チケットジャムはチケットのフリマ(売買仲介)です。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

劇団四季 キャッツ 積水ハウスミュージカルシアター 四季劇場[夏] チケット売買一覧 10/14(月) 13:30

劇団四季 キャッツは、1983年に日本で初公演が行われた劇団四季のミュージカル、世界三大ミュージカルの一つに挙げられるキャッツは、イギリスで生まれブロードウェイを経て日本へと渡ってきた。舞台は深夜のゴミ捨て場、24匹の野良猫たちが舞踏会を開催するストーリーが展開される。演劇を見ている中で、自分も野良猫になってその場にいるかのような感覚を得る。その鳥肌の立つような感覚は、素晴らしい演劇もさることながら、テンポの良いスピード感、感動を引き立たせる素晴らしい音楽によって感じられる。毎回観客を感動の渦に巻き込んでいる、その事実は8000回を超える公演回数と舞台が終わった後の観客の感動した姿に裏打ちされている。ぜひ一度、キャッツを見て大きな感動を味わってほしい。

開催地域

開催地域

開催日時

このイベントのチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 4 人がチケットの出品を待っています!

劇団四季 キャッツについて

劇団四季キャッツとは、劇団である劇団四季が行っているミュージカルの一つである。『キャッツ』は人気ミュージカルの一つで、すでに日本での上演は35周年を迎え、通算公演回数は10000回に迫ろうとしている。『キャッツ』のストーリーは、その名の通り無数の猫が登場する。様々な個性を持った猫たち、「ジェクリルキャッツ」たちが年に一度開かれる“ジェクリル舞踏会”に参加するところから始まる。猫たちは歌い、踊り、一匹の猫のみが新たな人生を生きることを許されるというものになっている。 劇団四季とは、四季株式会社が制作などを行っている、日本を代表する商業劇団の一つである。その中で、『キャッツ』は1983年に日本で初演が行われ、今年2018年で35周年を迎えた。すでに通算公演回数は10000回を目前に控え、日本で最も人気のあるミュージカルでもある。『キャッツ』単行のきっかけは2人の天才の偶然の出会いがきっかけと言われる。その2人とは、イギリスの詩人T・S・エリオットと作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバー。前者がキャッツの詞を作り、後者が曲を手がけ、ミュージカルができあがった。『キャッツ』には、“ジェクリルキャッツ”と呼ばれる、個性に溢れた猫たちが登場する。その猫たちは年に一度の“ジェクリル舞踏会”に参加するため、一堂に会す。その舞踏会では、長老猫が最も純粋なジェクリルキャッツを指名し、指名された猫は再生を許される。その名誉をつかむため、猫たちは夜通し歌って踊るのであった。今年度の日本でのキャッツ公演は8月11日よりロングラン上演がスタートしている。11月11日には日本初演から35周年を迎え、2019年3月の公演では10000回上演を達成する予定となっている。また、キャッツには“キャッツ・シアター”とその世界を作り上げる独自のシアターがあり、そこから歴史が始まった。1983年11月11日にキャッツ・シアターが誕生し、ミュージカル界が新たな夜明けを迎えたのであった。

関連アーティスト

劇団四季のアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right