日本フィルハーモニー交響楽団のイベントチケット売買一覧

日本フィルハーモニー交響楽団は、1956年に関東圏を放送対象地域としているラジオ文化放送の専属プロオーケストラとして創立。楽団のテーマは「市民とともに歩むオーケストラ」「人・音楽・自然」で東京都を中心に活動している。創立時の指揮者は渡邉曉雄で、ベートーヴェン、ブラームス、チャイコフスキーなどの古典・ロマン派を演奏し、ドイツ・オーストリア系を中心としていた当時に新風を吹き込んだ。その後、ロシアのイゴール・マルケヴィチ、生まれたドイツからフランスに帰化したシャルル・ミュンシュなどの世界的な指揮者が客演し、2008年にはロシアを代表する指揮者アレクサンドル・ラザレフが8年間に渡り首席指揮者としてタスクを振った。現在はフィンランドのピエタリ・インキネンが首席指揮者に就任している。1975年から「夏休みコンサート」を開催して毎年2万人を超える親子が来場し、地域活動にも力を入れていて同じく1975年より九州全県で九州公演も行なっている。「日本フィル・シリーズ」の日本フィルハーモニー交響楽団新作を初演することを前提とした邦人作品の委嘱シリーズは、日本の音楽史上例のない委嘱制度として現在も続いている。

開催地域