チケットジャムはチケットのフリマ(売買仲介)です。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

横浜ビー・コルセアーズ チケット売買一覧

横浜ビー・コルセアーズとは神奈川県横浜市を本拠地として活動するバスケットボールチームである。現在は日本男子プロバスケットのトップリーグである「B.LEAGUE」に所属し、運営は株式会社横浜ビー・コルセアーズが行っている。チーム名の「B」は「ベイ」などの頭文字を意味し、コルセアーズは英語で「海賊船団」を意味している。チームのメインカラーは横浜の海を表す濃紺で、さらに赤、白、ポイントカラーに金が使われる。ホームアリーナは収容人数5000人を誇る横浜国際プールで、他にも横浜文化体育館平塚総合体育館といった県内各地の大きな会場で試合が行われることも多い。チームは2011年に設立されbjリーグに参戦し、2012年のシーズンではプレイオフを制し優勝した経験を持つ。

開催地域

開催地域

開催日時

横浜ビー・コルセアーズのチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 1 人がチケットの出品を待っています!

横浜ビー・コルセアーズとは神奈川県横浜市を本拠地として活動するバスケットボールチームである。現在は日本男子プロバスケットのトップリーグである「B.LEAGUE」に所属し、運営は株式会社横浜ビー・コルセアーズが行っている。チーム名の「B」は「ベイ」などの頭文字を意味し、コルセアーズは英語で「海賊船団」を意味している。チームのメインカラーは横浜の海を表す濃紺で、さらに赤、白、ポイントカラーに金が使われる。ホームアリーナは収容人数5000人を誇る横浜国際プールで、他にも横浜文化体育館平塚総合体育館といった県内各地の大きな会場で試合が行われることも多い。チームは2011年に設立されbjリーグに参戦し、2012年のシーズンではプレイオフを制し優勝した経験を持つ。

横浜ビー・コルセアーズについて

横浜ビー・コルセアーズは、男子プロバスケットボールのトップリーグB.LEAGUEのB1(1部)に所属するプロバスケットボールチームである。神奈川県横浜市を本拠地としている。 チーム名は応募総数455件の一般公募により選出された。ビー・コルセアーズのB(ビー)は、英語の港を意味するベイ、ブルー、ビッグバスケットボールなどの頭文字から付けられ、コルセアーズは英語の海賊船団を意味している。チームカラーは横浜の海をイメージするネイビーブルー。ホームアリーナは収容人数5000人の横浜国際プール。 2010年3月にチーム運営会社の横浜スポーツエンタテインメント(YSE)株式会社が設立され、2011-2012シーズンからB.LEAGUEの前身のbjリーグに参入した。翌2012-13シーズンには、関東を本拠地とするチームとして初のリーグ優勝を果たすなど、現在も国内のトップチームの1つである。2019-2020のB.LEAGUEレギュラーシーズンは、2019年10月の第1節から2020年4月の第36節まで開催される。その結果上位8チームが、年間チャンピオンを決めるトーナメント戦のチャンピオンシップに進出する。 横浜ビー・コルセアーズは市民に近い球団をテーマに、地元横浜の様々な企業とのコラボレーションや、地域貢献活動を活発に行っている。またアカデミー部門を持ち、神奈川県内で700名を抱えるなど、地域のバスケットボールプレイヤーの憧れとなるチームを目指している。同じく神奈川県川崎市を本拠地としている川崎ブレイブサンダース(DeNA川崎ブレイブサンダース)との対戦は「神奈川ダービー」と呼ばれ、毎回特に熱い試合が繰り広げられている。 現ゼネラルマネージャーは、元bjリーグコミッショナーでB.LEAGUEテクニカルアドバイザーを務めていた河内敏光。ヘッドコーチにはアメリカ人のトーマス・ウィスマン。トーマス・ウィスマンは、アメリカのクインシー大学在学中から、ボストン・セルティックスのバスケットボールスクールのコーチとして指導を始めた。イギリスNBL(現BBL)のクリスタルパレスでは、プレイングコーチを務めてリーグ全勝優勝を達成。その後は主にアジアのクラブチームなどでヘッドコーチを歴任。日本では、2009-10シーズンにリンク栃木ブレックスのヘッドコーチを務めチームを初の優勝に導き、自身も最優秀監督賞を受賞した。2017-2018シーズンに横浜ビー・コルセアーズのアドバイザーに就任し、翌2018-2019シーズンにはヘッドコーチに就任した。 横浜ビー・コルセアーズの現在のロースターは、最年少の日米ハーフで日本国籍のPG(ポイントガード)のハンター・コートから、一度現役引退してコーチを務め、再度現役復帰してプレーを続けている最年長のSG(シューティング・ガード)の竹田謙までと、若手とベテランがうまく噛み合っているのが特徴。 キャプテンで司令塔のPG(ポイント・ガード)の田渡凌は、Netflixで配信されている「テラスハウス東京 2019-2020」にも出演している。東洋大学京北中学高等学校バスケットボール部監督の田渡優を父に持ち、3人兄弟の3男で、兄の田渡敏信(東京サンレーヴス)と田渡修人(サンロッカーズ渋谷)もB.LEAGUEでプレーするバスケットボールプレーヤーである。田渡凌は、父が監督の京北高校を卒業後にバスケの本場アメリカに渡り、ドミニカン大学カリフォルニア校では日本人ながらキャプテンとしてプレーしていた。さらにユニバーシアード日本代表に選ばれるなど、東京オリンピックも目指している日本期待の選手である。「テラスハウス東京 2019-2020」では入居時から、横浜ビー・コルセアーズのキャプテンらしく、お風呂やキッチンの汚さを指摘するなど早速リーダー的な存在に。アメリカでバスケットを通して培った牽引力やコミュニケーション力を、テラスハウスでどう発揮するのか見所でもある。 横浜ビー・コルセアーズのチーム公式ブースターソングは、横浜の桜木町などでストリートライブを行うなど、横浜を中心に活動しているシンガーソングライターのEyes’による「We are B-CORSAIRS」。選手紹介のパートはラップで行う個性的な楽曲であり、海賊船団の出航を力強くブーストする応援ソングとして、2013-2014シーズンよりブースターに親しまれている。 試合中のタイムアウトなどに華麗なパフォーマンスを披露する、チーム公式チアリーディングチームが「B-ROSE」。横浜市の花であるバラのように気品ある美しさをチームイメージとして、横浜女性のロールモデルとなるように、華やかなパフォーマンスで試合会場を彩っている。「B-ROSE」はチームの応援だけでなく、セレモニーや大会エキシビジョンなどの各種イベント出演や、学校でのチアリーダー教室、ボランティア活動への参加など、神奈川県全体を盛り上げる活動も行なっている。 横浜ビー・コルセアーズは、約370万人が暮らす港町横浜市のプロバスケットボールチームとして、2012-13シーズン以来のトップリーグ優勝を目指している注目のチームである。

関連チーム・選手

バスケットボールのチーム・選手一覧を見る

keyboard_arrow_right