チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

LACCO TOWER(ラッコタワー) チケット売買一覧

LACCO TOWER(ラッコタワー)のライブ・コンサート

開催地域

開催公演

CLUB PHASE 23周年ツーマン企画『兄たり難く弟たり難し』

I ROCKS 2024 stand by LACCO TOWER【3日通し券】

HUMANisM〜超★地獄編2024〜

I ROCKS 2024[遠征編]

NUBO BEST ALBUM “Timeless Tracks” ReleaseTour 千秋楽

開催日程

  • LACCO TOWER(ラッコタワー)の公演一覧
  • CLUB PHASE 23周年ツーマン企画『兄たり難く弟たり難し』

    keyboard_arrow_up keyboard_arrow_down

LACCO TOWER(ラッコタワー)のチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 7 人がチケットの出品を待っています!

LACCO TOWER(ラッコタワー)のチケット

2024-02-24更新

関連アーティスト

グループ・ユニット・バンドのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

FAQ

買い手
Q. LACCO TOWER(ラッコタワー)のチケットはどうやって買えますか?

A. チケットの購入をご希望の方は以下のページから購入が可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの購入はこちら

Q. LACCO TOWER(ラッコタワー)のチケットを探すにはどうしたらいいですか?

A. ページ上部の検索欄にLACCO TOWER(ラッコタワー)と入力いただくと該当の公演を検索できます。

Q. 出品されているLACCO TOWER(ラッコタワー)のチケットで売り手に確認したいことがあります。

A. 確認事項がある場合は、コメント機能を使って直接売り手様へご質問ください。

Q. LACCO TOWER(ラッコタワー)のチケットの入金期限を延長してください。

A. 申し訳ございませんが、入金期限は延長できかねます。お手数ですがお支払いできるタイミングでの購入をお願いいたします。

Q. LACCO TOWER(ラッコタワー)のチケットはいつ受取通知すればいいですか?

A. チケットの発送方法によって異なります。詳しくはこちら

売り手
Q. LACCO TOWER(ラッコタワー)のチケットはどうやって売れますか?

A. チケットの譲渡・販売をご希望の方は以下のページから可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの譲渡・販売はこちら

Q. LACCO TOWER(ラッコタワー)のチケットの出品の仕方を教えてください。

A. 電話番号認証後、ページ上部の検索欄でアーティスト名を入力してください。詳しくはこちら

Q. 「出品者からの説明」には何を書けばいいですか?

A. 出品のご事情や受け渡し時の条件、発券時の手数料の有無等を書かれる方が多いようです。

Q. LACCO TOWER(ラッコタワー)のチケットで誤って発送通知をしてしまいました。どうしたらいいですか?

A. 一度行った発送通知は取り消しができません。買い手様へ事情をご説明の上、実際に発送された際あらためて取引連絡にて発送の旨お伝えください。

LACCO TOWER(ラッコタワー)は2002年7月に結成された5人組ロックバンドである。メンバーは松川ケイスケ(ボーカル)塩崎啓示(ベース)重田雅俊(ドラム)真一ジェット(キーボード)細川大介(ギター)の5人。CDの初リリースは2003年のミニアルバム「此処」。メジャーデビューは2015年6月の「非幸福論」。精力的にライブを行い2006年4月初のワンマンライブを開催した。またその年の6月映画「タイヨウのうた」にストリート役で出演している。「ドラゴンボール超」のエンディングテーマやサッカーチーム「ザスパクサツ群馬」の公式応援ソングなど多くのタイアップ曲も発売。出身地である群馬でも多く採用されており今や群馬を代表するバンドの1つとなっている。

LACCO TOWER(ラッコタワー)は2002年7月に結成された5人組ロックバンドである。メンバーは松川ケイスケ(ボーカル)塩崎啓示(ベース)重田雅俊(ドラム)真一ジェット(キーボード)細川大介(ギター)の5人。CDの初リリースは2003年のミニアルバム「此処」。メジャーデビューは2015年6月の「非幸福論」。精力的にライブを行い2006年4月初のワンマンライブを開催した。またその年の6月映画「タイヨウのうた」にストリート役で出演している。「ドラゴンボール超」のエンディングテーマやサッカーチーム「ザスパクサツ群馬」の公式応援ソングなど多くのタイアップ曲も発売。出身地である群馬でも多く採用されており今や群馬を代表するバンドの1つとなっている。