チケットジャムはチケットのフリマ(売買仲介)です。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

世界の終わり (SEKAI NO OWARI) 三重県営サンアリーナ チケット売買一覧 08/25(日) 17:00

SEKAI NO OWARI(通称:セカオワ)とは、日本の男女4人組バンドである。メンバーはFukase、Nakajin、Saori、DJ LOVEの4人。2007年に結成され、2010年4月に1stアルバム「EARTH」をリリースし、2011年8月にシングル「INORI」でメジャーデビューを果たした。2012年にはレコード大賞で優秀アルバム賞を受賞。2013年には初めての野外ライブ「炎と森のカーニバル」を開催。バンドのエンターテイメント性の高さを世に知らしめた。2014年にはNHK紅白歌合戦に初出場し、「Dragon Night」を披露。2015年には2枚目となるメジャーアルバム「Tree」をリリースし、オリコン週間アルバムランキングで初の1位を獲得した。ポップでキャッチーな楽曲を数多く制作し、テーマパークのようなライブ演出を行うことで、子供から大人まで幅広いファンの獲得に成功している、今注目のバンドである。

開催地域

開催地域

開催日時

このイベントのチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 6 人がチケットの出品を待っています!

関連アーティスト

グループ・ユニット・バンドのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

SEKAI NO OWARI(通称:セカオワ)とは、日本の男女4人組バンドである。メンバーはFukase、Nakajin、Saori、DJ LOVEの4人。2007年に結成され、2010年4月に1stアルバム「EARTH」をリリースし、2011年8月にシングル「INORI」でメジャーデビューを果たした。2012年にはレコード大賞で優秀アルバム賞を受賞。2013年には初めての野外ライブ「炎と森のカーニバル」を開催。バンドのエンターテイメント性の高さを世に知らしめた。2014年にはNHK紅白歌合戦に初出場し、「Dragon Night」を披露。2015年には2枚目となるメジャーアルバム「Tree」をリリースし、オリコン週間アルバムランキングで初の1位を獲得した。ポップでキャッチーな楽曲を数多く制作し、テーマパークのようなライブ演出を行うことで、子供から大人まで幅広いファンの獲得に成功している、今注目のバンドである。

世界の終わり (SEKAI NO OWARI)について

世界の終わり (SEKAI NO OWARI)は、4人からなるバンド、Fukase(ボーカル)、Nakajin(ギター) 、Saori(ピアノ)、DJ LOVE(DJ)、を中心に2007年に結成。結成当時、バンドの活動拠点となるライブハウス『club EARTH』を自らの手で作り上げ、メンバー全員がそこに住み込みながらライブ活動を送っていた。独特の世界観を持ち、楽曲としてのクオリティも高い、それに加え、高いクオリティのMVやライブなどが彼ら最大の特徴である。ライブではショーやパレードの要素を取り入れ視覚的にも楽しめるような仕組みになっている。2015年には、バンド史上最大規模となる、神奈川県・日産スタジアムで2days公演を開催約14万人を動員した。また、2016年には全国25箇所で25万人を動員する『The Dinner』ツアーを開催し大成功を納めた。ぜひ、彼らの作りだす世界観を一度は体験することをお勧めする。 SEKAI NO OWARI(通称:セカオワ)とは、日本の男女4人組バンドである。メンバーはメインボーカルのFukase、リーダーでギター担当のNakajin、ボーカル、ピアノ担当のSaori、DJ担当のDJ LOVEの4人。もともと「世界の終わり」というバンド名だったが、2011年に現在のアルファベット表記に改めた。2007年に学生時代の友人らで結成され、2010年4月に1stアルバム「EARTH」をリリースし、2011年8月にシングル「INORI」でメジャーデビューを果たした。2012年にはレコード大賞で優秀アルバム賞を受賞。2013年には初めての野外ライブ「炎と森のカーニバル」を開催。その後も野外ライブを開催し、バンドのエンターテイメント性の高さを世に知らしめた。2014年には紅白歌合戦に初出場し、「Dragon Night」を披露。2015年には2枚目となるメジャーアルバム「Tree」をリリースし、オリコン週間アルバムランキングで初の1位を獲得。同年には日本最大規模の会場である日産スタジアムでワンマンライブを行い、2日間で14万人を動員した。ポップでキャッチーな楽曲を数多く制作し、テーマパークのようなライブ演出を行うことで、子供から大人まで幅広いファンの獲得に成功。圧倒的なスピードでバンドの存在が世間に知れ渡り、「セカオワ現象」を巻き起こした。名実ともに日本を代表するグループになった「SEKAI NO OWARI」の今後の活躍に注目である。

世界の終わり (SEKAI NO OWARI) のメンバー

NakajinFukaseSaoriDJ LOVE

世界の終わり (SEKAI NO OWARI) の由来

「SEKAI NO OWARI」というバンド名は、初代リーダーであるFukaseが、「ADHDなどの障がいによる困難な生活」や、「閉鎖病棟への入院」、「医師になるために勉強した記憶が薬の副作用で消える」などの辛い経験をし、絶望し世界の終わりだと思ったが、その時に残されていたのが音楽と今の仲間だったので、「終わり」から始めてみようというポジティブな意味が込められている。2011年のメジャーデビュー時に表記を「世界の終わり」からアルファベット表記に改めた。

世界の終わり (SEKAI NO OWARI) のスタイル

J-POP
ポップ
ギターポップ
ロック

世界の終わり (SEKAI NO OWARI) の影響を受けたアーティスト

NOFX(ノーエフエックス), ランシド(RANCID)

もっと見る