チケットジャムはチケットのフリマ(売買仲介)です。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

ちゃんみな NHK大阪ホール チケット売買一覧 11/14(木) 19:00

(練馬のビヨンセ)の愛称で若い世代から人気なのが日本女性ラッパーのちゃんみなだ。1998年に韓国で日本人の父親と韓国人の母親の間で生まれたハーフである。母親の影響もあり、3歳からバレエやピアノ、バイオリンを習っていた。3歳の時から歌手としてデビューすることを目指していた。幼少期は、韓国、日本、アメリカを行き来した。小学生のときに、BIGBANGが歌う楽曲(Haru Haru)のミュージカルビデオを見て衝撃を受け、ピアノとバレエを辞めてヒップホップダンスをやることを決意した。小学生時代から作詞を始め、高校時代から作曲を開始した。主に練習は、家やカラオケボックスで行った。ラップは、最初はものまねからスタートした。BIGBANGの曲を練習曲にして、熱中して練習を行っていたらラップパートも全て歌えるようになる。

開催地域

開催地域

開催日時

このイベントのチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 2 人がチケットの出品を待っています!

ちゃんみなについて

ちゃんみなは、韓国で生まれ、日本の東京都練馬区で育った(練馬のビヨンセ)と呼ばれる日本人女性ラッパーである。最初は生まれた国である韓国で活動することを夢見ていたが、高校時代のラッパ仲間から行かないでほしいと説得されて日本で活動していくことを決めた。2016年に発売したデビューシングル(未成年)は、iTunes Storeのヒップホップランキングで1位を獲得した。2017年には、中居正広や柴咲コウなども所属しているJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントからメジャーデビューシングルを発売した。ちゃんみなの凄いところは若くして、ラッパーとしてのスキルが高いことやエネルギッシュなパフォーマンスと美声である。しかし、最も魅力的なことは、日本語、韓国語、英語の3ヶ国語を使い分け、韻をふむことができるラップ技術である。最近では、バラエティー番組にも出演している。大物芸能人にも物怖じしない性格も話題となっている。その性格と圧倒的なラップセンスに同世代の高校生や大学生を中心に人気を集めている。これからのラッパー界を背負っていく人材でもありますし、ラップをさらに人気にさせていく存在である。

関連アーティスト

女性ソロのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right