チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

舞台『オデッサ』 チケット売買一覧

舞台『オデッサ』のライブ・コンサート

開催地域

開催公演

舞台「オデッサ」

開催日程

  • 舞台『オデッサ』の公演一覧
  • 舞台「オデッサ」

    keyboard_arrow_up keyboard_arrow_down

舞台『オデッサ』のチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 29 人がチケットの出品を待っています!

舞台『オデッサ』のチケット

2024-02-26更新

関連アーティスト

その他の演劇・ミュージカルのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

舞台『オデッサ』 の公演の感想

もっと見る

keyboard_arrow_right
  • 席も見やすく、三谷幸喜ワールド全開のとても面白い舞台でした\(^^)/

    02/01(木) 18:00 森ノ宮ピロティホール 舞台「オデッサ」
  • 至近距離2メートルのとてもいいお席を譲っていただき感激でした。
    ありがとうございました。
    また機会がありましたら、宜しくお願い致します。

    01/27(土) 13:30 東京芸術劇場(プレイハウス) 舞台「オデッサ」
  • 今日見てきましたーエマ最高。
    皆さんホント最高でした。
    舞台にはこの3名だけ。笑えるわ、よく出来てるわ、
    英語でも日本語でも楽しめる。
    東京公演は28日までなので皆さん是非!
    Thank you so much love!!

    01/23(火) 14:30 東京芸術劇場(プレイハウス) 舞台「オデッサ」

FAQ

買い手
Q. 舞台『オデッサ』のチケットはどうやって買えますか?

A. チケットの購入をご希望の方は以下のページから購入が可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの購入はこちら

Q. 舞台『オデッサ』のチケットを探すにはどうしたらいいですか?

A. ページ上部の検索欄に舞台『オデッサ』と入力いただくと該当の公演を検索できます。

Q. 出品されている舞台『オデッサ』のチケットで売り手に確認したいことがあります。

A. 確認事項がある場合は、コメント機能を使って直接売り手様へご質問ください。

Q. 舞台『オデッサ』のチケットの入金期限を延長してください。

A. 申し訳ございませんが、入金期限は延長できかねます。お手数ですがお支払いできるタイミングでの購入をお願いいたします。

Q. 舞台『オデッサ』のチケットはいつ受取通知すればいいですか?

A. チケットの発送方法によって異なります。詳しくはこちら

売り手
Q. 舞台『オデッサ』のチケットはどうやって売れますか?

A. チケットの譲渡・販売をご希望の方は以下のページから可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの譲渡・販売はこちら

Q. 舞台『オデッサ』のチケットの出品の仕方を教えてください。

A. 電話番号認証後、ページ上部の検索欄でアーティスト名を入力してください。詳しくはこちら

Q. 「出品者からの説明」には何を書けばいいですか?

A. 出品のご事情や受け渡し時の条件、発券時の手数料の有無等を書かれる方が多いようです。

Q. 舞台『オデッサ』のチケットで誤って発送通知をしてしまいました。どうしたらいいですか?

A. 一度行った発送通知は取り消しができません。買い手様へ事情をご説明の上、実際に発送された際あらためて取引連絡にて発送の旨お伝えください。

舞台『オデッサ』は、三谷幸喜が作・演出を手掛ける舞台。出演者はミュージカル界での活躍が目覚ましい柿澤勇人宮澤エマ、俳優として活躍し三谷幸喜作品にも何度も登場している迫田孝也の3名。 舞台となるのは、アメリカ、テキサス州オデッサ。1人の日本人旅行客が殺人事件の容疑で勾留される。捜査に当たった警官は日本語が話せないため日本人青年が通訳となる。3人が密室で繰り広げる言葉のバトルを、言葉の魔術師・三谷幸喜が巧みな台本で魅せる。三谷幸喜自身は、今作を「テーマは言語」と語っているため、言葉のやり取りから生まれる面白さを楽しめる作品となることが予想できる。公演は2024年1月〜3月で、東京、大阪、福岡、宮城、愛知にて公演予定。

舞台『オデッサ』は、三谷幸喜が作・演出を手掛ける舞台。出演者はミュージカル界での活躍が目覚ましい柿澤勇人宮澤エマ、俳優として活躍し三谷幸喜作品にも何度も登場している迫田孝也の3名。 舞台となるのは、アメリカ、テキサス州オデッサ。1人の日本人旅行客が殺人事件の容疑で勾留される。捜査に当たった警官は日本語が話せないため日本人青年が通訳となる。3人が密室で繰り広げる言葉のバトルを、言葉の魔術師・三谷幸喜が巧みな台本で魅せる。三谷幸喜自身は、今作を「テーマは言語」と語っているため、言葉のやり取りから生まれる面白さを楽しめる作品となることが予想できる。公演は2024年1月〜3月で、東京、大阪、福岡、宮城、愛知にて公演予定。