チケットジャムはチケットのフリマ(売買仲介)です。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

Kalafina (カラフィナ) 名古屋市芸術創造センター チケット売買一覧 10/02(火) 18:30

Kalafina(カラフィナ)は、梶浦由記プロデュースによる、Wakana、Hikaru、Keikoの女性3人のヴォーカルユニット。定員が決まっていない流動的なユニットだが、1stアルバム「Seventh Heaven」リリースのタイミングで3名が正式メンバーとなった。それぞれ歌手として活動していたことから歌唱力と、Wakan(高音)、Hikaru(中音)、Keiko(低音)のパートを活かした美しいハモりが特徴。「Seventh Heaven」から2015年9月リリース「far on the water」まで、オリジナルアルバムが5作連続でオリコン週間チャートのトップ10を記録。テレビアニメや番組テーマソングも数多く担当し、海外人気も高くイベント出演やツアーも行っていたが、2018年に梶浦由記とkeikoの2人が所属事務所を退社したことにより、活動休止となっている。

開催地域

開催地域

開催日時

このイベントのチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 1 人がチケットの出品を待っています!

Kalafina (カラフィナ)について

Kalafina(カラフィナ)は、作詞家・作曲家・音楽プロデューサーの梶浦由記プロデュースによる女性3人のヴォーカルユニット。劇場版アニメ「空の境界」主題歌限定プロジェクトとして、2008年1月にデビューシングル「oblivious」で活動スタート。定員が決まっていない流動的なユニットだが、1stアルバム「Seventh Heaven」リリースを機に、透明感のある歌声のWakana、子役の頃からミュージカルやCMに出演していたHikaru、歌とダンスが得意なKeikoの3名が正式メンバーとなった。Kalafinaの特徴は、Wakan(高音)、Hikaru(中音)、Keiko(低音)のパートを活かした美しいハモリと抜群の歌唱力。セールスも好調で、「Seventh Heaven」から2015年9月リリース「far on the water」まで、オリジナルアルバムが5作連続でオリコン週間チャートのトップ10を記録。また、テレビアニメの主題歌や番組テーマソングのタイアップも数多く、NHKの「みんなのうた」や「歴史秘話ヒストリア」のオープニング・エンディングテーマも担当。海外での人気も高く、L.A.・シカゴ・マレーシア・ドイツ・ジャカルタ・台北・上海などのアニメソングイベント出演やワンマンLIVEツアーを行なっている。しかし、プロデューサーの梶浦由記が2018年2月に所属事務所を退社、Keikoも2018年4月に退社したことで、Kalafinaの活動は事実上休止している。

関連アーティスト

グループ・ユニット・バンドのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right