チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

こまつ座 リセールチケット一覧

こまつ座のライブ・コンサート

開催公演

こまつ座 第150回公演『母と暮せば』大阪・東京公演

こまつ座 第151回公演『芭蕉通夜舟』全国公演

開催日程

  • こまつ座の公演一覧
  • こまつ座 第150回公演『母と暮せば』大阪・東京公演

    keyboard_arrow_up keyboard_arrow_down

こまつ座のチケット

全65件 1 - 50件目
全65件 1 - 50件目
2024-06-24更新

こまつ座 の詳細

こまつ座とは1983年に結成され、翌年に旗揚げ公演が行われた日本の劇団である。人を泣かせ、笑わせることを信条に掲げている。主宰は井上ひさしが務め、彼が作った作品のみを上演する劇団である。『頭痛肩こり樋口一葉』、『きらめく星座』、『花よりタンゴ』、『小林一茶』などは幾度にも渡って公演が行われている。劇団自体は10名ほどで構成されており、公演ごとにゲストを呼んでいる。過去には大竹しのぶや石原さとみ、野村萬斎といった大物が招かれた。2010年4月に井上が病死した影響もあり、2012年からはホリプロとタッグを組んで『こまつ座&ホリプロ公演』を開始している。なお、井上が亡くなった際には、秘書を務めていた社員が過労に追い込まれて自殺。後に労災認定された。公演の多くが東京で行われており、「紀伊国屋サザンシアター」が大半となっている。2008年には『闇に咲く花』が第8回バッカーズ演劇奨励賞を受賞。さらに2018年には、日本アカデミー賞など数々の賞を受賞した映画『母と暮せば』が舞台化。こまつ座「戦後"命"の三部作」の第三弾と位置づけられており、ヒロシマ(『父と暮せば』)、オキナワ(『木の上の軍隊』)に続き、ナガサキと戦争被害に遭った地を描く。

関連アーティスト

その他の演劇・ミュージカルのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

FAQ

買い手
Q. こまつ座のチケットはどうやって買えますか?

A. チケットの購入をご希望の方は以下のページから購入が可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの購入はこちら

Q. こまつ座のチケットを探すにはどうしたらいいですか?

A. ページ上部の検索欄にこまつ座と入力いただくと該当の公演を検索できます。

Q. 出品されているこまつ座のチケットで売り手に確認したいことがあります。

A. 確認事項がある場合は、コメント機能を使って直接売り手様へご質問ください。

Q. こまつ座のチケットの入金期限を延長してください。

A. 申し訳ございませんが、入金期限は延長できかねます。お手数ですがお支払いできるタイミングでの購入をお願いいたします。

Q. こまつ座のチケットはいつ受取通知すればいいですか?

A. チケットの発送方法によって異なります。詳しくはこちら

売り手
Q. こまつ座のチケットはどうやって売れますか?

A. チケットの譲渡・販売をご希望の方は以下のページから可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの譲渡・販売はこちら

Q. こまつ座のチケットの出品の仕方を教えてください。

A. 電話番号認証後、ページ上部の検索欄でアーティスト名を入力してください。詳しくはこちら

Q. 「出品者からの説明」には何を書けばいいですか?

A. 出品のご事情や受け渡し時の条件、発券時の手数料の有無等を書かれる方が多いようです。

Q. こまつ座のチケットで誤って発送通知をしてしまいました。どうしたらいいですか?

A. 一度行った発送通知は取り消しができません。買い手様へ事情をご説明の上、実際に発送された際あらためて取引連絡にて発送の旨お伝えください。

こまつ座とは1983年結成の日本の劇団。主宰は井上ひさしで、彼が作った作品のみを上演する演劇制作集団である。旗揚げ公演が行われたのは1984年。『頭痛肩こり樋口一葉』によってであった。以降も同作や『父と暮せば』、『きらめく星座』などは繰り返し上演されている。こまつ座の劇団員は10名ほどと少数精鋭。その理由は、公演ごとに演出家や出演者を招くスタイルを採っているからである。過去には夏木マリや石原さとみ、藤原竜也など民放ドラマでも活躍する俳優陣を招いている。そして2019年10月6日からは、井上が最後に手掛けた戯曲である「組長虐殺」を、井上芳雄上白石萌音高畑淳子など、豪華かつフレッシュさのあるキャストを迎え上演する。

こまつ座とは1983年結成の日本の劇団。主宰は井上ひさしで、彼が作った作品のみを上演する演劇制作集団である。旗揚げ公演が行われたのは1984年。『頭痛肩こり樋口一葉』によってであった。以降も同作や『父と暮せば』、『きらめく星座』などは繰り返し上演されている。こまつ座の劇団員は10名ほどと少数精鋭。その理由は、公演ごとに演出家や出演者を招くスタイルを採っているからである。過去には夏木マリや石原さとみ、藤原竜也など民放ドラマでも活躍する俳優陣を招いている。そして2019年10月6日からは、井上が最後に手掛けた戯曲である「組長虐殺」を、井上芳雄上白石萌音高畑淳子など、豪華かつフレッシュさのあるキャストを迎え上演する。