チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

BUCK-TICK (バクチク) チケット売買一覧

BUCK-TICK (バクチク)とは、日本のロックバンドで、5人で活動中。1984年から活動をスタートし、1987年にメジャーデビューを果たした。現在のメンバーは櫻井敦司、今井寿、星野英彦、樋口豊、ヤガミトールの5人。1984年に決済された非難GO-GOが前身となっており、1985年にBUCK-TICKが結成した。1987年にライブビデオ『バクチク現象 at LIVE INN』によってメジャーデビューを果たすと、2018年の現在までCDシングル、アルバムなどのリリース活動を続けている。初めてチャート第1位を獲得したのは4枚目のアルバムとなった『TABOO』である。1987年に日本青年館でデビューライブを開催すると、以降も精力的にライブ活動を続ける。コラボレーションや韓国進出、Marilyn Manson (マリリン・マンソン)との競演など多様な形で、音楽の最前線に立って、業界をけん引してきた。

BUCK-TICK (バクチク)のチケットを出品、リクエストする方はこちらから

公演がありません
現在公演がありません。

こちら より公演登録依頼が可能です。

お気に入りに登録すると、新着のライブ・イベントが追加された時にメールでお知らせします!

お気に入りに登録

BUCK-TICKは日本の5人組ロックバンド。1984年に前身の非難GO-GOが結成され、1985年より現在のメンバーと、グループ名に。以来、メンバーの脱退や加入もなく、グループ名も変わっていない、日本では数少ないロックバンドとなっている。1986年にインディーズでファーストシングル『TO-SEARCH』をリリースすると、翌年にはインディーズながらファーストアルバム『HURRY UP MODE』を発売。そして同年9月にビクターインビテーションからメジャーデビューを果たした。2018年現在まで、シングルは37枚、アルバムは21枚をリリースと、いまだ現役で続けている。曲の大半はボーカルである櫻井が手がけ、作詞もすべて櫻井が行っている。一方、数曲はギターやキーボード、コーラスを担当する星野が作曲したものもある。音楽のテイストは基本的にはロックでぶれていないものの、アルバムによって細かく異なったアプローチの曲の数々が生まれている。その独自性もBUCK-TICKの魅力の一つである。1987年にデビューライブを行って以降も精力的にライブ活動を続けており、2018年もホールツアー『BUCK-TICK 2018 TOUR No.0』も実施している。また、ライブに関しては、ニコニコ動画での生放送に参加するなど、幅広い形で行っており、柔軟な姿勢を取っている。

関連アーティスト

グループ・ユニット・バンドのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

BUCK-TICK (バクチク) のチケットをご購入されたお客様の声

  • かなり後ろの席でしたが、ホールの作りが素晴らしいのか、よく見えました。
    後方なので、のびのび楽しめました。
    改めて、BUCK-TICKサイコーでした。チケット譲っていただきありがとうございました。楽しいひとときでした!

    12/18(水) 18:30 フェスティバルホール BUCK-TICK THE DAY IN QUESTION 2019

BUCK-TICK (バクチク) 過去のチケット

ランキング

グループ・ユニット・バンド人気ライブ・イベントランキング