チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

この世界の片隅に チケット売買一覧

この世界の片隅にのライブ・コンサート

開催公演

ミュージカル『この世界の片隅に』全国公演

開催日程

  • この世界の片隅にの公演一覧
  • ミュージカル『この世界の片隅に』全国公演

    keyboard_arrow_up keyboard_arrow_down

この世界の片隅にのチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 224 人がチケットの出品を待っています!

この世界の片隅にのチケット

全86件 1 - 50件目
全86件 1 - 50件目
2024-04-21更新

関連アーティスト

舞台挨拶・試写会のアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

FAQ

買い手
Q. この世界の片隅にのチケットはどうやって買えますか?

A. チケットの購入をご希望の方は以下のページから購入が可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの購入はこちら

Q. この世界の片隅にのチケットを探すにはどうしたらいいですか?

A. ページ上部の検索欄にこの世界の片隅にと入力いただくと該当の公演を検索できます。

Q. 出品されているこの世界の片隅にのチケットで売り手に確認したいことがあります。

A. 確認事項がある場合は、コメント機能を使って直接売り手様へご質問ください。

Q. この世界の片隅にのチケットの入金期限を延長してください。

A. 申し訳ございませんが、入金期限は延長できかねます。お手数ですがお支払いできるタイミングでの購入をお願いいたします。

Q. この世界の片隅にのチケットはいつ受取通知すればいいですか?

A. チケットの発送方法によって異なります。詳しくはこちら

売り手
Q. この世界の片隅にのチケットはどうやって売れますか?

A. チケットの譲渡・販売をご希望の方は以下のページから可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの譲渡・販売はこちら

Q. この世界の片隅にのチケットの出品の仕方を教えてください。

A. 電話番号認証後、ページ上部の検索欄でアーティスト名を入力してください。詳しくはこちら

Q. 「出品者からの説明」には何を書けばいいですか?

A. 出品のご事情や受け渡し時の条件、発券時の手数料の有無等を書かれる方が多いようです。

Q. この世界の片隅にのチケットで誤って発送通知をしてしまいました。どうしたらいいですか?

A. 一度行った発送通知は取り消しができません。買い手様へ事情をご説明の上、実際に発送された際あらためて取引連絡にて発送の旨お伝えください。

この世界の片隅には2007年から「漫画アクション」で連載された、こうの史代が原作の漫画である。舞台は第二次世界大戦の真っ只中、18歳のすずは呉へ嫁いできた。食べ物は不足し、いつ何が起こるかわからない不安の中、とにかく明るく生きようとしたすず。戦争はあまりにもたくさんのものを奪っていってしまった。けれども、終戦後も呉で過ごすと決めたすずは、力強く生き続けたのだ。2011年8月、終戦記念スペシャルドラマとして実写化。2016年には、劇場版アニメーションが公開され、約2年にもおよぶ上映で大ロングランヒット。主人公すず役にのん(能年玲奈)が起用され、あらゆるクリエイターやエンターテイメント関係者から絶賛の声が上がり「日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞」など各賞を総なめにしている。その名作が2024年4月より日生劇場ほか、主要都市でミュージカルとして新たに上演される。音楽を手掛けるのは実力派・アンジェラ・アキ。脚本・演出は上田一豪、浦野すず役には昆夏美と大原櫻子の(Wキャスト。同じく北條周作役は海宝直人と村井良大のWキャストとなる。戦争の悲惨さ、むごさをミュージカルとしてどんな表現になるのか注目される。また日本アカデミー賞が有力視されるだけに見逃せない公演となるだろう。

この世界の片隅には2007年から「漫画アクション」で連載された、こうの史代が原作の漫画である。舞台は第二次世界大戦の真っ只中、18歳のすずは呉へ嫁いできた。食べ物は不足し、いつ何が起こるかわからない不安の中、とにかく明るく生きようとしたすず。戦争はあまりにもたくさんのものを奪っていってしまった。けれども、終戦後も呉で過ごすと決めたすずは、力強く生き続けたのだ。2011年8月、終戦記念スペシャルドラマとして実写化。2016年には、劇場版アニメーションが公開され、約2年にもおよぶ上映で大ロングランヒット。主人公すず役にのん(能年玲奈)が起用され、あらゆるクリエイターやエンターテイメント関係者から絶賛の声が上がり「日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞」など各賞を総なめにしている。その名作が2024年4月より日生劇場ほか、主要都市でミュージカルとして新たに上演される。音楽を手掛けるのは実力派・アンジェラ・アキ。脚本・演出は上田一豪、浦野すず役には昆夏美と大原櫻子の(Wキャスト。同じく北條周作役は海宝直人と村井良大のWキャストとなる。戦争の悲惨さ、むごさをミュージカルとしてどんな表現になるのか注目される。また日本アカデミー賞が有力視されるだけに見逃せない公演となるだろう。