フィガロの結婚の広島県でのチケット売買一覧

フィガロの結婚は戯曲、オペラである。1784年にフランスの劇作家であるボーマルシェが戯曲を書き、1786年、それを元にモーツァルトがオペラを作曲。オペラの台本はボーマルシェの戯曲に基づき、イタリア人台本作家であるロレンツォ・ダ・ポンテがイタリア語で書いた。「セビリアの理髪師」、「罪ある母」と共に「フィガロ三部作」と呼ばれている。封建貴族に仕える家臣フィガロの結婚式をめぐる事件を通じて、貴族を痛烈に批判したため、度々上演禁止とされた。プラハ国立劇場で上演された際に人気を博し、世に広く知られるようになる。2019年1月より日本での公演が行われる。世界的な名声を得ている、イタリア人ソプラノ歌手エヴァ・メイが伯爵夫人を歌う。