チケットジャムはチケットのフリマ(売買仲介)です。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

ラブ・ネバー・ダイ チケット売買一覧

「ラブ・ネバー・ダイ」は、2010年にイギリス・ロンドンで公演されたミュージカルである。伝説の名作「オペラ座の怪人」の続編であり、イギリスが生んだ大物作曲家・アンドリュー・ロイド・ウェバーが音楽を手掛けたことでも知られている。ロンドンの他、メルボルンやシドニー、コペンハーゲンでも公演されるなど、世界各地で大きな注目を集めた。また2014年には日本公演も行われ、チケットがすぐさま売り切れるほど話題を呼んだ。魅力的なストーリー、壮大な音楽、豪華なキャスト陣など、ラブ・ネバー・ダイには観る者の心を揺さぶる要素が凝縮されている。ミュージカルファンはもちろん、ミュージカルに詳しくない者でも夢中になってしまう舞台、それがラブ・ネバ―・ダイなのである。

ラブ・ネバー・ダイのチケットを出品、リクエストする方はこちらから

アーティストをお気に入りに登録すると、公演が登録された時にメールでお知らせ!

お気に入りに登録
ランキング

人気チケットランキング

ミュージカル「ラブ・ネバー・ダイ」は、世界的な大ヒットとなった名作「オペラ座の怪人」の続編にあたる作品である。主人公・ファントム(怪人)が姿を消してから10年後の世界を描いており、物語の舞台もパリからニューヨークへと変わっている。しかし、音楽を手掛けた作曲家・アンドリュー・ロイド・ウェバーは、ラブ・ネバー・ダイについて「単独の作品」と語っている。確かに形式的にはオペラ座の怪人の続編だが、本質的な部分ではひとつの独立した作品というわけだ。そのためオペラ座の怪人に明るくない人間が観ても十分に楽しめると言える。2010年2月にイギリス・ロンドンでプレビュー公演が開催され、翌月3月から本格的な公演がスタートした。その後もメルボルン公演、シドニー公演、コペンハーゲン公演が行われ、2014年3月には東京の日生劇場で日本公演も行われた。日本公演では、市村正親と鹿賀丈史がファントム役を、濱田めぐみ平原綾香がクリスティーヌ役を務めるなど、豪華なキャスト陣も注目を集めた。ため息が出るほど美しい舞台セット、そんな舞台をさらに華麗に彩るキャスト達、そしてドラマチックで魅惑的なメロディーなど、多くの魅力がミュージカルファンの心を鷲掴みにし、チケットも連日ソールドアウトの大盛況となった。世界各地で高い評価を受けたラブ・ネバー・ダイは、オペラ座の怪人に引けを取らない名作と言えるだろう。

関連アーティスト

その他の演劇・ミュージカルのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right