吉田輝星とは?金足農旋風の立役者の成績を紹介!


北海道日本ハムファイターズに所属する吉田輝星選手。甲子園での熱い戦いは記憶に新しく、その活躍から期待値の高い選手としてファンから迎え入れられました。今回はそんな吉田選手を紹介したいと思います。

抜刀斎と呼ばれた秋田の若き右腕だね


秋田と右腕しか合ってないね


白夜叉とも呼ばれていた侍――


漫画から離れて……今回は甲子園で一躍有名となり、金足農旋風を巻き起こした吉田輝星選手の紹介をしていきたいと思います!

吉田輝星のプロフィールを紹介!

ここでは吉田輝星選手のプロフィールを紹介しています。吉田選手がどのような選手なのかを知りたい方はぜひご覧ください。

吉田輝星のプロフィール

出身地:秋田県秋田市
生年月日:2001年1月12日(19歳)
身長:175cm
体重:84kg
投打:右投げ右打ち
背番号:18
ポジション:投手


2020年の現在でまだ20歳を迎えていない吉田選手。プロ野球界の新時代を切り開く一人として今後も頑張ってもらいたいですね。

150km/h超えの直球は圧巻

吉田輝星選手の魅力はなんといってもストレートでしょう。

高校時代からストレートの球威や球速は評価が高く、今後も伸びしろがある存在だとも言われています。

甲子園ではここぞという時に投げるストレートには圧巻の一言です。

吉田選手はプロ野球選手としてはまだまだ若い世代なので、これからどのような球を投げるのか期待が高まります。

金足農旋風を巻き起こす

秋田県立金足農業高等学校、通称「金農」の野球部に在籍していた吉田輝星選手。

一年生の頃からベンチ入りを果たし、2年の秋の地区大会ではノーヒットノーランを達成するなど、当時から高い才能を発揮していました。

3年の夏に行われた第100回全国高等学校野球選手権記念大会(甲子園)では、エースとしてチームを牽引し、チーム初、そして秋田県代表としては実に103年ぶりの決勝進出に貢献しました。

その快進撃に地元だけでなく、各種メディアも大きく報道。その活躍は「金足農旋風」とまで言われ、世間の注目を集めました。

決勝戦では名門・大阪桐蔭高等学校に大差で敗れてしまいましたが、記憶に残る甲子園として現在でも語られています。

禁止された「侍ポーズ」は話題に

103年ぶりの決勝進出に大きく貢献した吉田輝星選手。注目を集めたのは金足農旋風だけでなく、吉田選手のあるポーズも話題を呼んでいました。

それが「侍ポーズ」です。

多くのスポーツ選手はルーティンというものがあり、普段から行うことで自分の精神スイッチのオン・オフを切り替え、安定したパフォーマンスへつなげる意図があります。

吉田選手はこのルーティンを侍ポーズとしており、初回のマウンドと最終回のマウンドへ登板する際の2回行われます。

初回ではかがみながら侍のように刀を抜く仕草。最終回ではかがみながら刀を収める仕草。これを同じチームメイトだった中堅手の大友朝陽選手と向かい合いながら行っていました。

このルーティンが吉田選手の代名詞となり、メディアを通じて人気を博していました。

ただ、甲子園の準決勝を前に高野連から相手への挑発行為、時間短縮などを理由に禁止をされてしまいます。

吉田輝星の経歴を紹介!

ここでは吉田輝星選手の経歴についてを掲載しています。まだ入団から日が浅いのでタイトルなどは獲得してはいませんが、入団から現在に至るまでをまとめているので、気になる人はぜひご覧ください。

U-18ワールドカップの日本代表に選出

甲子園の決勝で大阪桐蔭高校を相手に大敗してしまった吉田輝星選手ですが、甲子園での活躍が認められて>U-18ワールドカップの日本代表に選出されました。

吉田選手は決勝進出を決める韓国との試合で登板をしたものの、1回に四球や味方のエラーが重なり、4番のキム・デハンに本塁打を浴びてしまい、初回で一気に3失点と苦戦を強いられてしまいます。

吉田選手はその後の6回までを無失点で投げきるも、味方の援護も1点止まりとなってしまい、日本は敗退となってしまいます。

北海道日本ハムファイターズへ入団

その後の吉田輝星選手は2018年のドラフト会議において、1巡目で根尾昴選手を抽選で外した北海道日本ハムファイターズが吉田選手を再指名で獲得しました。

日本ハムの栗山英樹監督は、根尾昴選手の獲得をするにあたり「軸になるようなピッチャーになってほしい」と語っていました。

二軍調整後に一軍へと登板

入団からしばらくは二軍での調整を行うことになった吉田輝星選手。2019年6月には一軍登板を果たし、広島東洋カープ戦でデビューを飾りました。

5回1失点4奪三振というまずまずの成績を残し、プロ初勝利を獲得します。

上の動画は吉田選手が実際に登板をした様子です。

その後は二軍を中心で登板を重ね、現在は一軍登板に向けて調整を行っています。

吉田選手は評価が低い?

甲子園での活躍から一躍有名人となった吉田輝星選手ですが、一部関係者からはプロ野球選手の器ではないと酷評されています。

なぜ、そのような評価をされているのでしょうか。実際にメディアに取り上げられた話題を交えてご紹介したいと思います。

変化球や制球が甘い

吉田輝星選手の評価が低い理由の一つとして変化球が甘いとの指摘があります。

吉田選手の持ち球の変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ、スプリットとなっており、自己申告で8種類を投じることができると述べていました。

しかし、その変化球はどれも完成度が低くプロ野球選手にとっては打ちやすいようです。元プロ野球選手の古田敦也さんは、とあるスポーツバラエティ番組で、吉田選手の欠点について以下のような評価を下しています。

  • 変化球と直球の腕の振りが違う
  • 全体的に曲がりが早いので、見分けやすい

以上を踏まえて、高校野球では通じてもプロ野球では通じないとしています。

しかし、全てを否定的に捉えてはおらず、ストレートの球威や球速、守備などに関しては評価できるものがあると述べていました。

感情のコントロールが苦手

とあるメディアで吉田輝星選手が実際に登板した際の表情や態度に触れていることがありました。

吉田選手はマウンド上で、態度や表情の起伏が激しいと評価されています。これは相手バッターに付け込まれる隙を与えるだけでなく、味方選手にも影響されかねないことです。

感情を抑え込むことができないと、そもそもがプロの投手としてはまず使えないと評価されています。

高校野球では通じる

全体的な評価として吉田輝星選手は高校野球で通じる程度の実力しかないと評価されています。プロの選手としては未熟で、今後の躍進も期待ができないとまでされています。

しかし、吉田選手のプロ選手生活はまだ始まったばかりです。入団からしばらくして活躍した選手も少なくありません。

栗山英樹監督も、吉田選手がまだ全体的に未熟であることは考慮しているとの発言もあり、その未熟さをどのように改善できるかが今後の鍵となるでしょう。


吉田選手の2020年のキャンプでの様子です。

吉田選手の今後の活躍に期待しましょう。

最後に…

以上、吉田輝星選手の紹介でした。

まだ未熟な面が目立つ吉田選手ですが、年齢的にもまだ改善する機会は多くあります。

吉田選手自身もそれは重々承知だと思います。

ファンは吉田選手の今後の躍進を願い、応援を続けましょう。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事