1位に、ビルボードアルバムチャート1位も達成し、日本レコード大賞では「優秀アルバム賞」も受賞。

MEMO
その他にも各ダウンロード配信サイトなどで11冠獲得、ニコニコ動画のボーカロイド曲最速ミリオン達成記録を樹立、日本レコード協会の史上最速100万DL認定、オリコン週間シングルランキング1位を獲得などなど、全てを書ききるのが大変なほどまだまだ多くの記録を残しています。

さらには、アニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」のテーマソングの作詞・作曲・プロデュースも行い、DAOKO×米津玄師名義で「打上花火」を制作、俳優の菅田将暉とのシングル「灰色と青」をリリースし、女優・モデルの池田エライザとの「fogbound」など、積極的にコラボレーションもしています。

2018年は主要な年間チャートを埋め尽くし、「Lemon」が日本レコード協会の史上最速300万DLに認定され、「第69回NHK紅白歌合戦」ではテレビ番組で初めて歌っています。

2019年も年間チャートをほぼ独占して、日経トレンディに「稀代のヒットメーカー」と記事が載るほどに。

2020年にリリースしたアルバムの『STRAY SHEEP』は大ヒットを記録し、2020年の年間グローバルランキング「IFPI Global Album All Format Chart 2020」にて日本人アーティスト最高位となる7位を記録しました。

「IFPI Global Album All Format Chart」は国際レコード業界団体のIFPIが発表している全世界におけるアルバムセールスチャートです。

CDだけではなく、デジタルやストリーミングサービスのセールスも加味したチャートになっており、より世相を反映したものになっています。

BTSやBillie Eilishなどがランクインする中で日本人最高位の7位を獲得するのはすばらしいです。

今年も米津さんの活躍から目が離せません!

米津玄師の魅力

耳に残るサウンド

単にドラムとギターだけの音ではなく、ボーカロイドのような声や機械音なども用いて作曲を行っています。

最近の曲で言うと、Lemonでは「ウェ」という音が入っていたり、感電では「猫の鳴き声」も入っています。

また過去に作った曲の中には、腕が2本では演奏できないようなドラムが用いられている曲もあります。

そもそも曲が素晴らしいこともありますが、新しい取り組みや遊び心も忘れないことで、より人々の心に残るサウンドに仕上がっていると感じます。

独創性のある世界観

元々ボカロPのハチとして活動をしていた米津玄師さん。その頃からイラストや動画編集などは自分で手がけてきました。

大ブレイクした現在も音楽だけでなく、ビジュアルまで手がけています。

全て自分で手掛けることによって独創性のある世界観を余すことなく表現しています。

影響を受けたアーティストとしてBump Of ChickenRAD WIMPSを挙げています。

また音楽以外では三島由紀夫や宮沢賢治などの文豪からも影響を受けているそうです。

RAD WIMPSの野田洋次郎さんとはコラボしたので、Bump Of Chickenとのコラボも期待ですね!

溢れる才能

米津玄師さんは音楽や絵の才能だけではなく、ダンスの才能にも満ち溢れています。

「LOSER」「Flamingo」のMVではダンスを披露しています。

これらの曲の振り付けはストリートダンスやコンテンポラリーダンスなどで世界的に活躍している辻本知彦さんが行いました。

そんな辻本さんから「惚れ惚れするほど美しい」と評価されるほどの、高い身長と長い手足を生かしたダンスは必見です。

曲のタイトルが「LOSER」で、カメラと一緒に歩きながらダンスを踊るというアイディアは、グラミー賞受賞のアメリカのミュージシャン「Beck」へのオマージュだと考えられます。

他アーティストの多数のコラボ

今までに多数のアーティストとのコラボが実現しており、その度に名曲を生み出しています。

今までにコラボした有名人
  • 中田ヤスタカ
  • DAOKO
  • 菅田将暉
  • 池田エライザ
  • 野田洋次郎

そのほかにもFoorinLiSAなど名だたるアーティストにも楽曲提供を行っています。

音楽業界のトップアーティストからも称賛を受けるほどの才能を有しています。

米津玄師の売上TOP3ソング

大まかなプロフィールと、どのくらいビッグアーティストなのかがわかったところで、オリコンシングル売り上げのトップ3のシングル曲について紹介していきたいと思います。

Flamingo/TEENAGE RIOT


2018年10月31日に両A面でリリースされた9thシングルは、「Flamingo」がソニーのワイヤレスイヤホンのCMに、「TEENAGE RIOT」がGATSBYのCMのタイアップとなりました。

オリコンとビルボードともに週間ランキングで1位を獲得。

「Flamingo」は米津玄師さんらしいサビに向けての曲の盛り上がりやラップを彷彿とさせるような韻を踏んだ歌詞がない曲ですが、なぜか耳から離れない曲となっています。

その理由はノリやすいメロディーであると考えます。

目立つメロディーラインの後ろでハイハットや米津さんの声をサンプリングした8分音符や16分音符などの細かなサウンドが刻まれています。

また小節の効いた演歌のような歌い方も組み合わさり、フラミンゴのキャッチーなフレーズが聴く者の心を奪います。

知っている方も多いかも知れませんが、TEENAGE RIOTのサビは米津さんが中学生の時に作ったものです。

Flamingoとは打って変わってバンドサウンドの曲調となっているのはそのためです。

Flamingoがブレイクしてしまったため影を潜めていますが、知名度は低くとも聴く者を魅了する名曲です。

TEENAGE RIOTと題されているように、歌詞には10代のやるせなさ、それでもめげずに立ち向かう心が歌われています。

「誰も聞いちゃいないそのDコードをそれでもただ信じていたんだ」という歌詞はまるで米津さん自身が売れる前や、バンドを組んでいた時の苦悩を歌った歌詞なのではないかとも感じてしまいます。

馬と鹿


シングル売り上げ2位は、Flamingo/TEENAGE RIOT」の次に発表された、2019年9月11日リリースの10thシングル「馬と鹿」です。

ドラマ「ノーサイドゲーム」の主題歌であり、米津さんはドラマに合うようにこの曲を作ったと明言しています。

かなり情熱的で感動的な歌になっていますが、なぜ「馬と鹿」というタイトルを付けたのでしょうか。

私はこの曲の主題を「我を忘れること」と「愛を追求すること」だと捉えています。

歌詞に描かれているような痛みを伴ってでも前に進もうとする行為は「馬鹿な」行為であるとも捉えることができます。

しかし、そのような馬鹿な行為の結果に感動がもたらされることも多くあります。

例えば、肩を壊してでも投げ抜こうとする高校球児やドラマで描かれている、ラグビーが嫌いだったのに監督としてチームを優勝に導こうと奮闘する主人公などがそれに当てはまる。

「我を忘れるほど」何かに没頭してしまうのはまるで「馬鹿」であるが、それこそが「何にも代えがたい愛を追求すること」である。

この曲はそれを伝えようとしているのだと思います。

Lemon


そして売り上げ1位のシングルは、やはりこの曲2018年3月14日リリースの8thシングル「Lemon」です。

オリコンの週間ランキングでは2位ですが、シングル年間ランキングで堂々の1位、ビルボードでは週間と年間ともに1位を獲得しています。

米津さんはこの曲ができた時「普遍的なものを目指しながら進んできて、1つの答えになった気がした」と述べています。

メロディーや曲の進行が普遍的なだけではなく、曲自体のテーマも死や大切な人との別れというものを描いているためより普遍的な作品に仕上がっています。

レモンの酸味ではなく、香りの苦さに着目しているもの米津さんならではの着眼点だと思います。

MV中で米津さんがハイヒールを履いている特徴的な姿を披露しており、それも話題になりました。

相手役として出演している女性も同じハイヒールを着用しています。

男がハイヒールを履くのは数奇な目で見られることもあるが、二人の共通する思い出を大切にしているシグナルだと解釈されています。

このハイヒールは二人だけにしかわからない世界や二人の間の独特の愛を表現したものと言えます。

音楽の教科書に採用されるほどの名曲をぜひ目と耳で楽しんで見てください!

これからも米津玄師さんから目が離せない!

2020年4月からスタートする予定だったTBS金曜ドラマ”MIU404″に書き下ろし新曲「感電」を主題歌として提供することが決定しています。

製作陣はあの大ヒットドラマ「アンナチュラル」のチームが再結成されたようなので、米津玄師さんの主題歌だけではなくドラマ自体も楽しみですね!

大ヒット曲を連発する米津玄師さんから目が離せません!

あわせて読みたい!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事