チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

LUNA SEA(ルナシー) チケット売買一覧

LUNA SEA(ルナシー)のライブ・コンサート

開催公演

LUNA SEA 35th ANNIVERSARY TOUR 2024 ERA TO ERA -EPISODE 1-

LUNA SEA 35th ANNIVERSARY TOUR 2024 ERA TO ERA -EPISODE 2-

SHINJUKU LOFT PRESENTS〜歌舞伎町移転25周年記念〜『プレミアム・ワンマンライブ』

開催日程

  • LUNA SEA(ルナシー)の公演一覧
  • LUNA SEA 35th ANNIVERSARY TOUR 2024 ERA TO ERA -EPISODE 1-

    keyboard_arrow_up keyboard_arrow_down

LUNA SEA(ルナシー)のチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 403 人がチケットの出品を待っています!

LUNA SEA(ルナシー)のチケット

2024-04-12更新

LUNA SEA(ルナシー) の詳細

LUNA SEA(ルナシー)は、5人組のヴィジュアル系ロックバンドで1989年に結成され4年のインディーズ時代を経て、1992年セカンドアルバム「IMEGE」でメジャーデビューをした。メンバーはメンバーはRYUICHI(Vo.)、SUGIZO(Gt./Vn./Chor.)、INORAN (イノラン)(Gt./Chor.)、J(Ba./Chor.)、真矢(Dr./Per.)。LUNA SEAの楽曲はメンバー全員が参加し作り上げられている。そのため作詞作曲は「LUNA SEA」表記されている。90年代のビジュアルシーンをけん引してきた彼らはインディーズ時代からその存在感は際立ったものがあった。彼らは台風や豪雪などでライブが1時間遅れの開演になったり、延期するなどということが度々あり「嵐を呼ぶバンド」と呼ばれた。3thシングル「ROSIER」はロングヒットを記録、4thシングル「TURU BLUE」ではオリコン初登場1位を獲得するなどその人気と地位を確固たるものとした。そんな中、1996年12月活動休止を宣言し1年間の充電期間に入る。1998年の活動再開後もその人気は衰えを知らずヒット曲を生み続けた。しかし2000年LUNA SEAは終幕を宣言。終幕後、メジャーデビュー15周年という節目の2007年、皆既日食の日に行った一夜限り復活ライブはチケットが僅か5分ほどで売り切れるなど人気の衰えを感じさせないものだった。そんな中2010年、本格再起動が発表された。近年ではLUNA SEA主催によるフェス「LUNATIC FEST」を行いヴィジュアルシーンを賑わせている。

関連アーティスト

グループ・ユニット・バンドのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

LUNA SEA(ルナシー) の公演の感想

もっと見る

keyboard_arrow_right
  • 結構近くて良かった

    12/31(日) 22:00 大阪城ホール LUNA SEA DUAL ARENA TOUR 2023
  • いままでのカウントダウンライブで、一番でした!
    チケットゲットできて、良かったです!
    ありがとうございました。

    12/31(日) 22:00 大阪城ホール LUNA SEA DUAL ARENA TOUR 2023
  • 10月に引き続き12月2回目の公演でした!
    どちらも最高の席で大満足でした。多くの感動体験ができたことに感謝です。ありがとうございました。

    12/30(土) 19:00 大阪城ホール LUNA SEA DUAL ARENA TOUR 2023

FAQ

買い手
Q. LUNA SEA(ルナシー)のチケットはどうやって買えますか?

A. チケットの購入をご希望の方は以下のページから購入が可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの購入はこちら

Q. LUNA SEA(ルナシー)のチケットを探すにはどうしたらいいですか?

A. ページ上部の検索欄にLUNA SEA(ルナシー)と入力いただくと該当の公演を検索できます。

Q. 出品されているLUNA SEA(ルナシー)のチケットで売り手に確認したいことがあります。

A. 確認事項がある場合は、コメント機能を使って直接売り手様へご質問ください。

Q. LUNA SEA(ルナシー)のチケットの入金期限を延長してください。

A. 申し訳ございませんが、入金期限は延長できかねます。お手数ですがお支払いできるタイミングでの購入をお願いいたします。

Q. LUNA SEA(ルナシー)のチケットはいつ受取通知すればいいですか?

A. チケットの発送方法によって異なります。詳しくはこちら

売り手
Q. LUNA SEA(ルナシー)のチケットはどうやって売れますか?

A. チケットの譲渡・販売をご希望の方は以下のページから可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの譲渡・販売はこちら

Q. LUNA SEA(ルナシー)のチケットの出品の仕方を教えてください。

A. 電話番号認証後、ページ上部の検索欄でアーティスト名を入力してください。詳しくはこちら

Q. 「出品者からの説明」には何を書けばいいですか?

A. 出品のご事情や受け渡し時の条件、発券時の手数料の有無等を書かれる方が多いようです。

Q. LUNA SEA(ルナシー)のチケットで誤って発送通知をしてしまいました。どうしたらいいですか?

A. 一度行った発送通知は取り消しができません。買い手様へ事情をご説明の上、実際に発送された際あらためて取引連絡にて発送の旨お伝えください。

LUNA SEA(ルナシー)は、1989年結成された5人組のヴィジュアル系ロックバンドで、1992年セカンドアルバム「IMAGE」によってメジャーデビューを果たした。 ラテン語の「LUNA」と英語の「SEA」を合わせて「月と海」という意味のバンド名は、インディーズ時代の「LUNACY(狂気)」をベースに、「月のように変化があって、海のように深く」という想いを込めて名付けた。 メンバーは河村隆一(RYUICHI)(ボーカル)、SUGIZO(ギター/バイオリン/コーラス)、INORAN (イノラン)(ギター/コーラス)、J(ベース/コーラス)、真矢(ドラムス/パーカッション)。 X JAPAN GLAY, ラルク(L’Arc-en-Ciel)などと共に、90年代のビジュアル系ブームをけん引した代表的なバンドの1つである。 彼らの人気はインディーズ時代からカリスマ的なものがあり、メジャーデビュー前にもかかわらず日本青年館でホールワンマンライブを成功させている。 メジャーデビュー後は4thシングル「TRUE BLUE」で、初のオリコンシングルチャート1位を獲得。 その後2000年の終幕を経て、2010年活動を再開。 自身の音楽活動のみならず、音楽フェス「LUNATIC FEST」を開催するなど精力的に活動を行っている。 2024年は結成35周年を迎え、過去最大規模のアニバーサリーライブLUNA SEA 35th ANNIVERSARY TOUR 2024 ERA TO ERA -EPISODE 1--EPISODE 2-の開催が決定。 EPISODE 1は、5月25日の神奈川・相模女子大学グリーンホールから7月14日の沖縄コンベンションセンターまで全16公演。 EPISODE 2は、7月27日の新潟県民会館から9月1日の札幌文化芸術劇場(札幌市民交流プラザ)まで全12公演が行われる。

LUNA SEA(ルナシー)は、1989年結成された5人組のヴィジュアル系ロックバンドで、1992年セカンドアルバム「IMAGE」によってメジャーデビューを果たした。 ラテン語の「LUNA」と英語の「SEA」を合わせて「月と海」という意味のバンド名は、インディーズ時代の「LUNACY(狂気)」をベースに、「月のように変化があって、海のように深く」という想いを込めて名付けた。 メンバーは河村隆一(RYUICHI)(ボーカル)、SUGIZO(ギター/バイオリン/コーラス)、INORAN (イノラン)(ギター/コーラス)、J(ベース/コーラス)、真矢(ドラムス/パーカッション)。 X JAPAN GLAY, ラルク(L’Arc-en-Ciel)などと共に、90年代のビジュアル系ブームをけん引した代表的なバンドの1つである。 彼らの人気はインディーズ時代からカリスマ的なものがあり、メジャーデビュー前にもかかわらず日本青年館でホールワンマンライブを成功させている。 メジャーデビュー後は4thシングル「TRUE BLUE」で、初のオリコンシングルチャート1位を獲得。 その後2000年の終幕を経て、2010年活動を再開。 自身の音楽活動のみならず、音楽フェス「LUNATIC FEST」を開催するなど精力的に活動を行っている。 2024年は結成35周年を迎え、過去最大規模のアニバーサリーライブLUNA SEA 35th ANNIVERSARY TOUR 2024 ERA TO ERA -EPISODE 1--EPISODE 2-の開催が決定。 EPISODE 1は、5月25日の神奈川・相模女子大学グリーンホールから7月14日の沖縄コンベンションセンターまで全16公演。 EPISODE 2は、7月27日の新潟県民会館から9月1日の札幌文化芸術劇場(札幌市民交流プラザ)まで全12公演が行われる。