チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

田代万里生 リセールチケット一覧

田代万里生のライブ・コンサート

開催公演

ミュージカル『モダン・ミリー』全国公演

岩谷時子メモリアルコンサート~Forever~vol.5

Brand New Musical Concert 2024

中川晃教MUSICAL WEEK 2024

開催日程

  • 田代万里生の公演一覧
  • ミュージカル『モダン・ミリー』全国公演

    keyboard_arrow_up keyboard_arrow_down

田代万里生のチケット

全91件 1 - 50件目
全91件 1 - 50件目
2024-06-17更新

田代万里生 の詳細

田代万里生は、長崎県出身の声楽家である。東京藝術大学音楽学部声楽科を卒業している彼は、父親がテノール歌手、母親がピアノ講師といった音楽一家に生まれた。イタリアの著名テノール歌手マリオ=デル・モナコが名前の由来であり、その名の通り天使の歌声を持つ声楽家となったのである。幼い頃から本物の音楽に触れてきた田代万里生は、絶対音感の持ち主である。大学在学中に本格的にオペラデビューを果たすと、その魅力的な歌声を武器に数々の舞台に出演していくことになった。上品で優しさに包まれるような歌声はリリコ・レッジェーロ・テノールと言われる。オペラ、オペレッタを中心として活躍していたが、2009年に「マルグリット」でアルマン役でミュージカルデビューも果たしている。これを皮切りにミュージカル作品にも多数出演しており、「エリザベート」や「ラブ・ネバー・ダイ」など名作に欠かせない存在ともなっているのだ。山崎育三郎も在籍していたソリストグループ「ESCOLTA」のメンバーに満場一致で決定するなど、その実力は他を寄せ付けない。2014年には権威ある賞である菊田一夫演劇賞を受賞するなど、まだまだその活躍の勢いはとどまるところを知らない。

関連アーティスト

その他の演劇・ミュージカルのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

FAQ

買い手
Q. 田代万里生のチケットはどうやって買えますか?

A. チケットの購入をご希望の方は以下のページから購入が可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの購入はこちら

Q. 田代万里生のチケットを探すにはどうしたらいいですか?

A. ページ上部の検索欄に田代万里生と入力いただくと該当の公演を検索できます。

Q. 出品されている田代万里生のチケットで売り手に確認したいことがあります。

A. 確認事項がある場合は、コメント機能を使って直接売り手様へご質問ください。

Q. 田代万里生のチケットの入金期限を延長してください。

A. 申し訳ございませんが、入金期限は延長できかねます。お手数ですがお支払いできるタイミングでの購入をお願いいたします。

Q. 田代万里生のチケットはいつ受取通知すればいいですか?

A. チケットの発送方法によって異なります。詳しくはこちら

売り手
Q. 田代万里生のチケットはどうやって売れますか?

A. チケットの譲渡・販売をご希望の方は以下のページから可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの譲渡・販売はこちら

Q. 田代万里生のチケットの出品の仕方を教えてください。

A. 電話番号認証後、ページ上部の検索欄でアーティスト名を入力してください。詳しくはこちら

Q. 「出品者からの説明」には何を書けばいいですか?

A. 出品のご事情や受け渡し時の条件、発券時の手数料の有無等を書かれる方が多いようです。

Q. 田代万里生のチケットで誤って発送通知をしてしまいました。どうしたらいいですか?

A. 一度行った発送通知は取り消しができません。買い手様へ事情をご説明の上、実際に発送された際あらためて取引連絡にて発送の旨お伝えください。

田代万里生は、長崎県出身の声楽家である。東京藝術大学音楽学部声楽科を卒業しているまさにエリート声楽家である。ピアノ講師であった母の影響で、幼い頃から本物の音楽に触れながら育ってきた。ピアノ・バイオリン・トランペットを習っていたが、15歳からテノール歌手の父の勧めで声楽の世界に入っていった。その頃すでに藤原歌劇団に所属しており、オペラ「マクベス」ではフリーアンス王子役に抜擢されるなど、才能を発揮し始めていた。大学在学中に本格的にオペラデビューを果たすと、その後も「蝶々夫人」や「フィガロの結婚」などといった数多くの名作に出演している。また現在は活動休止しているが、ソリストグループ「エスコルタ(ESCOLTA)」のメンバーでもある。

田代万里生は、長崎県出身の声楽家である。東京藝術大学音楽学部声楽科を卒業しているまさにエリート声楽家である。ピアノ講師であった母の影響で、幼い頃から本物の音楽に触れながら育ってきた。ピアノ・バイオリン・トランペットを習っていたが、15歳からテノール歌手の父の勧めで声楽の世界に入っていった。その頃すでに藤原歌劇団に所属しており、オペラ「マクベス」ではフリーアンス王子役に抜擢されるなど、才能を発揮し始めていた。大学在学中に本格的にオペラデビューを果たすと、その後も「蝶々夫人」や「フィガロの結婚」などといった数多くの名作に出演している。また現在は活動休止しているが、ソリストグループ「エスコルタ(ESCOLTA)」のメンバーでもある。