チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

宮野真守 チケット売買一覧

宮野真守は日本の声優であり、俳優やナレーターとしても活動する。高校卒業後から劇団ひまわりへと入団し、芸能界への夢を志す。一方で、小学1年生の頃にはすでにCMに出演している。声優としては、高校3年生でデビュー。オーディションで勝ち取ったNHKの海外ドラマ『私はケイトリン』が初出演作品となった。当時は声優としては素人だったが、そこからめきめきと頭角を現し、ゲーム『キングダムハーツ』のリク役を務め、注目を集めると、『DEATH NOTE』の主人公夜神月役で知名度を一気に上昇させた。DEATH NOTEは宮野の代表作ともなっている。声優として高い評価を確立させており、2008年には第2回声優アワード主演男優賞を獲得。2012年にも第6回声優アワード助演男優賞を手にした。

宮野真守のチケットを出品、リクエストする方はこちらから

公演がありません
現在公演がありません。

こちら より公演登録依頼が可能です。

お気に入りに登録すると、新着のイベントが追加された時にメールでお知らせします!

お気に入りに登録

宮野真守は声優である。小学生の頃から劇団ひまわりに所属し、芸能界を経験してきた。厳しいレッスンが今の宮野の土台となっていると言っても過言ではない。2010年に映画の主演を獲得した『WonderfulWorld』によってその演技にファンがつくようになった。そして宮野真守が18歳に差し掛かった頃、海外ドラマ「私はケイトリン」に大抜擢される。この作品こそ声優としてのキャリアの第一歩となった。その後、大人気ゲームの声優を務めその功績が認められ『DEATHNOTE』の夜神月役に抜擢された。この役で世間の注目を浴び、その高い演技力により数々の賞を獲得した。他にもハリーポッターシリーズや海外アニメーションの多数吹き替えなどを通して、有名声優の一人に数えられるようになった。彼の才能は声優としてだけにとどまらず、俳優としても生かされている。また、彼は他にも歌手としても活躍しており、2008年のシングルデビューをすると2009年には自身初の単独ライブを開催し、満員のドームで評価の高いライブを行った。2013年10月には、男性声優のソロ公演として初の日本武道館公演を成功させた。今後もさらなる活躍が期待されている。センシティブでセクシーな声、ちょっとお茶目な姿など、多能の天才である。トークも面白いと評判でラジオパーソナリティーとしても活躍。小顔で整った顔立ちとすらしとした長身をいかし、ファッション雑誌で活躍する。イケメン声優として女性ファンが多い。また一方で彼のファニーな面を好む男性ファンも存在し、老若男女に好まれる才能を持っている。今後も彼のイベント情報やチケット情報等の動向から目が話せない。

関連アーティスト

声優・アニメのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

宮野真守 のチケットをご購入されたお客様の声

  • かなり良いお席で、とても楽しめました。
    また、利用させていただきたいです。

    12/08(日) 13:30 IHIステージアラウンド東京 ブロードウェイ・ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』Season1

宮野真守 過去のチケット

ランキング

声優・アニメ人気イベントランキング