チケットジャムはチケットのフリマ(売買仲介)です。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

back number(バックナンバー) 日本武道館 チケット売買一覧

back number(バックナンバー)は、2004年に結成した3人からなるロックバンド、現在清水依与吏(ボーカル/ギター)、小島和也(ベース/コーラス)、栗原寿(ドラム)で活動を行なっている。back number(バックナンバー)という名前の由来は、『型遅れ』からきており恋愛でうまくいかなかった悔しい思いをしたことからきている。男性3人のバンドながら、楽曲は切ないほど悲しく女性目線で書かれる歌詞と、その歌詞をより引き立たせるコーラスとサウンドが特徴的。その切なすぎる歌詞は10代20代女性から圧倒的な支持を得ており、その世界観に共感する人は多い。2011年にシングル『はなびら』でメジャーデビューを果たして以降、2013年は武道館でワンマンライブを成功させ、その後も楽曲リリースを続けている。2015年には5thアルバムがオリコンチャート1位を獲得、様々な映画やドラマに楽曲が起用されその人気も全国的に。心のセラピーのように心が洗われる彼らのライブをぜひ参加してはいかがだろうか?

開催地域

開催日時

このイベントのチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 39 人がチケットの出品を待っています!

back number(バックナンバー)について

back numberはボーカル清水依与吏、ベース小島和也、ドラムス栗原寿の3人で構成されるスリーピースバンドである。2004年、群馬県で清水を中心に結成された。バンド名は好きだった女性をあるバンドマンにとられ、彼女に振られた自分はback number(型遅れ)だから、という意味が含まれている。それと関連してか、彼らの曲は昔のことを掘り返すような内容が多く、その点が若い世代や女性を中心にウケた。確かに、彼ら自身、男っぽさを前面に押し出していない。どちらかというと、女々しいような後ろ向きというか、自虐的というか。それが、彼らの魅力であり、若者に支持されている点であろう。若者の悲しく切ない人生にそっと寄り添うような、そんなバンドである。そして切ない歌詞とメロディーを持つ曲を数々と世に送り出しきた。彼らの人気はとどまることを知らず、これまでに初の武道館ワンマンライブを成し遂げ、2018年にはバンドしては史上初となる単独3大ドームツアーが名古屋・東京・大阪で敢行された。彼らは本格的なロックチューンやハードな演奏ができる高い演奏力を有しており、彼らの技術力は高い。ライブではその行動な演奏能力に驚くこと間違いない。ライブではすぐに最高潮に達することで有名だ。彼らの今後に期待が膨らむ。

関連アーティスト

グループ・ユニット・バンドのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right