チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

藤原竜也 チケット売買一覧

藤原竜也は、埼玉県出身の俳優である。スカウトがきっかけで、蜷川幸雄演出の舞台「身毒丸」でデビューを果たした。鬼気迫る演技が話題を呼び、次々と映画やドラマに出演していくことになる。代表作としては「バトルロワイヤル」「カイジ」「デスノート」などがあり、社会現象を呼び起こすような大ヒット作品には欠かすことのできない存在となっている。そして、その大半は壮絶な背景のもとに生きる役が多いと言われているのである。これほどまでに追い詰められるのが似合う俳優というのは、実に稀有である。現代の演劇界を担っている俳優の中でも中心的存在であり、その天才と呼ばれる演技力で今後の活躍にも注目されているのである。

藤原竜也の日程

開催日時

  • 全ての公演
  • 舞台「終わりよければすべてよし」

    keyboard_arrow_up keyboard_arrow_down
    • すべて
    • 21/05/12 (水) 埼玉 18:30 (3)
    • 21/05/13 (木) 埼玉 13:00 (2)
    • 21/05/14 (金) 埼玉 13:00 (2)
    • 21/05/15 (土) 埼玉 13:00 (1)
    • 21/05/15 (土) 埼玉 18:30 (1)
    • 21/05/16 (日) 埼玉 13:00 (1)
    • 21/05/18 (火) 埼玉 13:00 (3)
    • 21/05/19 (水) 埼玉 13:00
    • 21/05/19 (水) 埼玉 18:30 (1)
    • 21/05/20 (木) 埼玉 13:00 (3)
    • 21/05/21 (金) 埼玉 13:00 (2)
    • 21/05/22 (土) 埼玉 13:00
    • 21/05/22 (土) 埼玉 18:30
    • 21/05/23 (日) 埼玉 13:00
    • 21/05/25 (火) 埼玉 13:00 (2)
    • 21/05/26 (水) 埼玉 13:00
    • 21/05/26 (水) 埼玉 18:30 (3)
    • 21/05/27 (木) 埼玉 13:00 (3)
    • 21/05/28 (金) 埼玉 13:00 (1)
    • 21/05/28 (金) 埼玉 18:30 (1)
    • 21/05/29 (土) 埼玉 13:00
    • 21/06/04 (金) 宮城 18:30
    • 21/06/05 (土) 宮城 12:30
    • 21/06/05 (土) 宮城 18:00 (1)
    • 21/06/06 (日) 宮城 12:00
    • 21/06/10 (木) 大阪 17:30
    • 21/06/11 (金) 大阪 13:00 (1)
    • 21/06/12 (土) 大阪 12:00 (2)
    • 21/06/12 (土) 大阪 17:30 (1)
    • 21/06/13 (日) 大阪 13:00 (2)
    • 21/06/18 (金) 愛知 18:30
    • 21/06/19 (土) 愛知 13:00
    • 21/06/19 (土) 愛知 18:30
    • 21/06/20 (日) 愛知 13:00
    • 21/06/26 (土) 佐賀 12:00
    • 21/06/26 (土) 佐賀 17:30 (3)
    • 21/06/27 (日) 佐賀 12:00 (4)
    • 21/06/28 (月) 佐賀 12:00

藤原竜也のチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 303 人がチケットの出品を待っています!
全79件 1 - 50件目
全79件 1 - 50件目

藤原竜也は、埼玉県出身の俳優である。スカウトがきっかけで蜷川幸雄演出の舞台「身毒丸」の主役オーディションを受けることになり、全くの新人ながらグランプリに輝き、若干15歳で俳優デビューを果たした。新人とは思えない迫力の演技力は「天才」とも評され、一躍注目を浴びることになった。蜷川幸雄演出舞台には欠かせない俳優として、確固たる地位を築きあげていくと同時に、深作欣二監督作品「バトルロワイヤル」をはじめ、井上ひさし氏や唐十郎氏などといった、演劇界の巨匠ともいわれる名だたる作家作品にも数多く出演しているのである。藤原竜也といえば、何かに追い詰められては苦しむ役柄であったり、背筋も凍るような悪人であったりと、求められるものは他の俳優とは少し違っているのが稀有な俳優と呼ばれる所以となっている。「カイジ」シリーズでは、借金返済のために命を賭けるゲームをしなければいけない役柄であったが、その役作りのために実際にギャンブル漬けになってみたり、10㎏の減量をするなど、俳優業に対して特に真剣に取り組んでいる。蜷川幸雄氏亡き後、蜷川イズムを継ぐ数少ない俳優として、今後どのような作品を世に送り出していくのか注目である。

関連アーティスト

その他のイベントのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right