チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

劇団新感線 チケット売買一覧

劇団☆新感線とは、日本の劇団であり、1980年に大阪芸術大学の4回生のメンバーを中心に旗揚げされた。主宰はいのうえひでのりで、作家・演出も担当している。俳優には古田新太、橋本じゅん、高田聖子、粟根まことなどが在籍し、過去には渡辺いっけい、筧利夫なども所属していた。公園は2000年から毎年行われ、過去にはダウンタウン生田斗真小栗旬など大物も出演した経験がある。なお、2019年は劇団☆新感線が39周年を迎え、「39(サンキュー)興行」と題して春公演、夏秋公演が開催された。

劇団新感線のチケットを出品、リクエストする方はこちらから

アーティストをお気に入りに登録すると、新着の演劇・ミュージカルが登録された時にメールでお知らせ!

お気に入りに登録

劇団☆新感線は、日本の劇団であり、映画やテレビドラマでも活躍する古田新太、橋本じゅんなどが所属している。過去には渡辺いっけい、筧利夫といった俳優も在籍していた。現在、演出を務めるのは作家でもある、いのうえひでのり。クリエーターは1985年より劇団に加わった中島かずきが担当。中島はコミック原作やアニメの脚本などを担当し、各所で幅広い活躍を見せている。公演は2000年から毎年行われ、数々の大物俳優・女優・お笑い芸人などを招き、催されてきた。2018年は、天海祐希、福祉誠治らを招き『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』が開催。また、宮藤官九郎が作家を担当し、劇団☆新感線プレゼンツで『メタルマクベス』のライブビューイングも行われる。360°回転劇場で尾上松也、大原櫻子なども出演し、日本全国各地の劇場で上映される。『ゲキ×シネ』と題して舞台公演を映画館で上映する取り組みも実施しており、上記の『メタルマクベス』はこれに該当する。公演はゲキ×シネ撮影を前提に作られており、デジタル録画・編集の後に映画館で上映される。2017年春にオープンされた東京・豊洲の新劇場「IHIステージアラウンド東京」ではこけら落としを任され、「髑髏城の七人」を1年3カ月にわたるロングラン公演を実施。「花」「鳥」「風」「月」の4シーズンに分かれ、全く違ったアプローチから作品を展開。小栗旬、山本耕史、りょうなどが出演している。2018年からは「メタルマクベス」シリーズの上演が始まり、新しい試みが話題となっている。

みんなで編集!チケWIKIページへ行く

関連アーティスト

その他の演劇・ミュージカルのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

劇団新感線 過去のチケット

ランキング

その他の演劇・ミュージカル人気演劇・ミュージカルランキング