チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

村元哉中 リセールチケット一覧

村元哉中の日程

開催地域

開催公演

プリンスアイスワールド2024-2025

フレンズオンアイス2024

開催日程

  • 村元哉中の公演一覧
  • プリンスアイスワールド2024-2025

    keyboard_arrow_up keyboard_arrow_down

村元哉中のチケット

2024-06-16更新

関連チーム・選手

フィギュアスケートのチーム・選手一覧を見る

keyboard_arrow_right

FAQ

買い手
Q. 村元哉中のチケットはどうやって買えますか?

A. チケットの購入をご希望の方は以下のページから購入が可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの購入はこちら

Q. 村元哉中のチケットを探すにはどうしたらいいですか?

A. ページ上部の検索欄に村元哉中と入力いただくと該当の公演を検索できます。

Q. 出品されている村元哉中のチケットで売り手に確認したいことがあります。

A. 確認事項がある場合は、コメント機能を使って直接売り手様へご質問ください。

Q. 村元哉中のチケットの入金期限を延長してください。

A. 申し訳ございませんが、入金期限は延長できかねます。お手数ですがお支払いできるタイミングでの購入をお願いいたします。

Q. 村元哉中のチケットはいつ受取通知すればいいですか?

A. チケットの発送方法によって異なります。詳しくはこちら

売り手
Q. 村元哉中のチケットはどうやって売れますか?

A. チケットの譲渡・販売をご希望の方は以下のページから可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの譲渡・販売はこちら

Q. 村元哉中のチケットの出品の仕方を教えてください。

A. 電話番号認証後、ページ上部の検索欄でアーティスト名を入力してください。詳しくはこちら

Q. 「出品者からの説明」には何を書けばいいですか?

A. 出品のご事情や受け渡し時の条件、発券時の手数料の有無等を書かれる方が多いようです。

Q. 村元哉中のチケットで誤って発送通知をしてしまいました。どうしたらいいですか?

A. 一度行った発送通知は取り消しができません。買い手様へ事情をご説明の上、実際に発送された際あらためて取引連絡にて発送の旨お伝えください。

村元哉中(むらもとかな)は兵庫県神戸市出身のフィギュアスケート選手(アイスダンス、女子シングル)。マネジメントはユニバーサルスポーツマーケティング(USM)。2015年全日本選手権優勝。2018年平昌オリンピック代表。1998年、5歳でスケートを始める。その後、カナディアン・アカデミーを卒業、関西大学人間健康学部に進学し卒業した。2008-2009シーズンより、国際スケート連盟主催の公式競技会「ISUジュニアグランプリ」に出場、GPゴールデンリンクスで3位入賞した。2014-2015シーズンよりアイスダンスに転向し平昌オリンピックを目指すと宣言。宣言通り、2018年2月19日 - 20日に開催された「2018年平昌オリンピック」(江陵)に出場、15位という結果を残した。また団体戦でも貢献し、2016-2017シーズン「世界国別対抗戦」では団体1位となった。初の国際大会となるタリントロフィーでは4位、全日本選手権では3位に入賞。パートナーはこれまで二度変わっており、クリス・リード、野口博一。2019年9月日本スケート連盟より、2020年1月からアイスダンスに転向する高橋大輔とのカップル結成がリリースされた。2022年10月26日 - 29日に開催された「ISUチャレンジャーシリーズ・デニステンメモリアルチャレンジ(アルマトイ)」にて念願の1位を獲得。主な成績は2022-23シーズンの「CSデニステンメモリアルチャレンジ」1位、2022-23シーズンの「全日本選手権」1位。同じくフィギュアスケート選手の村元小月は実姉である。2024年6月横浜アリーナにて開催される「氷艶 2024 十字星のキセキ」などに出場する。

村元哉中(むらもとかな)は兵庫県神戸市出身のフィギュアスケート選手(アイスダンス、女子シングル)。マネジメントはユニバーサルスポーツマーケティング(USM)。2015年全日本選手権優勝。2018年平昌オリンピック代表。1998年、5歳でスケートを始める。その後、カナディアン・アカデミーを卒業、関西大学人間健康学部に進学し卒業した。2008-2009シーズンより、国際スケート連盟主催の公式競技会「ISUジュニアグランプリ」に出場、GPゴールデンリンクスで3位入賞した。2014-2015シーズンよりアイスダンスに転向し平昌オリンピックを目指すと宣言。宣言通り、2018年2月19日 - 20日に開催された「2018年平昌オリンピック」(江陵)に出場、15位という結果を残した。また団体戦でも貢献し、2016-2017シーズン「世界国別対抗戦」では団体1位となった。初の国際大会となるタリントロフィーでは4位、全日本選手権では3位に入賞。パートナーはこれまで二度変わっており、クリス・リード、野口博一。2019年9月日本スケート連盟より、2020年1月からアイスダンスに転向する高橋大輔とのカップル結成がリリースされた。2022年10月26日 - 29日に開催された「ISUチャレンジャーシリーズ・デニステンメモリアルチャレンジ(アルマトイ)」にて念願の1位を獲得。主な成績は2022-23シーズンの「CSデニステンメモリアルチャレンジ」1位、2022-23シーズンの「全日本選手権」1位。同じくフィギュアスケート選手の村元小月は実姉である。2024年6月横浜アリーナにて開催される「氷艶 2024 十字星のキセキ」などに出場する。