チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

ブラゴーリ リセールチケット一覧

ブラゴーリのライブ・コンサート

開催地域

開催公演

神保町よしもとお笑いライブ

Jimbochoばちばちライブ

ジンゲキサマバケ!ビーチステージ

JimbochoばちばちライブSP

プレミアム神保町~会場だけの60分~

開催日程

  • ブラゴーリの公演一覧
  • 神保町よしもとお笑いライブ

    keyboard_arrow_up keyboard_arrow_down

ブラゴーリのチケット

全52件 1 - 50件目
全52件 1 - 50件目
2024-07-17更新

関連アーティスト

お笑いライブのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

FAQ

買い手
Q. ブラゴーリのチケットはどうやって買えますか?

A. チケットの購入をご希望の方は以下のページから購入が可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの購入はこちら

Q. ブラゴーリのチケットを探すにはどうしたらいいですか?

A. ページ上部の検索欄にブラゴーリと入力いただくと該当の公演を検索できます。

Q. 出品されているブラゴーリのチケットで売り手に確認したいことがあります。

A. 確認事項がある場合は、コメント機能を使って直接売り手様へご質問ください。

Q. ブラゴーリのチケットの入金期限を延長してください。

A. 申し訳ございませんが、入金期限は延長できかねます。お手数ですがお支払いできるタイミングでの購入をお願いいたします。

Q. ブラゴーリのチケットはいつ受取通知すればいいですか?

A. チケットの発送方法によって異なります。詳しくはこちら

売り手
Q. ブラゴーリのチケットはどうやって売れますか?

A. チケットの譲渡・販売をご希望の方は以下のページから可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの譲渡・販売はこちら

Q. ブラゴーリのチケットの出品の仕方を教えてください。

A. 電話番号認証後、ページ上部の検索欄でアーティスト名を入力してください。詳しくはこちら

Q. 「出品者からの説明」には何を書けばいいですか?

A. 出品のご事情や受け渡し時の条件、発券時の手数料の有無等を書かれる方が多いようです。

Q. ブラゴーリのチケットで誤って発送通知をしてしまいました。どうしたらいいですか?

A. 一度行った発送通知は取り消しができません。買い手様へ事情をご説明の上、実際に発送された際あらためて取引連絡にて発送の旨お伝えください。

ブラゴーリは吉本興業東京本社所属のお笑いコンビ。東京NSC20期生で2014年4月結成。メンバーは塚田裕輝と大ちゃんで共に日大法学部出身の高学歴芸人だ。 2021年5月より、神保町よしもと漫才劇場所属メンバーとして活動中。同期はぼる塾のあんりや3時のヒロインのかなでなど。2022年にナインティナイン(ナイナイ)の番組で日本テレビの「ぐるぐるナインティナイン」のコーナー企画「おもしろ荘」で第3位に選出された。2020年1月に吉本興業東京本社所属のコンビ3組で結成されたユニット「泥水すすり隊」の20期生として活動していた。これはEXIT兼近がプロデュースするユニットで「芸人の仕事のみで飯を食えるように」とのコンセプトでメンバー加入時にアルバイトを辞めることが条件だった。兼近と共にラジオ番組やライブで活動し知名度を上げた。5月11日〜6月8日まで自身の主催公演「ブラゴーリ主催ライブ「本気」」を神保町よしもと漫才劇場にて開催する。出演はプラゴーリのほか軟水など。劇場を中心に着々と実力をつけているコンビで要注目だ。

ブラゴーリは吉本興業東京本社所属のお笑いコンビ。東京NSC20期生で2014年4月結成。メンバーは塚田裕輝と大ちゃんで共に日大法学部出身の高学歴芸人だ。 2021年5月より、神保町よしもと漫才劇場所属メンバーとして活動中。同期はぼる塾のあんりや3時のヒロインのかなでなど。2022年にナインティナイン(ナイナイ)の番組で日本テレビの「ぐるぐるナインティナイン」のコーナー企画「おもしろ荘」で第3位に選出された。2020年1月に吉本興業東京本社所属のコンビ3組で結成されたユニット「泥水すすり隊」の20期生として活動していた。これはEXIT兼近がプロデュースするユニットで「芸人の仕事のみで飯を食えるように」とのコンセプトでメンバー加入時にアルバイトを辞めることが条件だった。兼近と共にラジオ番組やライブで活動し知名度を上げた。5月11日〜6月8日まで自身の主催公演「ブラゴーリ主催ライブ「本気」」を神保町よしもと漫才劇場にて開催する。出演はプラゴーリのほか軟水など。劇場を中心に着々と実力をつけているコンビで要注目だ。