チケットジャムはチケットのフリマ(売買仲介)です。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

Chara チケット売買一覧

Charaは、1991年9月にシングル「Heaven」でデビューした女性シンガーソングライターである。子どもでもない、大人でもない独特な歌声が話題となり、デビュー翌年には日本レコード大賞アルバム・ニューアーティスト賞を受賞している。歌手として活動している中、映画監督の岩井俊二からのオファーで女優として映画「PiCNiC」に出演を果たした。そして、同じく岩井俊二監督映画「スワロウテイル」の中でChara自身が演じたバンドYEN TOWN BANDの楽曲「Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜」が大ヒットし、一気に知名度を上げた。その後、一旦インディーズでの活動を経て、2006年より再びメジャーの舞台に戻っている。彼女から発信される楽曲は、女性の心の中にある「女」を絶妙に表現しており、世代を超えてもなお、愛され続けている。

開催地域

開催地域

開催日時

Charaのチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 1 人がチケットの出品を待っています!

Charaは、1991年9月にシングル「Heaven」でデビューした女性シンガーソングライターである。子どもでもない、大人でもない独特な歌声が話題となり、デビュー翌年には日本レコード大賞アルバム・ニューアーティスト賞を受賞している。歌手として活動している中、映画監督の岩井俊二からのオファーで女優として映画「PiCNiC」に出演を果たした。そして、同じく岩井俊二監督映画「スワロウテイル」の中でChara自身が演じたバンドYEN TOWN BANDの楽曲「Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜」が大ヒットし、一気に知名度を上げた。その後、一旦インディーズでの活動を経て、2006年より再びメジャーの舞台に戻っている。彼女から発信される楽曲は、女性の心の中にある「女」を絶妙に表現しており、世代を超えてもなお、愛され続けている。

Charaについて

Charaは、1968年生まれ埼玉県出身のシンガーソングライターである。幼い頃からピアノを弾き始め、作曲もこなし音楽の才能を開花させていた。Charaというのは、当時のあだ名であり、本名は非公表としている。19歳の時、失恋がきっかけで歌を歌い始め、1991年に「Heaven」でメジャーデビューを果たした。彼女の歌声は甘くせつない独特の雰囲気があり、そこから生み出される愛の世界観が魅力である。「職業は『女』と書きたい」というChara自身の言葉が表すように、彼女はデビュー以来、一貫して「愛」を歌い続けているのである。岩井俊二監督の映画「スワロウテイル」の中でCharaが演じたYEN TOWN BANDの楽曲「Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜」が大ヒットを記録すると、たちまち注目を浴びていった。この曲は、発表から20年経ってもCMで使われるなど、今でも少しも色褪せていないのである。結婚、出産、離婚を経験するという紆余曲折の人生であるが、けして彼女は後ろ向きではなく、愛に生きている日々を音楽で表現している。50歳を超えているとは思えないほど幼さ残る彼女の魅力や、同業者からも嫉妬される才能は健在である。2015年秋にはYEN TOWN BANDを復活させており、またどんな世界を見せてくれるのか期待が高まっている。

Chara のメンバー

Chara

Chara の由来

ニックネームの由来は、当時発売された粗挽きソーセージの「あらびき」とcharaの旧姓の語感が似ていたために「粗挽き」と呼ばれるようになったことが始まりで、「チャラびき」に変化した後、学校の先生に「チャラ」と呼ばれそれが定着し今日に至っている。

Chara のスタイル

J-POP
ソウル
R&B
オルタナティブ・ロック

Chara の受賞歴

多くの賞を受賞している

1997 - ・1997年9月21日「Junior Sweet」オリコン週間ランキング最高1位

2000 - ・2000年11月1日発売の「Caramel Milk 〜THE BEST OF CHARA〜」オリコン週間ランキング最高2位

2007 - ・2007年2月28日発売のアルバム「UNION」オリコン週間ランキング最高4位

Chara の影響を受けたアーティスト

ダイアナロス(Diana Ross), プリンス

Chara の参考サイト

https://ja.wikipedia.org/wiki/CHARA

関連アーティスト

女性ソロのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right