チケットジャムはチケットのフリマ(売買仲介)です。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

五木ひろし 芸能生活55周年 五木ひろし特別公演 歌・舞・奏スペシャル チケット売買一覧 10/26(土) 明治座

五木ひろしは演歌界を代表する歌手の1人である。1965年「松山まさる」という芸名でデビューした。ヒット曲などに恵まれず、前座や巡業などをこなしていた。何度かの改名や事務所の移籍を繰り返した長い下積み時代を経て、1971年3月に芸名を「五木ひろし」とし「よこはま・たそがれ」で再デビュー。この曲が初めてのヒット曲となり代表曲の1つとなっている。この年の年末には日本レコード大賞など多くの賞を受賞。紅白歌合戦では念願の初出場を果たし、その後現在まで毎年出場し続けている。演歌界の大御所ながら、洒落のきく親しみやすさで若い歌手やアイドル・芸人などとの交流も多く、テレビ番組などでも数々のコラボレーションを行っている。

開催地域

開催地域

開催日時

このイベントのチケットを出品、リクエストする方はこちらから

五木ひろしについて

五木ひろしは演歌界の大御所として知られる歌手である。五木ひろしとしてデビューをしたのは1971年。しかしもともとは1965年「松山まさる」の芸名でのデビューが最初である。しかしヒット曲に恵まれず、その後五木ひろしとしてデビューするまでに、2度の改名・再デビューを繰り返していた。五木ひろしとしてのデビュー曲は「よこはま・たそがれ」である。師として仰ぐ平尾昌晃が作曲した曲で、不遇の時期の長かった五木ひろしの初のヒット曲となり、代表曲の1つとなっている。この曲から五木ひろしのあの独特な歌唱スタイルが始まっている。その後も多くのヒット曲に恵まれ、日本レコード大賞などで多くの賞を受賞。2007年には紫綬褒章、2018年には旭日小綬章を受賞した。また紅白歌合戦では1971年の初出場以来47年間連続で出場しており、この記録は森進一に次ぐ歴代2位の記録となっている。特徴的な歌唱スタイルから、多くの人からものまねをさている。演歌界の大御所となった今も、親しみやすく洒落の効いた人柄でものまねをコラボしたり、流行りのダンスや歌などにも挑戦するユーモアさが話題となった。五木ひろしはオーケストラとの共演などジャンルを超えたチャレンジしている。

関連アーティスト

男性ソロのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right