チケットジャムはチケットのフリマ(売買仲介)です。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

Vプレミアリーグ チケット売買一覧

Vプレミアリーグとは、現在の日本における最高峰レベルのバレーボールが繰り広げられているバレーリーグである。1967年に発足した全日本バレーボール選抜男女リーグが前身であり、以来組織内容やリーグ名が少しずつ変わりながらも日本バレーボールのレベル向上を目標に毎年開催されている。また時代とともに進化を続けており、1991年頃より各々のチームに愛称やロゴが作られると徐々に知名度が上がっていった。1994年に全日本バレーボール選抜男女リーグから「Vリーグ」となり、2006年には「Vプレミアリーグ」へと名称を変更している。バレーボールの様々な国際大会が日本で行われることが多く、テレビ中継もされ始めてからは、以前にも増して注目を集めるようになった。

開催地域

開催日時

Vプレミアリーグのチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 52 人がチケットの出品を待っています!

Vプレミアリーグとは、現在の日本における最高峰レベルのバレーボールが繰り広げられているバレーリーグである。1967年に発足した全日本バレーボール選抜男女リーグが前身であり、以来組織内容やリーグ名が少しずつ変わりながらも日本バレーボールのレベル向上を目標に毎年開催されている。また時代とともに進化を続けており、1991年頃より各々のチームに愛称やロゴが作られると徐々に知名度が上がっていった。1994年に全日本バレーボール選抜男女リーグから「Vリーグ」となり、2006年には「Vプレミアリーグ」へと名称を変更している。バレーボールの様々な国際大会が日本で行われることが多く、テレビ中継もされ始めてからは、以前にも増して注目を集めるようになった。

Vプレミアリーグについて

Vプレミアムリーグは日本バレーボール協会と日本バレーボールリーグ機構が主催している、日本の社会人バレーボール「Vリーグ」の最上位のリーグである。S1ライセンスを保有することでリーグ参加ができる。現在男女合わせて計8チームある。男子は、東レ・アローズ、豊田合成トレフェルサ、ジェイテクトSTINGS、サントリーサンバース、パナソニックパンサーズ、堺ブレイザース、JTサンダーズ、FC東京。女子は、久光製薬スプリングス、JTマーヴェラス、トヨタ車体クインシーズ、NECレッドロケッツ、日立リヴァーレ、デンソーエアリービーズ、上尾メディックス、東レアローズである。*ただし、2018-2019シーズン限定で男子10チーム、女子10チームが参加する。 VプレミアムリーグにはバレーボールW杯で出場した選手が数多く在籍していることもあり、近年Vプレミアムリーグの人気が急上昇している。また世界トップクラスの外国籍選手が年々増加している背景があるため、将来さらなる迫力ある試合観戦が期待できる。 Vプレミアリーグとは、1967年に発足した全日本バレーボール選抜男女リーグを前身とする、現在の日本国内最高峰レベルのバレーボールリーグである。シーズンは11月頃から翌年4月頃までの期間に行われている。時代の背景とともに開催内容や名称が変更されていき、プロのサッカーリーグであるJリーグが発足されたことに刺激を受け1994年に「Vリーグ」、2006年に「Vプレミアリーグ」となった。Vプレミアリーグがトップレベルの1部リーグであり、その下に2部リーグのチャレンジリーグがある。毎年、プレミアリーグの下位2チームとチャレンジリーグ上位2チームが入れ替え戦を行っている。グラチャンバレーやワールドカップなど、様々な国際大会が日本で行われることが多く、海外の有名選手が来日しては熱い戦いを繰り広げる為、どの大会も観戦者数は非常に多い。近年では盛大なイベントとしてテレビ中継がされることから、日本のVプレミアリーグも以前に比べ、たくさんの注目を集めてきている。Vプレミアリーグはプロリーグではないが、日本のバレーボールのレベルアップに多大な影響を与えており、しばらく世界では低迷していた日本チームだが2012年ロンドン五輪で女子が銅メダルに輝いている。世界の選手と比べると日本選手は身体能力が劣るにもかかわらず、世界ランキングでは現在男子チーム12位、女子チーム6位と健闘しているのは、Vプレミアリーグのレベルが上がってきている証拠である。

関連チーム・選手

バレーボールのチーム・選手一覧を見る

keyboard_arrow_right