チケットジャムはチケットのフリマ(売買仲介)です。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

岩崎宏美 チケット売買一覧

岩崎宏美は、1970年代にアイドルとして活躍した歌手である。同じくアイドル歌手として知られる岩崎良美は実妹。オーディション番組「スター誕生!」への出演がキッカケで歌手デビューを飾り、2枚目のシングル「ロマンス」が瞬く間に大ヒット。同曲でNHK紅白歌合戦に初出場し、紅組のトップバッターとして、お茶の間に美しい歌声を届けた。のびやかさや包容力が感じられる歌声は、まさに「天まで響け」というデビュー当時のキャッチコピーにピッタリだ。1970年代に活躍したアイドルを語るうえで、彼女の存在は外せないと言えるだろう。また火曜サスペンス劇場の主題歌となった「聖母たちのララバイ」も大ヒットを記録、累計130万枚という驚異的な数字を叩き出した。さらにドラマ出演やミュージカル出演など幅広く活躍し、歌手以外の分野でも才能を放っている。

開催地域

開催日時

岩崎宏美のチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 1 人がチケットの出品を待っています!
ランキング

人気チケットランキング

関連アーティスト

女性ソロのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

岩崎宏美は、1970年代にアイドルとして活躍した歌手である。同じくアイドル歌手として知られる岩崎良美は実妹。オーディション番組「スター誕生!」への出演がキッカケで歌手デビューを飾り、2枚目のシングル「ロマンス」が瞬く間に大ヒット。同曲でNHK紅白歌合戦に初出場し、紅組のトップバッターとして、お茶の間に美しい歌声を届けた。のびやかさや包容力が感じられる歌声は、まさに「天まで響け」というデビュー当時のキャッチコピーにピッタリだ。1970年代に活躍したアイドルを語るうえで、彼女の存在は外せないと言えるだろう。また火曜サスペンス劇場の主題歌となった「聖母たちのララバイ」も大ヒットを記録、累計130万枚という驚異的な数字を叩き出した。さらにドラマ出演やミュージカル出演など幅広く活躍し、歌手以外の分野でも才能を放っている。

岩崎宏美について

1974年、岩崎宏美は「森昌子さんのようになりたい」という理由から、オーディション番組「スター誕生」に応募。最優秀賞の座を勝ち取り、1975年に「二重唱 (デュエット)」で歌手デビューを果たした。また、同じくアイドル歌手として活躍した岩崎良美は実妹であり、なんでも姉の活躍ぶりを見て歌手への憧れを強めたという。岩崎宏美の人気度がグッと高まった作品といえば、1975年にリリースされた2作目のシングル「ロマンス」だろう。岩崎宏美は同曲で数々の新人賞を総なめにし、NHK紅白歌合戦にも初出場。紅組のトップバッターとして紅白を盛り上げ、お茶の間を大いに沸かせた。岩崎宏美の歌声は非常にのびやかで澄んでおり、包み込むような大きさ・温かさも感じられる。また清楚なルックスも、アイドルとしての人気に拍車をかけたと言えるだろう。「ヒロリン」という愛称で親しまれた彼女は、1970年代を代表するアイドルとして多くのファンを虜にした。そして1981年から1987年にかけて、火曜サスペンス劇場の主題歌も担当。6年間の中で5曲が主題歌として起用された。中でも「聖母たちのララバイ」は話題を呼び、累計130万枚という驚異的な売り上げを記録した。またドラマやミュージカルなど、音楽以外の分野でも活躍。彼女の豊かな才能は、もはやとどまることを知らない。