チケットジャムはチケットのフリマ(売買仲介)です。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

アジカン (ASIAN KUNG-FU GENERATION) MANIC STREET PREACHERES THIS IS MY TRUTH TELL ME YOURS 20th Anniversary Tour and More チケット売買一覧 09/26(木) 19:00 Zepp DiverCity(ダイバーシティ東京)

ASIAN KUNG-FU GENERATION(通称:アジカン)は、日本のロックバンドである。メンバーは、後藤正文 (Gotch)、喜多建介、山田貴洋、伊地知潔の4人である。1996年、大学の音楽サークルにて後藤、喜多、山田の3人で結成され、のちに伊知地が加入。校内、地元横浜を中心にライブを行なっていた。2002年にリリースされたミニアルバム「崩壊アンプリファー」が2003年に再発売され、メジャーデビュー。2004年に「NANO-MUGEN FES」を武道館で開催する。2012年には初のベスト・アルバム「BEST HIT AKG」をリリースした。2013年、2015年にはイギリス、フランス、ドイツにて、「ASIAN KUNG-FU GENERATION 2013 European Tour」を開催。2017年にはアメリカ、ブラジルなどでもコンサートを行った。高い音楽性もさることながら、メンバーの後藤が小説を執筆、伊地知が料理本を発売するなど、その活動は多岐にわたっている。

開催地域

開催地域

開催日時

このイベントのチケットを出品、リクエストする方はこちらから

アジカン (ASIAN KUNG-FU GENERATION)について

アジカン (ASIAN KUNG-FU GENERATION)は、1996年に結成された4人からなるロックバンド、大学の音楽サークルの中で結成された。通称アジカン。2016年で結成20周年を迎えた。メンバー構成は、後藤正文 (ボーカル/ギター)、喜多健介(ギター/ボーカル)、山田貴洋(ベース/ボーカル)、伊地知潔(ドラム)。代表曲『リライト』、『ソラニン』は、誰もが1度は耳にしたことがある国民的名曲である。重厚なギターサウンド、エモーショナルな歌詞、そして何よりシンプルで力強いメロディ、この3つが今のアジカン (ASIAN KUNG-FU GENERATION)をモンスターバンドたらしめている要素ではないだろうか。数々の海外公演、20周年を記念した『ASIAN KANG-FU GENERATION 20th Anniversary Live』なども大成功させた。現在日本を代表するロックバンドの1つであるのは間違いない。今後も邦楽ロックシーンを牽引する彼らから目が話せない。 ASIAN KUNG-FU GENERATION(通称:アジカン)は、日本の男性4人組ロックバンドである。メンバーは、ボーカルでギター担当の後藤正文、リーダー、ギター、ボーカル担当の喜多建介、ベース、ボーカル担当の山田貴洋、ドラムス担当の伊地知潔の4人である。1996年、関東学院大学の軽音楽サークルにて後藤、喜多、山田の3人で結成され、のちにドラマーの伊知地が加入。全英語詩によるオリジナル曲を歌い、校内、地元横浜を中心にライブを行なっていた。2002年にリリースされたミニアルバム「崩壊アンプリファー」が2003年に再発売され、メジャーデビュー。2004年には、2ndアルバム「ソルファ」をリリースし、オリコン初登場1位を獲得。同年には「NANO-MUGEN FES」を武道館で開催する。2012年には初のベスト・アルバム「BEST HIT AKG」をリリースした。バンドの人気は日本だけにとどまらず、2013年、2015年にはイギリス、フランス、ドイツにて、「ASIAN KUNG-FU GENERATION 2013 European Tour」を開催。2017年にはアメリカ、ブラジルなどでもコンサートを行った。メジャーデビュー後は、インディーズ時代とは打って変わり、ほとんど日本語で、抽象度の高い歌詞を歌っているのが特徴である。また、楽曲の歌詞は情景描写と心理描写を巧みに駆使している。高い音楽性もさることながら、メンバーの後藤が小説を執筆、伊地知が料理本を発売するなど、その活動は多岐にわたっている。

関連アーティスト

グループ・ユニット・バンドのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right