チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

ミュージカル『Violet(ヴァイオレット)』 チケット売買一覧

ミュージカル『Violet(ヴァイオレット)』のライブ・コンサート

開催地域

開催公演

ミュージカル『VIOLET』全国公演

開催日程

  • ミュージカル『Violet(ヴァイオレット)』の公演一覧
  • ミュージカル『VIOLET』全国公演

    keyboard_arrow_up keyboard_arrow_down

ミュージカル『Violet(ヴァイオレット)』のチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 76 人がチケットの出品を待っています!

ミュージカル『Violet(ヴァイオレット)』のチケット

全63件 1 - 50件目
全63件 1 - 50件目
2024-04-17更新

関連アーティスト

その他の演劇・ミュージカルのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

FAQ

買い手
Q. ミュージカル『Violet(ヴァイオレット)』のチケットはどうやって買えますか?

A. チケットの購入をご希望の方は以下のページから購入が可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの購入はこちら

Q. ミュージカル『Violet(ヴァイオレット)』のチケットを探すにはどうしたらいいですか?

A. ページ上部の検索欄にミュージカル『Violet(ヴァイオレット)』と入力いただくと該当の公演を検索できます。

Q. 出品されているミュージカル『Violet(ヴァイオレット)』のチケットで売り手に確認したいことがあります。

A. 確認事項がある場合は、コメント機能を使って直接売り手様へご質問ください。

Q. ミュージカル『Violet(ヴァイオレット)』のチケットの入金期限を延長してください。

A. 申し訳ございませんが、入金期限は延長できかねます。お手数ですがお支払いできるタイミングでの購入をお願いいたします。

Q. ミュージカル『Violet(ヴァイオレット)』のチケットはいつ受取通知すればいいですか?

A. チケットの発送方法によって異なります。詳しくはこちら

売り手
Q. ミュージカル『Violet(ヴァイオレット)』のチケットはどうやって売れますか?

A. チケットの譲渡・販売をご希望の方は以下のページから可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの譲渡・販売はこちら

Q. ミュージカル『Violet(ヴァイオレット)』のチケットの出品の仕方を教えてください。

A. 電話番号認証後、ページ上部の検索欄でアーティスト名を入力してください。詳しくはこちら

Q. 「出品者からの説明」には何を書けばいいですか?

A. 出品のご事情や受け渡し時の条件、発券時の手数料の有無等を書かれる方が多いようです。

Q. ミュージカル『Violet(ヴァイオレット)』のチケットで誤って発送通知をしてしまいました。どうしたらいいですか?

A. 一度行った発送通知は取り消しができません。買い手様へ事情をご説明の上、実際に発送された際あらためて取引連絡にて発送の旨お伝えください。

Violetとは、梅田芸術劇場とチャリングクロス劇場による共同で企画、制作、上演するミュージカル作品。2019年にイギリス版が上演され、翌年に演出家とコンセプトを変えずに日本でも公演が行われた。舞台は、1964年アメリカ南部の片田舎。主人公ヴァイオレットは、幼い頃に父親による不慮の事故で顔に大きな傷を負った女性。人目を避けて生きてきた彼女だったが、あらゆる傷を癒すといわれるテレビ伝道師に会うため、旅に出た。旅の過程でさまざまな人と価値観に出会い、少しずつ変化していく彼女がたどり着いたのは…。演出家・藤田俊太郎の渾身作ともいわれるVioletが、2024年に再び戻ってくることが決定。ミュージカル『VIOLET』全国公演は 4月7日から4月21日まで東京芸術劇場(プレイハウス)で、4月27日から29日まで梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで、5月4日は福岡・キャナルシティ劇場で、5月10日、11日は仙台電力ホールで上演される。ヒロイン・ヴァイオレットは三浦透子屋比久知奈のWキャスト。フリック役を東啓介、モンティ役を立石俊樹が務める。そのほか、sara(サラ)若林星弥森山大輔谷口ゆうならが脇を固めている。再び始まる旅をぜひ劇場で見ていただきたい。

Violetとは、梅田芸術劇場とチャリングクロス劇場による共同で企画、制作、上演するミュージカル作品。2019年にイギリス版が上演され、翌年に演出家とコンセプトを変えずに日本でも公演が行われた。舞台は、1964年アメリカ南部の片田舎。主人公ヴァイオレットは、幼い頃に父親による不慮の事故で顔に大きな傷を負った女性。人目を避けて生きてきた彼女だったが、あらゆる傷を癒すといわれるテレビ伝道師に会うため、旅に出た。旅の過程でさまざまな人と価値観に出会い、少しずつ変化していく彼女がたどり着いたのは…。演出家・藤田俊太郎の渾身作ともいわれるVioletが、2024年に再び戻ってくることが決定。ミュージカル『VIOLET』全国公演は 4月7日から4月21日まで東京芸術劇場(プレイハウス)で、4月27日から29日まで梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで、5月4日は福岡・キャナルシティ劇場で、5月10日、11日は仙台電力ホールで上演される。ヒロイン・ヴァイオレットは三浦透子屋比久知奈のWキャスト。フリック役を東啓介、モンティ役を立石俊樹が務める。そのほか、sara(サラ)若林星弥森山大輔谷口ゆうならが脇を固めている。再び始まる旅をぜひ劇場で見ていただきたい。