チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

mol-74(モルカルマイナスナナジュウヨン) チケット売買一覧

mol-74(モルカルマイナスナナジュウヨン)のライブ・コンサート

開催公演

ARABAKI ROCK FEST. 24【2日通し駐車券+風の草原キャンプサイト券+2日通し入場券】

mol-74「Φ」release tour

開催日程

  • mol-74(モルカルマイナスナナジュウヨン)の公演一覧
  • ARABAKI ROCK FEST. 24【2日通し駐車券+風の草原キャンプサイト券+2日通し入場券】

    keyboard_arrow_up keyboard_arrow_down

mol-74(モルカルマイナスナナジュウヨン)のチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 5 人がチケットの出品を待っています!

mol-74(モルカルマイナスナナジュウヨン)のチケット

2024-04-12更新

関連アーティスト

グループ・ユニット・バンドのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

FAQ

買い手
Q. mol-74(モルカルマイナスナナジュウヨン)のチケットはどうやって買えますか?

A. チケットの購入をご希望の方は以下のページから購入が可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの購入はこちら

Q. mol-74(モルカルマイナスナナジュウヨン)のチケットを探すにはどうしたらいいですか?

A. ページ上部の検索欄にmol-74(モルカルマイナスナナジュウヨン)と入力いただくと該当の公演を検索できます。

Q. 出品されているmol-74(モルカルマイナスナナジュウヨン)のチケットで売り手に確認したいことがあります。

A. 確認事項がある場合は、コメント機能を使って直接売り手様へご質問ください。

Q. mol-74(モルカルマイナスナナジュウヨン)のチケットの入金期限を延長してください。

A. 申し訳ございませんが、入金期限は延長できかねます。お手数ですがお支払いできるタイミングでの購入をお願いいたします。

Q. mol-74(モルカルマイナスナナジュウヨン)のチケットはいつ受取通知すればいいですか?

A. チケットの発送方法によって異なります。詳しくはこちら

売り手
Q. mol-74(モルカルマイナスナナジュウヨン)のチケットはどうやって売れますか?

A. チケットの譲渡・販売をご希望の方は以下のページから可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの譲渡・販売はこちら

Q. mol-74(モルカルマイナスナナジュウヨン)のチケットの出品の仕方を教えてください。

A. 電話番号認証後、ページ上部の検索欄でアーティスト名を入力してください。詳しくはこちら

Q. 「出品者からの説明」には何を書けばいいですか?

A. 出品のご事情や受け渡し時の条件、発券時の手数料の有無等を書かれる方が多いようです。

Q. mol-74(モルカルマイナスナナジュウヨン)のチケットで誤って発送通知をしてしまいました。どうしたらいいですか?

A. 一度行った発送通知は取り消しができません。買い手様へ事情をご説明の上、実際に発送された際あらためて取引連絡にて発送の旨お伝えください。

「mol-74」とは、日本のロックバンドである。バンド名の読み方は「モルカルマイナスナナジュウヨン」。メンバーは、ボーカル・ギター・キーボード担当の武市和希、ギター・コーラス担当の井上雄斗、ベース担当の髙橋涼馬、ドラム担当の坂東志洋の4人。ボーカルの武市和希が高校生の頃バンドを始めたのがmol-74のスタートとなり、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのライブに影響を受け、ロキノン系バンドのコピーをするようになる。その後、アコギやピアノなどを使用し、ボーカルの裏声を基調とした現在のバンドスタイルが確立される。2017年にはミニアルバム「colors」、2018年にはミニアルバム「(Saisei)」をリリース。独特の世界観と武市の透き通った声が特徴である。

「mol-74」とは、日本のロックバンドである。バンド名の読み方は「モルカルマイナスナナジュウヨン」。メンバーは、ボーカル・ギター・キーボード担当の武市和希、ギター・コーラス担当の井上雄斗、ベース担当の髙橋涼馬、ドラム担当の坂東志洋の4人。ボーカルの武市和希が高校生の頃バンドを始めたのがmol-74のスタートとなり、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのライブに影響を受け、ロキノン系バンドのコピーをするようになる。その後、アコギやピアノなどを使用し、ボーカルの裏声を基調とした現在のバンドスタイルが確立される。2017年にはミニアルバム「colors」、2018年にはミニアルバム「(Saisei)」をリリース。独特の世界観と武市の透き通った声が特徴である。