チケットジャムはチケットのフリマ(売買仲介)です。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

松任谷由実 (ユーミン) チケット売買一覧

松任谷由実 (ユーミン)は、1972年から活動開始した女性シンガーソングライター。ユーミンの愛称で広く知られる彼女は、常に日本のポップ・ミュージックの第一線で数々の歴史を作ってきた。オリコンにおいてアルバム1位を最年長での獲得、5つの年代連続でアルバムの売り上げの首位を獲得するなど、その活躍はとどまる所を知らない。ユーミンが奏でる音楽は、誰もが経験する切ない恋愛を丁寧かつ繊細に描く。その世界観は幅広い世代に受け入れられ、様々なアーティストも彼女の曲をカバーしている。これも彼女の曲が長く愛されているからなのではないだろうか。2016年から2017年で行われた『宇宙図鑑2016-2017』では42都市80箇所で、自己最多、自己最長のツアーとしてロングラン公演を行った。

開催地域

開催地域

開催日時

松任谷由実 (ユーミン)のチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 62 人がチケットの出品を待っています!
全40件 1 - 25件目
全40件 1 - 25件目
ランキング

人気チケットランキング

関連アーティスト

女性ソロのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

松任谷由実 (ユーミン)は、1972年から活動開始した女性シンガーソングライター。ユーミンの愛称で広く知られる彼女は、常に日本のポップ・ミュージックの第一線で数々の歴史を作ってきた。オリコンにおいてアルバム1位を最年長での獲得、5つの年代連続でアルバムの売り上げの首位を獲得するなど、その活躍はとどまる所を知らない。ユーミンが奏でる音楽は、誰もが経験する切ない恋愛を丁寧かつ繊細に描く。その世界観は幅広い世代に受け入れられ、様々なアーティストも彼女の曲をカバーしている。これも彼女の曲が長く愛されているからなのではないだろうか。2016年から2017年で行われた『宇宙図鑑2016-2017』では42都市80箇所で、自己最多、自己最長のツアーとしてロングラン公演を行った。

松任谷由実 (ユーミン)について

松任谷由実はユーミンの愛称で知られる、日本を代表する女性シンガーソングライターである。 14歳の頃はじめて作詞・作曲し、17歳で作曲家としてデビューするとともに瞬く間に彼女は才能を開花させた。その後実家が老舗の呉服店であったため、染色の専攻を志し、1972年に多摩美術大学に入学するが、作曲の創作活動の歩みを止めることはなかった。同年7月には「返事はいらない」で荒井由実としてデビューした。1973年にリリースしたファーストアルバム「ひこうき雲」で知名度が急上昇し、翌1974年より本格的にステージ活動をスタートさせた。翌年には松任谷正隆と結婚し、結婚後の戸籍名である松任谷由実として芸能活動を再開させる。その後彼女はヒット作、ミリオンセラーを量産していった。オリコンでは、女性最多となるアルバムミリオン通算10作を達成し、アルバム首位通算24作目、アルバム一位獲得最年長記録など、数々の記録を打ち立てた。彼女の作品は皆どれも魅力的で、耳にしたことのある曲ばかりである。有名どころでいくと、やさしさに包まれたなら、卒業写真、春よ来い、ひこうき雲、中央フリーウェイ、真夏の夜の夢、ルージュの伝言など数え切れない程のヒット策を世に送り出してきた。なぜここまでデビュー当時より、人気を維持してきたのか、その秘密は曲のメロディとメッセージ性にある。まず、彼女の楽曲には、自然体のメロディが自然に美しく聞こえる、和音進行の技巧が取り入れらている。これにより、ユーミンの曲独特の、繊細で情緒豊かな曲世界が広がっている。そして、何と言っても人の心を掴んで離さない、優しいメッセージ性だ。実際ユーミンの曲を聴くと分かるが、使われる単語は非常に簡単なものが多く、わかりやすい。それをうまく用いて表現することで、深みのある詩的な世界を作り出している。このように、ユーミンは皆の心にすっと入ってくるメロディとメッセージによって不動の人気を確立してきた。ここで、ユーミンの魅力を全て語ることはできない。彼女の歌はこれからも聴き継がれていくのだろう。