【ガンバ大阪】2019年の総評と注目選手・スタメンまとめ


西の名門と言われたのはすでに過去の栄光なのか?
「元旦までシーズンオフにならないのがガンバの伝統」「タイトルがないシーズンはすべて失敗」とガンバ大阪OBは語る。
しかし、近年はタイトルとは無縁であり、どこかそのブランドの灯が消えかけている。選手層は申し分ないだろう。毎年、ユースからもMF食野亮太郎やMF堂安律はじめ有望株を輩出している。宮本体制2年目となり、既存戦力の慰留にも成功して迎えた今シーズンであった。むしろ若い世代の台頭もあり、チームには勢いすら開幕当初は感じさせられた。しかしながら、蓋をあけてみれば序盤戦で大失速してしまった。
なぜ勝てないのか?ひとつの原因には、主力選手の海外移籍と世代交代が被ってしまうからだろう。来季で3年目を迎える宮本体制であるが、そろそろタイトルが欲しい。
「超攻撃守備」をモットーにJの覇権奪取に燃えるクラブを独自の視点で紐解いていこうと思う。

2019年12月7日に15年ぶりに横浜Fマリノスが優勝を飾り、今季のJ1が幕を閉じた。

最終節まで優勝争い、残留争いともに手に汗握る接戦、熱戦が多く展開され、Jリーグファンのみならず日本中で注目を浴びた。

なかでも、最終節の優勝争い同士の対戦カードとなった1位・横浜Fマリノスvs2位・FC東京の大一番は6万3854人を動員し、6年ぶりの最多来場者数更新も話題となった。

Cal-Cha編集部では、J1全クラブ18チームの今季の講評をはじめ、来季の注目選手や応援歌を紹介していこうと思う。

第3弾は今季J1第5位のガンバ大阪を総括していく。

ガンバ大阪

ガンバ大阪基本データ

  • 創設年度:1980年
  • 前身団体:松下電器産業サッカー部
  • 本拠地:吹田スタジアム
主な戦績(1999-2019)
  • J1リーグ戦2回優勝(’05,’14)
  • 天皇杯3回優勝(’08,’09,’14)
  • ルヴァン杯2回優勝(’07,’14)

1993年のJリーグ開幕時より加盟している10クラブ(オリジナル10)のひとつ。

2005年に初タイトルとなるJ1リーグ優勝を果たし、2008年にはAFCチャンピオンズリーグ制覇

2012年シーズンは17位で初のJ2降格となった。

2014年には1シーズンでの国内三冠(J1リーグ・天皇杯・ルヴァン杯)を達成するなど、Jリーグを代表する強豪クラブである。

獲得タイトル数はJリーグ全加盟クラブ中2位、近畿地方以西のクラブでは最多である。

“西の名門”としての地位を確立してきたチームなのであった。

また、多くの日本代表選手を輩出している日本サッカーの名門でもある。

しかしながら近年は世代交代や若手世代の海外移籍のために強豪として名を馳せたころよりは十分な戦力を揃えることができず

降格争いに巻き込まれるなど停滞期が続いている。

MEMO
過去には元日本代表の遠藤保仁や日本代表としても活躍している宇佐美貴史、堂安律、食野亮太郎などが在籍している。

今季の総評

  • 第7位/18チーム中
  • 勝ち点47
  • 12勝11分11敗54得点48失点

ガンバ大阪の全盛期にチームの主要メンバーであったMF明神が引退に際してこんな発言をしたことがある。

ガンバ大阪にとってタイトルを取れないシーズンはすべて失敗

この言葉の通り、ガンバ大阪は西日本を代表するJクラブであり、優勝することが求められるクラブチームである。

しかしながら、序盤で躓くと第5節の阪神ダービー・ヴィッセル神戸戦から7試合勝ちなし(2分5敗)と

シーズン早々に優勝争いから置いていかれてしまった。

昔のパスサッカー主体のチームコンセプトから長谷川監督や現監督の宮本恒靖監督のサッカー像を浸透させた結果、

ショートカウンターによるスタイルを確立しつつある。

しかし、48失点と上位チームに比べると失点数が多く、守備の強化が急がれる

開幕戦はホームに横浜FMを迎え撃つ。試合は開始1分で動く。ここ数年開幕戦で勝利のないG大阪がショートカウンターからゴールを決める。

しかし、その後すぐに横浜FM・FW仲川がゴールを決めて振出しに戻ると前半のうちに2点追加されてしまう。

後半終了間際にG大阪・DF藤春のゴールでホームの意地を見せるもふたを開ければ2-3の敗戦となってしまう。

その後も

  • 第3節名古屋戦(H) 2-3
  • 第5節神戸戦(H) 3-4
  • 第7節浦和戦(H) 0-1

など1点差でホームで負けてしまうことが多かったのがJリーグ前半戦の印象である。

一時は降格圏もで順位を落とすなど近年でもまれに見るひどい戦績を残した。

Jリーグも中盤になるとドイツから宇佐美貴史が、スペインから井手口陽介が復帰して、少しずつチームが前向きになるだろうと思われた。

しかし、今季のガンバ大阪は勝てそうな試合でも後半ATに同点弾を決められてしまい、勝ち点を2逃すことが多くあった。

そのため、思うように順位を上げることができなかった。

それには復帰した宇佐美のコンディションが上がらないことも原因ではあった。

宇佐美が本調子のプレーをできるようになったのは残り5節くらいからであった。

第30節vs湘南戦(A)では2得点するなど本来の姿を取り戻し始めた。

その期間は4勝1敗とチームとしてもなんとかまずまずの結果を残すことができた。

来季以降はチームとしてやはり、宇佐美とアデミウソンの攻撃力を活かしながら、サブのパトリックで追撃するようなスタンスを取るのが妥当と思っている。

ポイント

今季活躍した1年間を通して先発してきたMF・小野瀬には横浜FMからラブコールがあったなどの報道もあり、また主力が移籍してしまうことが想定される。どこまで選手たちに慰留してもらえるように説得できるのかがひとつのポイントである。また、ユース年代は今年の高ノ宮杯プレミアリーグで第3位と好成績を収めており、彼らのJ1デビューの可能性もあり、宮本監督の手腕に期待である。

編集者イチオシ!!2020シーズンの注目選手

井手口陽介

  • 生年月日:1996年8月23日
  • ポジション:MF
  • 所属:ガンバ大阪→リーズU→ガンバ大阪

日本代表経験も持っており、

ロシアW杯本大会行きを決定づけたアジア最終予選vsオーストラリアでは

ダイナミックなミドルシュートで決勝点をあげる活躍をするなど将来を期待されるプレーヤーのひとりである。

初の海外挑戦は出場機会に恵まれず、悔しいものに終わったが、

今季ガンバ大阪に復帰するとコンスタントに先発出場を重ねている。

MF陣には大ベテランの遠藤保仁がいるが年齢を考えても次のMFの柱は井手口が担うと考えるのが妥当である。

小野瀬康介

  • 生年月日:1993年4月22日
  • ポジション:FW
  • 所属:レノファ山口→ガンバ大阪
  • 今季7得点4アシストとチームの総得点数54得点に対して20%近くの貢献している新しい攻撃の切り札ともいえる活躍を見せた。

    小柄ではあるが、キレのあるドリブルをオフ・ザ・ボール(ボールを持っていないときの動き)の動きを強みに

    低迷するチームにゴールを捧げてきた。

    今シーズン終了後には本年度優勝クラブ・横浜Fマリノスへの移籍などが報道されているが、

    来季もガンバ大阪の一員として戦ってくれるそう。

    そして来季はより新たな得点源としての活躍に期待が注がれる選手である。インスタも始めてほしい(笑)

    福田湧矢

    • 生年月日:1999年4月4日
    • ポジション:MF
    • 所属:東福岡高校→ガンバ大阪

    高校サッカーの強豪校であり、西の名門でもある”赤い彗星”こと東福岡高校では背番号10を背負っていた。

    昨季までは主にJ3を主戦場としていたが、今年はJ1リーグ戦17試合に出場するなど飛躍の年となった。

    特に最終節vs浦和レッズ(A)では決勝点となる3点目を決め、本人もJ1初得点とチームの勝利に貢献している。

    まだ、20歳と若く、オリンピック日本代表としての活躍も期待されており、ライバル視がされている浦和レッズMF橋岡らとの

    熾烈なポジション争いを制するためにも来季のさらなる進化に注目である。

    今からでも間に合う!!現地観戦のすすめ

    今年のJリーグは手に汗握る接戦、熱戦が多く展開され、Jリーグファンのみならず日本中で注目を浴びた。

    読者のなかには友達に誘われてなんとなく会場に足を運んだ人やJリーグにハマって初めて試合観戦をしに行った人もいるだろう。

    そんなみなさんのために現地観戦の楽しみ方をひとつだけ紹介する。

    それは…「応援歌チャント」である。

    テレビでは伝わらない臨場感や高揚感を周りのサポーターと声が枯れるまで感じることができるのが現地観戦の醍醐味であると思う。

    そこで今日はガンバ大阪の応援歌これだけは押さえといて欲しい動画を参考に紹介していく。

    • 戦士たちよ(2:46~)
    • 俺たちと闘おう(0:19)
    • ミアガンバ大阪(9:44~)
    • アーレ アーレ アーレ(13:04~)
    • 激しい叫びが(24:53~)

    基本的に応援歌チャントは簡単なリズムと言葉で作られているものが多いのだが、

    関西弁特有のリズム感を要所要所感じる応援歌チャントになっているのが特徴。

    覚えるのは簡単なので初めての人でも一緒に盛り上がれるように配慮されているので安心できるのがいいところでもあります。

    「戦士たちよ」は高校年代でサッカーをしていた人、スタジアムに足を運んだことがある人なら一度は聞いたことがあると思う。

    いろいろな高校で採用されている代表的な応援歌チャントである。

    編集者自身がガンバ大阪ファンということもあり、少しチョイスが王道から外れていると捉える方もいるかもしれないがご愛嬌で…(笑)

    また、ガンバ大阪の本拠地・吹田スタジアムは欧州のビッククラブのスタジアムを真似て設計がされており、日本一のスタジアムと言っても過言ではない。

    ぜひ気になった人は自分でも調べてみてお気に入りの応援歌チャントを見つけてほしい。

    この記事で少しでもJリーグないしはサッカーに興味を持ってくれる人が増えたら幸いです。

    この記事に関連するタグ

    関連記事

    新着記事