チケットジャムはチケットのフリマ(売買仲介)です。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

ジャニーズJr. (ジャニーズジュニア) 日生劇場 チケット売買一覧

ジャニーズJr.(ジャニーズジュニア)は、ジャニーズ事務所所属のタレントのうち公式サイトで単独ページを持たない者やCDデビューしていない者の総称である。主に先輩グループのバックダンサーを務めている。ただ「ザ少年俱楽部」や「ジャニーズJr.祭り」など彼らが主役になることもある。そのため音源化されていないJr.全体のオリジナル曲も多数存在する。代表曲は「Can do! Can go!」や「keep on」である。どちらも未公開音源にしておくにはもったいないほど楽しく盛り上がれる曲調である。背が小さくかわいらしい高い声の時代から背も伸び渋い声の男性になるまで母親のような視点で応援できるのもジャニーズJr.の魅力の1つではないだろうか。デビューという大きな夢にむかって日々成長する彼らを見守るのも楽しみの一つである。

開催地域

開催日時

このイベントのチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 2758 人がチケットの出品を待っています!

ジャニーズJr. (ジャニーズジュニア)について

ジャニーズJrは、ジャニーズ事務所のタレントで、まだCDデビューやドラマなどに出演しておらず、表舞台に出ていない者たちを指す総称である。 TOKIOや嵐、V6といった現在活躍するジャニーズのトップグループのメンバーも、元々は個人でジャニーズJrとしてレッスンを重ねていた。一方で、ジャニーズJrでありながら、俳優業へ進んでいくタレントはグループデビューをしなくとも、ドラマでの実績を積めば、ジャニーズJrと呼ばれることはなくなる。風間俊介や生田斗真らがこれに該当する。 ジャニーズJrはグループデビューをしていない者たちの活動でありながら、1980年代頃からはジャニーズJrとして芸能活動を行うことが増加。そこから、2000年代初頭までジャニーズJrの人気は上昇し、当時は滝沢秀明(現タッキー&翼)や渋谷すばる(元関ジャニ∞)などが中心となり、ジャニーズJrだけの番組が放送されたり、3大ドームでコンサートを行うほどの人気を博していた。なお、その人気から関西ジャニーズJrや名古屋ジャニーズJrが誕生している。 また、ジャニーズJr内ですでにグループもあり、「Snow Man」や「Travis Japan」などがこれに当たる。舞台やコンサートなどに出演し、オリジナル曲もすでに持っているが、CDデビューがまだのため、ジャニーズJrという扱いになる。 ジャニーズJrとしてのコンサートは今でも行われており、2017年、2018年の春先には「ジャニーズJr祭り」と題して横浜アリーナ、大阪城ホールなどで実施。2017年はさいたまスーパーアリーナでの追加公演が急遽決定するなど、多くのファンが来場した。

ジャニーズJr. (ジャニーズジュニア) のメンバー

ジャニーズJr. (ジャニーズジュニア)

ジャニーズJr. (ジャニーズジュニア) のスタイル

J-POP

ジャニーズJr. (ジャニーズジュニア) の影響を受けたアーティスト

嵐, SMAP

ジャニーズJr. (ジャニーズジュニア) の参考サイト

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%BAJr.

関連アーティスト

ジャニーズ(コンサート)のアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right