チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

松竹新喜劇 チケット売買一覧

松竹新喜劇とは1948年に曾我廼家五郎一座の五郎劇と曾我廼家十吾らによる松竹家庭劇に渋谷天外らが加わって結成された劇団である。現在は松竹傘下の喜劇劇団となっており、吉本新喜劇とはライバル関係にある。また演劇内容はコント主体の吉本とは反対に涙を誘うような人情感のある喜劇を売りとしている。松竹新喜劇には結成から現在まで長い活動期間があり、波乱万丈の歴史をたどった。1956年には結成のきっかけとなった座員の天外と十吾が路線の違いで反発しあい、十吾が退団するという自体が起きてしまう。その時に大きな危機を迎えたが、旗揚げメンバーであった藤山寛美がテレビを介してアイドル的な人気を得て、天外が病に伏せたあとは一枚看板として一気に人気を上げていった。その後寛美の死後、人気が危ぶまれたが「新生松竹新喜劇」に改名し、活動を続け現在は「新生」の文字が取れ、元の名に戻った。

松竹新喜劇のチケットを出品、リクエストする方はこちらから

公演がありません
現在公演がありません。

こちら より公演登録依頼が可能です。

お気に入りに登録すると、新着のライブ・イベントが追加された時にメールでお知らせします!

お気に入りに登録

松竹新喜劇とは松竹傘下の劇団である。上方の吉本新喜劇のようなコント形式の演劇とは反対に人情味あふれる物語形式の演劇が主体である。結成は1948年の12月に行われ、曾我廼家五郎一座である五郎劇と曾我廼家十吾らによる松竹家庭劇に、2世渋谷天外らが加わったことがそのきっかけであった。主軸は曾我廼家兄弟劇の流れをくみ、それに加え五郎、十吾、天外らの作品を上演していたが、その後1956年に天外の路線に反対した十吾が退団し一時危機を迎える。しかし天外の門下である藤山寛美がその当時のテレビを介して人気があったため、天外と藤山寛美のコンビが人気を博した。その後天外が病気で倒れたあとは寛美がリーダーとなり、劇団の一枚看板として圧倒的な人気を得ることとなった。1987年には244ヶ月連続無休公演という記録を打ち立てるが、藤山寛美がいなくなったあとの劇団が不安しされており、後継者の退団も大きな痛手となった。そのまま1990年に寛美が急死、またも危機を迎えることとなるが、今度は天外が中心となり活動を続ける宣言がなされ、「新生松竹新喜劇」と名を改めた。現在は活動も軌道に乗り「新生」の文字がとれ、元の「松竹新喜劇」の名に戻った。2009年には長年に渡ってライバル関係であった吉本新喜劇との共演も果たしている。

関連アーティスト

お笑いライブのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

松竹新喜劇 過去のチケット

ランキング

お笑いライブ人気ライブ・イベントランキング