チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

プラハ放送交響楽団 チケット売買一覧

プラハ放送交響楽団のライブ・コンサート

開催地域

開催公演

プラハ放送交響楽団 ペトル・ポペルカ(指揮) 佐藤晴真(チェロ)

プラハ放送交響楽団 ペトル・ポペルカ(指揮) 三浦文彰(ヴァイオリン)

ペトル・ポぺルカ 指揮 プラハ放送交響楽団

開催日程

  • プラハ放送交響楽団の公演一覧
  • プラハ放送交響楽団 ペトル・ポペルカ(指揮) 佐藤晴真(チェロ)

    keyboard_arrow_up keyboard_arrow_down

プラハ放送交響楽団のチケット

2024-05-20更新

関連アーティスト

クラシックのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

FAQ

買い手
Q. プラハ放送交響楽団のチケットはどうやって買えますか?

A. チケットの購入をご希望の方は以下のページから購入が可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの購入はこちら

Q. プラハ放送交響楽団のチケットを探すにはどうしたらいいですか?

A. ページ上部の検索欄にプラハ放送交響楽団と入力いただくと該当の公演を検索できます。

Q. 出品されているプラハ放送交響楽団のチケットで売り手に確認したいことがあります。

A. 確認事項がある場合は、コメント機能を使って直接売り手様へご質問ください。

Q. プラハ放送交響楽団のチケットの入金期限を延長してください。

A. 申し訳ございませんが、入金期限は延長できかねます。お手数ですがお支払いできるタイミングでの購入をお願いいたします。

Q. プラハ放送交響楽団のチケットはいつ受取通知すればいいですか?

A. チケットの発送方法によって異なります。詳しくはこちら

売り手
Q. プラハ放送交響楽団のチケットはどうやって売れますか?

A. チケットの譲渡・販売をご希望の方は以下のページから可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの譲渡・販売はこちら

Q. プラハ放送交響楽団のチケットの出品の仕方を教えてください。

A. 電話番号認証後、ページ上部の検索欄でアーティスト名を入力してください。詳しくはこちら

Q. 「出品者からの説明」には何を書けばいいですか?

A. 出品のご事情や受け渡し時の条件、発券時の手数料の有無等を書かれる方が多いようです。

Q. プラハ放送交響楽団のチケットで誤って発送通知をしてしまいました。どうしたらいいですか?

A. 一度行った発送通知は取り消しができません。買い手様へ事情をご説明の上、実際に発送された際あらためて取引連絡にて発送の旨お伝えください。

プラハ放送交響楽団は、チェコのプラハを本拠地とするオーケストラである。チェコフィルハーモニー管弦楽団プラハ交響楽団と並び、チェコ三大オーケストラの1つとも称されている。1926年に、チェコスロヴァキア国営放送所属オーケストラとして発足。現代前衛音楽を得意としたドイツ人指揮者、へルマン・シェルヘン指揮のもと、1933年のプラハ国際現代音楽祭の参加により注目を集めた。シャルル・ミュンシュなどの著名指揮者と多数共演し、ハチャトリアンやレスピーギなど著名な作曲家が自ら指揮して自作を演奏することも多かった。現在の首席指揮者は2022年に就任したぺトル・ポぺルカ。プラハ出身で2024年シーズンのウィーン交響楽団首席指揮者への就任も決定している気鋭の若手である。2024年の日本公演では、NHKの大河ドラマ「真田丸」テーマソングで一躍その名をとどろかせた若手ヴァイオリ二スト・三浦文彰、2019年のミュンヘン国際コンクール・チェロ部門で日本人初の優勝を果たした、弱冠25歳のチェリスト・佐藤晴真を迎え、チェコを代表する作曲家で固めた「オール・チェコ・プログラム」で挑む。また今回の来日プログラムでは「モルダウ」「新世界より」など、誰もが一度は耳にしたことのある有名曲も演奏される。本場の演奏で、より臨場感を味わえるに違いない。

プラハ放送交響楽団は、チェコのプラハを本拠地とするオーケストラである。チェコフィルハーモニー管弦楽団プラハ交響楽団と並び、チェコ三大オーケストラの1つとも称されている。1926年に、チェコスロヴァキア国営放送所属オーケストラとして発足。現代前衛音楽を得意としたドイツ人指揮者、へルマン・シェルヘン指揮のもと、1933年のプラハ国際現代音楽祭の参加により注目を集めた。シャルル・ミュンシュなどの著名指揮者と多数共演し、ハチャトリアンやレスピーギなど著名な作曲家が自ら指揮して自作を演奏することも多かった。現在の首席指揮者は2022年に就任したぺトル・ポぺルカ。プラハ出身で2024年シーズンのウィーン交響楽団首席指揮者への就任も決定している気鋭の若手である。2024年の日本公演では、NHKの大河ドラマ「真田丸」テーマソングで一躍その名をとどろかせた若手ヴァイオリ二スト・三浦文彰、2019年のミュンヘン国際コンクール・チェロ部門で日本人初の優勝を果たした、弱冠25歳のチェリスト・佐藤晴真を迎え、チェコを代表する作曲家で固めた「オール・チェコ・プログラム」で挑む。また今回の来日プログラムでは「モルダウ」「新世界より」など、誰もが一度は耳にしたことのある有名曲も演奏される。本場の演奏で、より臨場感を味わえるに違いない。