【AK-69(カラシニコフ)】の経歴やプロフィールとおすすめソングを大解説!【HIP HOPキング】

【AK-69(カラシニコフ)】の経歴やプロフィールとおすすめソングを大解説!【HIP HOPキング】

”HIP HOPのキング”や”孤高のHIP HOP”などの異名を持つ「AK-69」

今回は愛知・小牧から日本のHIP HOPを語る上で、絶対にはずす事のできない存在にまで登りつめたAK-69さんについてです。

HIP HOPファンはもちろんのこと、アスリートや有名企業の社長や、明石家さんまでもが「AK-69の音楽」を支持する理由や、おすすめ人気曲などをご紹介してまいりたいと思います。

AK-69(エーケーシックスティーナイン)

  • 本名:武士尋己(たけしひろき)
  • 生年月日:1978年8月28日生
  • 出身:愛知県小牧市
  • 別名:Kalassy Nikof(カラシニコフ)

AK-69さんは、2004年3月31日にKalassy Nikof名義で、1stシングル「NEVER GONNASTOP」をリリースしてデビューしました。

ラップ曲を歌う際は「AK-69」、バラード曲などを歌う際は「Kalassy Nikof」として名義を使い分けていました。

現在は、「AK-69」で活動しておられます。

AK-69・名前の由来

「AK-69」はかつてソビエト連邦が使用していた、自動小銃「アサルトライフル」の型名「AK-47」に由来しています。

インディーズ時代には、「AK-47」名義で活動していましたが、女好きな本人にちなんで「AK-69」に改名しました。

MEMO

「Kalassy Nikof」は、自動小銃「AK-47」の別名で、設計開発したミハイル・カラシニコフから由来します。

AK-69・活動ヒストリー

AK-69さんは、地元の愛知・名古屋でインディーズ活動を行い頭角を現していきました。

ポイント

2004年にデビューを果たし、2012年には音楽制作と修行を兼ねてニューヨークへ渡ったAK-69さんは、本場アメリカ・ニューヨークで最も偉大なHIP HOPラジオ局と言われる「HOT97」で日本人初となるインタビュー&ライブ出演を果たしました。

そして、2014年に日本武道館で開催したワンマンライブを成功させると、2015年には「BEST HIP HOP ARTIST」を受賞。

さらには、Ne-Yo(ニーヨ)やカニエ・ウエスト、ジェイ・Zらビッグアーティストを多数生み出してきたアメリカの名門レーベル「Def Jam Recordings」の日本支社再始動時に第一号アーティストとして契約し、大きな話題となりました。

その後、再び武道館ライブを開催するなど、日本で最もHIP HOPドリームを掴んだアーティストの一人として注目を浴び続けています。

AK-69・支持される理由

AK-69さんは、若い中高生を中心に幅広い年代のファンに支持されています。

特に、アスリートや企業戦士といった闘う人たちからの支持が多いと言われているのです。

それは、AK-69さんの楽曲に心を鼓舞するような歌詞が多いことや、AK-69さん自身が様々な困難を超えて成功を収めてきたからであると言われています。

abemaTVなどで有名なサイバーエージェント代表取締役藤田晋氏も、AK-69さんのファンであることを公言しており、「仕事のクオリティの高さや、過去の仕事を上回っていく桁外れの努力に、自分も負けていられないという気持ちにさせてくれる」と語っているのです。

AK-69・さらになぜアスリートに支持されるのか

AK-69さんの楽曲の凄さはそれだけではなく、驚きの事実が証明されています。

AK-69さんのアルバム「THE ANTHEM」をアスリートの方に聴いてもらう実験で、パフォーマンスの向上につながる脳波活動が起こることが分かったのです。

プロ野球選手が自身の登場曲にAK-69さんの楽曲を起用したりなど、アスリートの方々が愛聴するのもうなずけます。

AK-69・おすすめ人気曲

「START IT AGAIN」


「挑戦」がテーマの一曲で、タイトルや歌詞でも訴えるように「何回倒れようとも、立ち向かうことをやめない」熱い楽曲です。

この曲が完成した時、AK-69さん自身が「奇跡」を感じた曲で、代表曲の一つです。

「And I Love You So」


AK-69さんの楽曲の中でも珠玉のラブソングです。

イントロのピアノの旋律だけ聴いても、名曲であることがわかります。

いつも隣にいてくれる恋人へのまっすぐな愛を、AK-69さんらしいリリックで仕上げられています。

「THE ANTHEM」


這いつくばってでも前に進もうとする人の背中を押してくれるような曲で、テーマはまさに「アンセム=応援歌」

ドラマチックな演出が施されたイントロは、AK-69さんお得意のものです。

「Stronger」


AK-69さんが亡き父親への思いを綴った感動の一曲です。

AK-69さんは、いつも誰にでも愛想のいいお父さんのことを尊敬していなかったそうですが、がんを患っての辛い闘病中でさえ周りを気づかって気丈に笑う姿を最期に見て、「優しさとは強さ」だと教えられたのです。

AK-69・魅力

AK-69さんの魅力はなんといっても「言葉が持つパワー」

AK-69さんが放つ言葉たちは、自身に重ねたものが多く、普通に生きていくだけでは到底見ることのできない景色を目標に置き、それに向かっていく者たちに向けた言葉なのです。

AK-69さんは「夢」という言葉は使わないと言われています。

漠然とした「夢」ではなく、達成すべき「目標」や「挑戦」といった地に足のついた泥臭い感情を吐き出しているがゆえ、聴き手も自分に重ねやすく、思いを乗せることができるのでしょう。

「険しい道をあえて選ぶ」AK-69さんは、常に前の自分を超えようとする計り知れないプレッシャーの中に身を置くことで、最高のリリックを生み出しているのです。

AK-69・ファッションブランド2004年にファッションブランド「BAGARCH(バガーチ)」をプロデュースしているAK-69さんは、ファッション界でも成功を収めています。

MEMO

「BAGARCH=ストリートからの成功者」という意味を込めており、そこにも不屈の精神が見られます。

ラスベガスで開催されたアパレル展示会にも出展したこともり、世界のストリートシーンに広く発信している人気ブランドとして知られています。

最後に…

孤高のHIP HOPアーティスト、AK-69さんについてご紹介してまいりました。

これから何かに挑戦する人、つまづいて前が見えなくなってしまっている人、ぜひAK-69さんの熱きライブを訪れてみてはいかがでしょうか。

きっと自分も気づいていなかった、奥底に秘められたパワーが湧き上がってくることでしょう。

この記事をシェアをしよう!

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事