チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

カテゴリ「劇団四季 ライオンキング」に関しては公演あたりの出品枚数を4枚とさせて頂いております。

劇団四季 ライオンキング チケット売買一覧

劇団四季 ライオンキングは、劇団四季によって上演回数11000回を超える無期限ロングランを継続している日本を代表するミュージカルである。1997年にニューヨーク・ブロードウェイで初演されるやいなや、たちまち大ブームとなった。その勢いはとどまることを知らず、翌年には演劇界最高峰の栄誉と言われるトニー賞最優秀ミュージカル賞を受賞し、その他同時に計6部門で最優秀賞を総なめにしている。世界的に人気を博していたディズニーアニメ「ライオンキング」を天才舞台芸術家 ジュリー・テイモアの手によって、斬新かつ繊細なアイデアで前代未聞のミュージカルとして生まれ変わらせたのである。アフリカの大自然の中に生きる様々な動物たちのサークル・オブ・ライフ(生命の連環)について描かれたこの作品は、地球に生まれたすべての生命に訴えかけるメッセージが込められている。アフリカのサバンナを舞台に、百獣の王シンバが成長する物語をアニメーションの内容を忠実に再現しながら、ミュージカルのダイナミックな表現で物語の魅力を余すところなく表現し尽くしている。ロングラン公演を続けながらも、ご当地に特価した内容や、海外の人でもスマートグラスという字幕生成メガネを開発したりと様々なアップデートを取り入れ、日々進化を続けている。

劇団四季 ライオンキングの日程

開催地域

東京

開催日時

  • 全ての公演
  • 劇団四季 「ライオンキング」2022年 4・5・6月 東京公演

    keyboard_arrow_up keyboard_arrow_down
    • すべて
    • 22/05/24 (火) 東京 18:30
    • 22/05/25 (水) 東京 18:30
    • 22/05/26 (木) 東京 13:30 (1)
    • 22/05/27 (金) 東京 13:30 (1)
    • 22/05/28 (土) 東京 13:00
    • 22/05/28 (土) 東京 17:30 (1)
    • 22/05/29 (日) 東京 13:00
    • 22/06/01 (水) 東京 18:30 (2)
    • 22/06/02 (木) 東京 13:30
    • 22/06/03 (金) 東京 13:30
    • 22/06/04 (土) 東京 13:00
    • 22/06/04 (土) 東京 17:30
    • 22/06/05 (日) 東京 13:00
    • 22/06/07 (火) 東京 18:30
    • 22/06/08 (水) 東京 13:30
    • 22/06/09 (木) 東京 13:30
    • 22/06/10 (金) 東京 13:30
    • 22/06/11 (土) 東京 13:00
    • 22/06/11 (土) 東京 17:30
    • 22/06/12 (日) 東京 13:00 (1)
    • 22/06/15 (水) 東京 18:30
    • 22/06/16 (木) 東京 13:30 (2)
    • 22/06/17 (金) 東京 13:30
    • 22/06/18 (土) 東京 13:00
    • 22/06/18 (土) 東京 17:30 (1)
    • 22/06/19 (日) 東京 13:00
    • 22/06/21 (火) 東京 18:30
    • 22/06/22 (水) 東京 13:30
    • 22/06/23 (木) 東京 13:30
    • 22/06/24 (金) 東京 13:30 (1)
    • 22/06/25 (土) 東京 13:00
    • 22/06/25 (土) 東京 17:30
    • 22/06/26 (日) 東京 13:00
    • 22/06/29 (水) 東京 13:30 (2)
    • 22/06/30 (木) 東京 13:30 (1)
    • すべて
    • 22/07/01 (金) 東京 13:30
    • 22/07/02 (土) 東京 13:00
    • 22/07/02 (土) 東京 17:30
    • 22/07/03 (日) 東京 13:00 (1)
    • 22/07/05 (火) 東京 18:30
    • 22/07/06 (水) 東京 13:30
    • 22/07/07 (木) 東京 13:30 (1)
    • 22/07/08 (金) 東京 13:30
    • 22/07/09 (土) 東京 13:00
    • 22/07/09 (土) 東京 17:30
    • 22/07/10 (日) 東京 13:00
    • 22/07/13 (水) 東京
    • 22/07/14 (木) 東京 13:30
    • 22/07/15 (金) 東京 13:30
    • 22/07/16 (土) 東京 13:00
    • 22/07/16 (土) 東京 17:30
    • 22/07/17 (日) 東京 13:00 (2)
    • 22/07/18 (月) 東京 13:00
    • 22/07/20 (水) 東京 18:30
    • 22/07/21 (木) 東京 13:30
    • 22/07/22 (金) 東京 13:30 (1)
    • 22/07/23 (土) 東京 13:00
    • 22/07/23 (土) 東京 17:30
    • 22/07/24 (日) 東京 13:00
    • 22/07/26 (火) 東京 18:30
    • 22/07/27 (水) 東京 13:30
    • 22/07/28 (木) 東京 13:30
    • 22/07/29 (金) 東京 13:30
    • 22/07/30 (土) 東京 13:00
    • 22/07/30 (土) 東京 17:30 (1)
    • 22/07/31 (日) 東京 13:00 (1)
    • 22/08/03 (水) 東京 13:30
    • 22/08/04 (木) 東京 13:30
    • 22/08/05 (金) 東京 13:30 (1)
    • 22/08/06 (土) 東京 13:00
    • 22/08/06 (土) 東京 17:30
    • 22/08/07 (日) 東京 13:00
    • 22/08/09 (火) 東京 18:30
    • 22/08/10 (水) 東京 13:30
    • 22/08/11 (木) 東京 13:00
    • 22/08/12 (金) 東京 13:30
    • 22/08/13 (土) 東京 13:00
    • 22/08/13 (土) 東京 17:30
    • 22/08/14 (日) 東京 13:00
    • 22/08/17 (水) 東京 13:30
    • 22/08/18 (木) 東京 13:30
    • 22/08/19 (金) 東京 13:30
    • 22/08/20 (土) 東京 13:00
    • 22/08/20 (土) 東京 17:30
    • 22/08/21 (日) 東京 13:00
    • 22/08/23 (火) 東京 13:30
    • 22/08/24 (水) 東京 13:30
    • 22/08/25 (木) 東京 13:30
    • 22/08/26 (金) 東京 13:30
    • 22/08/27 (土) 東京 13:00
    • 22/08/27 (土) 東京 17:30
    • 22/08/28 (日) 東京 13:00
    • 22/09/07 (水) 東京
    • 22/09/08 (木) 東京 13:30
    • 22/09/09 (金) 東京 13:30
    • 22/09/10 (土) 東京 13:00
    • 22/09/10 (土) 東京 17:30
    • 22/09/11 (日) 東京 13:00
    • 22/09/13 (火) 東京 18:30
    • 22/09/14 (水) 東京 18:30
    • 22/09/15 (木) 東京 13:30
    • 22/09/17 (土) 東京 13:00
    • 22/09/18 (日) 東京 13:00
    • 22/09/18 (日) 東京 17:30
    • 22/09/19 (月) 東京 13:00
    • 22/09/21 (水) 東京 18:30
    • 22/09/22 (木) 東京 13:30
    • 22/09/23 (金) 東京 13:00
    • 22/09/24 (土) 東京 13:00
    • 22/09/24 (土) 東京 17:30
    • 22/09/25 (日) 東京 13:00
    • 22/09/27 (火) 東京 18:30
    • 22/09/28 (水) 東京 13:30
    • 22/09/29 (木) 東京 13:30
    • 22/09/30 (金) 東京 13:30

劇団四季 ライオンキングのチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 3 人がチケットの出品を待っています!

劇団四季 ライオンキングは、1994年に公開され世界中で大ヒットを記録した劇団四季のミュージカル、1997年にニューヨークのブロードウェイにて初公演されると、チケットは軒並み売り切れが続出、一大ブームを引き起こした。世界で最も権威のあるトニー賞において合計6部門を獲得し、さらにグラミー賞やドラマ・ディスク賞などを受賞しミュージカル史に輝く傑作として数々の伝説を残してきた。日本においても1998年から劇団四季によって初公演が行われ、これまでに9000回の公演回数を誇り、チケットは毎回完売を記録、日本でも定番のミュージカル演劇となった。日本でのライオンキングは日本の伝統文化である、歌舞伎や文学、またインドネシアの影絵の手法など世界の伝統芸能にインスピレーションを受け、これまでにない表現を可能にした。ライオンキングをみた観客は、飽きない魅力の虜になりリピートを重ねるという。一度はその演劇を見てみたいものだ。 ライオンキングは、アフリカの大自然に生きる様々な動物たちのサークル・オブ・ライフ(生命の連環)を題材にした、劇団四季上演の日本を代表する壮大なミュージカルである。すでに人気であったディズニーアニメ「ライオンキング」を舞台化し、さらに動物たちを人間が演じるという難題を見事に表現している。それは天才舞台芸術家 ジュリー・テイモアによって演出され、音楽はエルトン・ジョンやティム・ライス、そしてレボ・Mといった錚々たるビッグネームが名を連ねている。劇中に「ライオンも死ねば草となり、その草を草食動物が食べ、その草食動物をライオンが食べる。」という有名なセリフがあるが、まさしく地球に生まれし生命すべてが考えるべき問題を提起しており、このメッセージ性の強さ、さらにはアフリカンアートや日本の伝統的な文楽・歌舞伎、インドネシアの影絵などを駆使して作られた繊細な演出が多くのファンを生み出すことになったのである。日本では1998年12月に四季劇場で東京公演が開催され、以来途切れることなく無期限ロングランで上演され続けており、その上演回数は実に11000回を超えている。20年を超えようとしているが、今も進化を遂げながら、ファンを魅了し続けているミュージカルは、他に存在していないのである。

関連アーティスト

劇団四季のアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right