チケットジャムはチケットのフリマ(売買仲介)です。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

エリザベート ミュージカル 帝国劇場 チケット売買一覧 07/31(水) 13:00

エリザベートとは、オーストリア=ハンガリー帝国の皇后エリーザベトの生涯を描いた、ウィーン生まれのミュージカルである。「エリザベート」は、最後は暗殺されることになった皇妃エリザーベトの謎に包まれた半生を、「死」という抽象的なものを擬人化した存在とともに振り返り、中世ヨーロッパの新時代の芽吹きを描いた作品である。日本では1996年に宝塚歌劇団により初上演。以来、2018年の現在まで宝塚によって上演が続いており、上演回数は通算1000回を超えて観客動員数は240万人を記録している。

開催地域

公演情報がありません

開催地域

    公演情報がありません

開催日時

公演情報がありません

このイベントのチケットを出品、リクエストする方はこちらから

アーティストをお気に入りに登録すると、公演登録された時にメールでお知らせ!

お気に入りに登録

エリザベート ミュージカルについて

エリザーベトは、オーストリア=ハンガリー帝国の皇后エリーザベトの生涯を描いたミュージカル。ドイツ語表記ではエリーザベトだが、日本のミュージカル名は「エリザーベト」とするのが慣例である。物語が始まるのはハプスブルク帝国が末期となっていた19世紀後半のオーストリア。バイエルン王国公爵の次女として生まれたエリーザベトが主人公である。16歳でオーストリア皇后となりながら、様々な軋轢や摩擦で苦しみ、やがてウィーンを離れて旅を続けていくエリーザベトの半生を描く。そこに「死(ドイツ語でトート)」という抽象的な概念を持ち込み、擬人化した存在が入るのも革新的となっている。 脚本・作詞はチェコ生まれのドイツ人ミヒャエル・クンツェ、作曲はグラミー賞を獲得するなどアメリカで活躍していたハンガリー人のシルヴェスター・リーヴァイが務め、共同でミュージカルの制作をスタートさせた。クンツェは後に「人々の内面を描きたかった」と話し、伝説的な皇后について「現代にも通じるドラマ」を描くことができると感じていたことを明かしている。1992年にウィーンで初公演が行われ、6年のロングランを記録。なお、日本では1996年に宝塚歌劇団によって上演された。現在も宝塚によって上演が続いており、すでに上演回数は1000回を超え、観客動員数は240万人を記録している。2018年の公演期間は8月24日から10月1日までとなっている。

関連アーティスト

その他の演劇・ミュージカルのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right