チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

クラフトワーク(Kraftwerk) リセールチケット一覧

クラフトワーク(Kraftwerk)のライブ・コンサート

開催地域

開催公演

FUJI ROCK FESTIVAL’24【1日券】

FUJI ROCK FESTIVAL’24【3日通し券】

FUJI ROCK FESTIVAL’24【駐車券 3日通し券】

FUJI ROCK FESTIVAL’24【Under22 1日券】

FUJI ROCK FESTIVAL’24【前2日券】

開催日程

  • クラフトワーク(Kraftwerk)の公演一覧
  • FUJI ROCK FESTIVAL’24【1日券】

    keyboard_arrow_up keyboard_arrow_down

クラフトワーク(Kraftwerk)のチケット

全497件 1 - 50件目
全497件 1 - 50件目
2024-06-25更新

関連アーティスト

グループ・ユニット・バンドのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

FAQ

買い手
Q. クラフトワーク(Kraftwerk)のチケットはどうやって買えますか?

A. チケットの購入をご希望の方は以下のページから購入が可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの購入はこちら

Q. クラフトワーク(Kraftwerk)のチケットを探すにはどうしたらいいですか?

A. ページ上部の検索欄にクラフトワーク(Kraftwerk)と入力いただくと該当の公演を検索できます。

Q. 出品されているクラフトワーク(Kraftwerk)のチケットで売り手に確認したいことがあります。

A. 確認事項がある場合は、コメント機能を使って直接売り手様へご質問ください。

Q. クラフトワーク(Kraftwerk)のチケットの入金期限を延長してください。

A. 申し訳ございませんが、入金期限は延長できかねます。お手数ですがお支払いできるタイミングでの購入をお願いいたします。

Q. クラフトワーク(Kraftwerk)のチケットはいつ受取通知すればいいですか?

A. チケットの発送方法によって異なります。詳しくはこちら

売り手
Q. クラフトワーク(Kraftwerk)のチケットはどうやって売れますか?

A. チケットの譲渡・販売をご希望の方は以下のページから可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの譲渡・販売はこちら

Q. クラフトワーク(Kraftwerk)のチケットの出品の仕方を教えてください。

A. 電話番号認証後、ページ上部の検索欄でアーティスト名を入力してください。詳しくはこちら

Q. 「出品者からの説明」には何を書けばいいですか?

A. 出品のご事情や受け渡し時の条件、発券時の手数料の有無等を書かれる方が多いようです。

Q. クラフトワーク(Kraftwerk)のチケットで誤って発送通知をしてしまいました。どうしたらいいですか?

A. 一度行った発送通知は取り消しができません。買い手様へ事情をご説明の上、実際に発送された際あらためて取引連絡にて発送の旨お伝えください。

クラフトワーク(Kraftwerk)はドイツ出身の音楽グループ。電子音楽やシンセ・ポップといったジャンルとなっており、ラルフ・ヒュッター(ヴォイス、シンセサイザー、キーボード)、フリッツ・ヒルパート(電子ドラム)、ヘニング・シュミッツ、(キーボード、電子ドラム)、ファルク・グリーフェンハーゲン(ビデオオペレーター)の5名で活動している。電子音楽界では名アーティストであり、多くのアーティストに影響を与えた。EDM界のビートルズとも称される。グループにとっての最初の全盛期は1980年代初頭。日本でも発売されたアルバムによって、テクノポップという概念を成立させるのに一役買うことになった。いわゆるMIXなどのクラブミュージックの走りを始めたグループでもあり、EDMのアーティストは大半が影響を受けているとされる。その演奏スタイルも注目であり、ビジュアル的にも3Dメガネを着用するコンサートを催すなど、新しい取り組みも行なっている。この3Dを用いたライブは2013年や2019年に開催された日本公演でも行われた。そして2024年に再び来日しFUJI ROCK FESTIVAL(フジロックフェスティバル)に初出演する。

クラフトワーク(Kraftwerk)はドイツ出身の音楽グループ。電子音楽やシンセ・ポップといったジャンルとなっており、ラルフ・ヒュッター(ヴォイス、シンセサイザー、キーボード)、フリッツ・ヒルパート(電子ドラム)、ヘニング・シュミッツ、(キーボード、電子ドラム)、ファルク・グリーフェンハーゲン(ビデオオペレーター)の5名で活動している。電子音楽界では名アーティストであり、多くのアーティストに影響を与えた。EDM界のビートルズとも称される。グループにとっての最初の全盛期は1980年代初頭。日本でも発売されたアルバムによって、テクノポップという概念を成立させるのに一役買うことになった。いわゆるMIXなどのクラブミュージックの走りを始めたグループでもあり、EDMのアーティストは大半が影響を受けているとされる。その演奏スタイルも注目であり、ビジュアル的にも3Dメガネを着用するコンサートを催すなど、新しい取り組みも行なっている。この3Dを用いたライブは2013年や2019年に開催された日本公演でも行われた。そして2024年に再び来日しFUJI ROCK FESTIVAL(フジロックフェスティバル)に初出演する。