チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

荒川静香 チケット売買一覧

荒川静香の日程

開催地域

開催公演

プリンスアイスワールド2024-2025

氷艶 2024 十字星のキセキ

氷艶 2024 十字星のキセキ【通し券】

開催日程

  • 荒川静香の公演一覧
  • プリンスアイスワールド2024-2025

    keyboard_arrow_up keyboard_arrow_down

荒川静香のチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 75 人がチケットの出品を待っています!

荒川静香のチケット

2024-02-27更新

荒川静香 の詳細

荒川静香(あらかわしずか)はコメンテーター・解説などでも活躍するプロフィギュアスケーターである。7歳から本格的にスケートを始め、数年後には3回転ジャンプを5種類マスターするなど、その才能は幼少期から目を見張るものがあった。その後も着実に力をつけ、ジュニア時代から多くの大会で優勝。シニアに上がってからも世界大会をはじめとする多くの大会で優勝や入賞などを果たし、1998年に長野オリンピックで、初めてオリンピックに挑んだが成績が揮わず13位に終わる。しかしその後2006年に開催されたソルトレイクオリンピックで、見事に優勝。代名詞ともいえる「イナバウアー」を世に知らしめた。現在、日本スケート連盟副会長に就任している。

関連チーム・選手

フィギュアスケートのチーム・選手一覧を見る

keyboard_arrow_right

荒川静香 の公演の感想

もっと見る

keyboard_arrow_right
  • 気づいた時には、すでに良いチケットが完売!
    チケジャムで良い方に譲て頂きありがとうございました。

    01/25(土) 11:00 アクアドームくまもと プリンスアイスワールド 2019-2020 熊本公演

FAQ

買い手
Q. 荒川静香のチケットはどうやって買えますか?

A. チケットの購入をご希望の方は以下のページから購入が可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの購入はこちら

Q. 荒川静香のチケットを探すにはどうしたらいいですか?

A. ページ上部の検索欄に荒川静香と入力いただくと該当の公演を検索できます。

Q. 出品されている荒川静香のチケットで売り手に確認したいことがあります。

A. 確認事項がある場合は、コメント機能を使って直接売り手様へご質問ください。

Q. 荒川静香のチケットの入金期限を延長してください。

A. 申し訳ございませんが、入金期限は延長できかねます。お手数ですがお支払いできるタイミングでの購入をお願いいたします。

Q. 荒川静香のチケットはいつ受取通知すればいいですか?

A. チケットの発送方法によって異なります。詳しくはこちら

売り手
Q. 荒川静香のチケットはどうやって売れますか?

A. チケットの譲渡・販売をご希望の方は以下のページから可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの譲渡・販売はこちら

Q. 荒川静香のチケットの出品の仕方を教えてください。

A. 電話番号認証後、ページ上部の検索欄でアーティスト名を入力してください。詳しくはこちら

Q. 「出品者からの説明」には何を書けばいいですか?

A. 出品のご事情や受け渡し時の条件、発券時の手数料の有無等を書かれる方が多いようです。

Q. 荒川静香のチケットで誤って発送通知をしてしまいました。どうしたらいいですか?

A. 一度行った発送通知は取り消しができません。買い手様へ事情をご説明の上、実際に発送された際あらためて取引連絡にて発送の旨お伝えください。

荒川静香は、1981年生まれ神奈川県出身のプロフィギュアスケーター。生まれは東京都で、出身地は神奈川県鎌倉市である。幼少時代に宮城県仙台市に引っ越して、5歳からスケート教室に通い始めた。小学3年生で3回転ジャンプを飛べたほどの逸材で、1994年には初の国際大会に出場。1994年~1996年に全日本ジュニアフィギュア選手権で3連覇し、世界ジュニアへも3大会連続で出場している。1997年の全日本選手権で初優勝。早稲田大学に進学し、世界選手権で日本人3人目のワールドチャンピオンを獲得。2006年のトリノオリンピックでは、アジア人として初の女子シングル金メダリストとなった。伸びのあるスケーティングと、表現力に優れているスケーターである。元々は禁止ワザだった、大きく上体を反らすイナバウアーで広く知られる存在となった。イナバウアーは、2006年の新語・流行語大賞を受賞している。2014年より日本スケート連盟副会長に就任。現在は結婚し2人の子供の母親でもあり、アイスショーのプロデュースや、テレビやCMへの出演、オリンピックキャスターなどを行なっている。2018年には、日本人として3人目の世界フィギュアスケート殿堂入りを果たした。

荒川静香は、1981年生まれ神奈川県出身のプロフィギュアスケーター。生まれは東京都で、出身地は神奈川県鎌倉市である。幼少時代に宮城県仙台市に引っ越して、5歳からスケート教室に通い始めた。小学3年生で3回転ジャンプを飛べたほどの逸材で、1994年には初の国際大会に出場。1994年~1996年に全日本ジュニアフィギュア選手権で3連覇し、世界ジュニアへも3大会連続で出場している。1997年の全日本選手権で初優勝。早稲田大学に進学し、世界選手権で日本人3人目のワールドチャンピオンを獲得。2006年のトリノオリンピックでは、アジア人として初の女子シングル金メダリストとなった。伸びのあるスケーティングと、表現力に優れているスケーターである。元々は禁止ワザだった、大きく上体を反らすイナバウアーで広く知られる存在となった。イナバウアーは、2006年の新語・流行語大賞を受賞している。2014年より日本スケート連盟副会長に就任。現在は結婚し2人の子供の母親でもあり、アイスショーのプロデュースや、テレビやCMへの出演、オリンピックキャスターなどを行なっている。2018年には、日本人として3人目の世界フィギュアスケート殿堂入りを果たした。