チケットジャムはチケットのフリマ(売買仲介)です。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

Hey!Say!JUMP Hey! Say! JUMP DOME TOUR 2019-2020 チケット売買一覧 01/13(月) 16:00 福岡 ヤフオク!ドーム

Hey!Say!JUMPは、薮宏太髙木雄也伊野尾慧八乙女光有岡大貴岡本圭人(米留学の為、2018年8月より活動休止中)、山田涼介中島裕翔知念侑李からなる9人組のジャニーズアイドルグループである。2007年11月、シングル「Ultra Music Power」でメジャーデビュー。同年12月には、初の単独コンサートを東京ドームで開催し、公演最年少記録を樹立した。メンバー間の仲の良さや、互いに個性を生かし合う調和力で、幅広い年代層のファンから愛されている。振付けの覚えやすい楽曲が多く、コンサートではファンも一体となって盛り上がることができることも大きな魅力の一つだ。2019年11月29日からは、ニューアルバム「PARADE」をひっさげ、京セラドーム大阪を皮切りに、コンサート「Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2019-2020 PARADE」が開催される。

全166件 1 - 25件目
全166件 1 - 25件目

開催地域

開催日時

このイベントのチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 288 人がチケットの出品を待っています!

関連アーティスト

ジャニーズ(コンサート)のアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

Hey!Say!JUMPは、薮宏太髙木雄也伊野尾慧八乙女光有岡大貴岡本圭人(米留学の為、2018年8月より活動休止中)、山田涼介中島裕翔知念侑李からなる9人組のジャニーズアイドルグループである。2007年11月、シングル「Ultra Music Power」でメジャーデビュー。同年12月には、初の単独コンサートを東京ドームで開催し、公演最年少記録を樹立した。メンバー間の仲の良さや、互いに個性を生かし合う調和力で、幅広い年代層のファンから愛されている。振付けの覚えやすい楽曲が多く、コンサートではファンも一体となって盛り上がることができることも大きな魅力の一つだ。2019年11月29日からは、ニューアルバム「PARADE」をひっさげ、京セラドーム大阪を皮切りに、コンサート「Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2019-2020 PARADE」が開催される。

Hey!Say!JUMPについて

Hey!Say!JUMPは、2007年9月に結成されたジャニーズアイドルグループである。メンバーは、山田涼介知念侑李中島裕翔岡本圭人(米留学の為、2018年8月より活動休止中)、有岡大貴髙木雄也伊野尾慧八乙女光薮宏太の9人組。2007年11月、シングル「Ultra Music Power」でメジャーデビュー。デビュー作からこれまでにリリースした、シングル25枚、アルバム8枚は、全てオリコンチャート1位を獲得している。2007年12月には、グループ初の単独コンサートをいきなり東京ドームで開催し、話題となる。ジャニーズJr. (ジャニーズジュニア)時代から、すでに多くの人気を集めていたメンバーゆえ、期待とプレッシャーが大きくのしかかってしまっていたが、メンバー間の絆と意志の強さで乗り越えたことで、さらに魅力がアップ。現在では、グループでの活動はもちろん、それぞれが豊かな個性を発揮し、ドラマや映画、舞台、バラエティー番組などで大いなる活躍を見せており、老若男女問わず愛されるグループへと成長している。2019年11月29日からは、「Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2019-2020 PARADE」を開催。京セラドーム大阪を皮切りに、愛知・ナゴヤドーム、東京・東京ドーム、福岡・福岡 ヤフオク!ドームをまわる全13公演のドームツアーで、輝きに満ちた熱いステージを届ける。

Hey!Say!JUMP のメンバー

Hey!Say!JUMPのメンバー一覧

山田涼介 - 1993年5月9日生まれ、東京都出身のB型、イメージカラーは赤。ソロ曲はオリコン週間ランキングで見事1位を獲得した「ミステリーヴァージン」をはじめ「Moonlight」「アジアの夜」など人気曲ばかりである。ドラマ「探偵学園Q」で俳優としての知名度を上げ、その後も「理想の息子」「金田一少年の事件簿」「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」や映画「暗殺教室」「グラスホッパー」「ナミヤ雑貨店の奇蹟」「鋼の錬金術師」など数々の人気作に出演。日本アカデミー賞の新人俳優賞に輝くなど実力は折り紙付きである。ハリウッド映画「スマーフ」では主人公の吹き替えを担当し声優デビューも果たしている。

知念侑李 - 1993年11月30日生まれ、静岡県出身のAB型、イメージカラーはピンク。父親はバルセロナオリンピックで団体銅メダルに輝いた体操選手であり、母親はジャズダンスの講師である。両親から受け継いだ身体能力の高さとセンスから、ダンスだけでなく空中ブランコなど様々なことを器用にこなす。2004年「NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE」で映画初主演を果たし、同年ドラマ「七子と七生 〜姉と弟になれる日〜」で初主演にして文化庁芸術祭優秀賞を受賞した。その後もドラマ「先生はエライっ!」「スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜」「スプラウト」や映画「金メダル男」「坂道のアポロン」など数多くの作品で主演を務め、俳優としても注目されている。

中島裕翔 - 1993年8月10日生まれ、東京都出身のA型、イメージカラーは水色。ドラマ「半沢直樹」「水球ヤンキース」「HOPE〜期待ゼロの新入社員〜」や映画「ピンクとグレー」「僕らのごはんは明日で待ってる」など数々の人気作に出演し、俳優としての知名度も上げている。身近にいそうなリアリティのある演技をするため、どんな作品にも馴染むことができる。しかし埋もれることなくしっかりと印象は残していく。まさに彼の高い演技力がなせる唯一無二の武器である。また高身長を活かしファッション誌「MEN’S NON-NO」でレギュラーモデルとしても活躍している。「FINEBOYS」で専属モデルを務めたこともありジャニーズモデルという新たな道を切り開いた。

岡本圭人 - 1993年4月1日生まれ、東京都出身のO型、イメージカラーは緑。。父親は元男闘呼組の岡本健一。「3年B組金八先生ファイナル」で俳優デビューを果たし、その後も「ファーストクラス」で主演を務めるなど俳優業にも注力している。5年間のイギリス留学に加え、帰国後もインターナショナルスクールに通っていたため、英語がネイティブ並みに堪能である。2018年にはアメリカの二年制演劇学校「アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ」ニューヨーク校に2年間留学し、演技と音楽を学ぶ。

有岡大貴 - 1991年4月15日生まれ、千葉県出身のA型、イメージカラーはオレンジ。ソロ曲は「君と僕のフューチャー」で、「RELOAD」「UNION」では作詞を手掛けている。ドラマ「金田一少年の事件簿」「コード・ブルー」「孤食ロボット」など数々の人気作に出演し俳優としても注目されている。情報・バラエティ番組「ヒルナンデス」では、トンチンカンな食レポに代表される天然さと人懐っこい笑顔から主婦層を中心に人気を博しており、天真爛漫なバラエティ担当の姿とアイドルとしてのかっこいい姿とのギャップは、ファンの心をつかんで離さない。

高木雄也 - 1990年3月26日生まれ、大阪府出身のO型、イメージカラーは紫。ドラマ「しゃばけ」「ごくせん第3シリーズ」「私立バカレア高校」など数々の作品に出演し、俳優としても活躍している。代表曲は、ごくせんの挿入歌に起用された「俺たちの青春」や「蜘蛛の糸」。ドラマの影響からチャラいヤンキーのイメージが強いかもしれないが、メンバーの前では無邪気なかわいらしい笑顔で素直に甘えることも多々ある。冠バラエティ番組「いただきハイジャンプ」ではオネェやヘタレ、リアクション王としていじられており、いい意味でキャラの使い分けができている。

伊野尾慧 - 1990年6月22日生まれ、埼玉県出身のA型、イメージカラーは青。明治大学理工学部建築学科卒のインテリでありながら、適当な発言をするため「ジャニーズの高田純次」と称される。しかし適当発言はその場を和ませ周囲の笑いを誘うため彼の武器でもある。どこか掴みどころがなくミステリアスな印象だが、その謎さも彼の魅力の1つでありハマる人が多い。2016年に「めざましテレビ」や「メレンゲの気持ち」でMCに、映画「ピーチガール」では主演に抜擢されるなど瞬く間に人気となった。そのブレイクぶりはファンの間で「伊野尾革命」と呼ばれ、Twitterでトレンド入りするほど話題となった。

八乙女光 - 1990年12月2日生まれ、宮城県出身のO型、イメージカラーは黄色。第8回日刊スポーツドラマグランプリ最優秀新人賞を受賞した「3年B組金八先生」をはじめ「オルトロスの犬」「ダークシステム 恋の王座決定戦」「身勝手で嫉妬深く、人の恋路を邪魔するもてない男」「美男ですね」など数々の作品に出演しており、ベテラン俳優からも称賛されるほど抜群の演技力を誇っている。「ヒルナンデス!」ではモノマネを披露したりボケてみたり三枚目なイメージで定着しているが、ベーシスト、アイドルとして活躍するときはまた違う顔を見せる。また作詞作曲も手掛けており、言葉選びのセンスは圧巻である。

薮宏太 - 1990年1月31日生まれ、神奈川県生まれのA型、イメージカラーは黄緑。Hey! Say! JUMPとしてデビューする前は「Ya-Ya-yah」として活動していた。「Ya-Ya-yah」はJr.ユニットでありながら、CDデビューや冠番組、単独コンサートまで行っていた伝説のグループである。「3年B組金八先生」をはじめ「任侠ヘルパー」「ホワイト・ラボ〜警視庁特別科学捜査班〜」「ウチの夫は仕事ができない」など数々の人気作に出演し、俳優としても注目されている。また「スクール革命」「切なさ、ひきかえに」「Score」など数多くの作詞を手掛けており、音楽の才能も持ち合わせている。

Hey!Say!JUMPについて詳しく見る