チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

ホリエアツシ(ストレイテナー) チケット売買一覧

ホリエアツシ(ストレイテナー)のライブ・コンサート

開催地域

開催公演

スペプラ手越LIVE ~Music Concept~

銀杏BOYZ「世界ツアー弾き語り23-24 ボーイ・ミーツ・ガール Boi Meets Girrrl」

BONE WEEK WONDER'24

YOKOHAMA MUSIC STYLE Vol.4 -Guitar Trade Show-

四絃一撥ノ巻2024

開催日程

  • ホリエアツシ(ストレイテナー)の公演一覧
  • スペプラ手越LIVE ~Music Concept~

    keyboard_arrow_up keyboard_arrow_down

ホリエアツシ(ストレイテナー)のチケット

2024-05-26更新

関連アーティスト

グループ・ユニット・バンドのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

FAQ

買い手
Q. ホリエアツシ(ストレイテナー)のチケットはどうやって買えますか?

A. チケットの購入をご希望の方は以下のページから購入が可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの購入はこちら

Q. ホリエアツシ(ストレイテナー)のチケットを探すにはどうしたらいいですか?

A. ページ上部の検索欄にホリエアツシ(ストレイテナー)と入力いただくと該当の公演を検索できます。

Q. 出品されているホリエアツシ(ストレイテナー)のチケットで売り手に確認したいことがあります。

A. 確認事項がある場合は、コメント機能を使って直接売り手様へご質問ください。

Q. ホリエアツシ(ストレイテナー)のチケットの入金期限を延長してください。

A. 申し訳ございませんが、入金期限は延長できかねます。お手数ですがお支払いできるタイミングでの購入をお願いいたします。

Q. ホリエアツシ(ストレイテナー)のチケットはいつ受取通知すればいいですか?

A. チケットの発送方法によって異なります。詳しくはこちら

売り手
Q. ホリエアツシ(ストレイテナー)のチケットはどうやって売れますか?

A. チケットの譲渡・販売をご希望の方は以下のページから可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの譲渡・販売はこちら

Q. ホリエアツシ(ストレイテナー)のチケットの出品の仕方を教えてください。

A. 電話番号認証後、ページ上部の検索欄でアーティスト名を入力してください。詳しくはこちら

Q. 「出品者からの説明」には何を書けばいいですか?

A. 出品のご事情や受け渡し時の条件、発券時の手数料の有無等を書かれる方が多いようです。

Q. ホリエアツシ(ストレイテナー)のチケットで誤って発送通知をしてしまいました。どうしたらいいですか?

A. 一度行った発送通知は取り消しができません。買い手様へ事情をご説明の上、実際に発送された際あらためて取引連絡にて発送の旨お伝えください。

ホリエアツシ(ストレイテナー)は、1978年生まれの長崎県出身のミュージシャン・ボーカリストである。血液型はO型。ロックバンド「ストレイテナー」にて、ボーカル・ギターと、ほぼ全ての作詞と作曲を担当。「ストレイテナー」は1998年に結成し、2003年10月にSingle「TRAVELING GARGOYLE」でメジャーデビューを果たす。FUJI ROCK FESTIVALやROCK IN JAPAN FESTIVALなどの、大型フェスにも多数出演。2009年より、ソロとして「ent」名義で活動をスタートした。2009年2月に1st Album「Welcome Stranger」をリリースしている。2019年1月には、千葉の幕張メッセイベントホールでワンマンライブを開催。楽曲の幅が広い多彩なメロディーメーカーとして評価が高く、「アジカン (ASIAN KUNG-FU GENERATION)」など若手からベテランまで多くのロックバンドが、ホリエアツシによる楽曲を多数カバーしている。2018年に行われたファン投票では、1位に「REMINDER」、2位に「シーグラス」、3位に「彩雲」が選ばれた。結成20年以上を迎えたストレイテナー及びホリエアツシの今後の活躍に期待したい。

ホリエアツシ(ストレイテナー)は、1978年生まれの長崎県出身のミュージシャン・ボーカリストである。血液型はO型。ロックバンド「ストレイテナー」にて、ボーカル・ギターと、ほぼ全ての作詞と作曲を担当。「ストレイテナー」は1998年に結成し、2003年10月にSingle「TRAVELING GARGOYLE」でメジャーデビューを果たす。FUJI ROCK FESTIVALやROCK IN JAPAN FESTIVALなどの、大型フェスにも多数出演。2009年より、ソロとして「ent」名義で活動をスタートした。2009年2月に1st Album「Welcome Stranger」をリリースしている。2019年1月には、千葉の幕張メッセイベントホールでワンマンライブを開催。楽曲の幅が広い多彩なメロディーメーカーとして評価が高く、「アジカン (ASIAN KUNG-FU GENERATION)」など若手からベテランまで多くのロックバンドが、ホリエアツシによる楽曲を多数カバーしている。2018年に行われたファン投票では、1位に「REMINDER」、2位に「シーグラス」、3位に「彩雲」が選ばれた。結成20年以上を迎えたストレイテナー及びホリエアツシの今後の活躍に期待したい。