チケットジャムはチケットのフリマ(売買仲介)です。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

レ・ミゼラブル 帝国劇場 チケット売買一覧 04/15(月)

レ・ミゼラブルとはフランスの詩人、小説家であるヴィクトル・ユーゴーが1862年に執筆した大河小説である。貧しさに苦しむ甥を救うために一本のパンを盗み、それがきっかけで19年間も獄中に入れられてしまったジャン・ヴァルジャンの生涯を描いた作品で、時代は1815年から1833年までの13年の間に起こった出来事となっている。この時期のフランスは激動の時代であり、その当時の時代背景も物語に組み込まれている。あらすじは社会に憎悪を抱きながら出獄したジャン・ヴァルジャンが神のようなミリエル司教の慈愛に触れ改心し、人間愛の具現者となる、といったストーリーである。日本では1902年から「噫無情情(ああむじよう)」という名で黒岩涙香によって翻訳された。

開催地域

開催地域

開催日時

このイベントのチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 1 人がチケットの出品を待っています!

レ・ミゼラブルについて

レ・ミゼラブルとはフランスの作家ヴィクトル・ユーゴーによって1862年に執筆された長編大河小説でロマン主義フランス文学に分類される。この小説を元としたミュージカル作品は数あるものの中でも名作として名高い。さらに映画として製作された作品も高い人気があり、小説を元にした映画、ミュージカルを元にした映画、とそれぞれに分かれている。またこの小説は1902年から黒岩涙香に「噫無情(ああむじょう)」というタイトルで翻訳もされた。あらすじは貧しさと飢えに苦しむ甥を救うために一本のパンを盗むことから始まるストーリーで、このことがきっかけで主人公であるジャン・ヴァルジャンは18年間を獄中で過ごすことになる。その後社会に怨みや憎しみを向けながら出獄する。そんなどん底の中神のような慈悲や愛を持つミリエル司教と出会い改心、不幸な人間を救うことを目的として行動を起こすようになる。この物語は当時のフランスの社会情勢や民衆の暮らしが反映された作りとなっており、歴史的資料としても価値があると言われている。また冒頭にあたるジャン・ヴァルジャンが改心するエピソードである「銀の燭台」はその部分が抜き出され、児童文学として教育の場などにも広まっている。

関連アーティスト

その他の演劇・ミュージカルのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right