01/19(土) 14:00 有楽町朝日ホール 朝日名人会 第186回 林家正蔵のチケット売買一覧

林家正蔵とは落語家の名跡で、1811年の初代から続き現在は9代目となっており海老名泰孝が2005年に襲名した。この9代目は1962年に初代林家三平と海老名香葉子の間に長男として生まれ、1978年に三平に弟子入り、その時の名は林家こぶ平であった。九代目林家正蔵を襲名するまでは長い期間をこの名前で落語家やタレントとして活動を続けていた。この「こぶ平」時代はバラエティ番組に出演することが多く、お茶の間に広く浸透したタレントのひとりであったが、落語家としては不遇の時代が続いていた。2005年の襲名からは落語家としてさらに精力的に活動を行うようになり、徐々に評価も上がっていった。2015年には第70回文化庁芸術祭賞・大衆芸能部門関東参加公演の部で優秀賞を受賞している。

開催地域