チケットジャムはチケットのフリマ(売買仲介)です。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

藤井フミヤ チケット売買一覧

藤井フミヤとは、1983年にデビューしたポップスバンドグループ「チェッカーズ」のメンバーで、バンド内ではメインボーカルを務めていた。グループは1992年10月に解散を発表し、その年の大晦日、第43回NHK紅白歌合戦出演を最後に解散。その後藤井フミヤはチェッカーズ解散後、ソロボーカリストに転身。ソロとしても「TrueLove」や数々の名曲を世に送り出している。現在では、元チェッカーズのサックス担当で、実の弟でもある藤井尚之と人でタッグを組み1997年9月に2「F-BLOOD」結成。現在は音楽制作、ライブ活動を勢力的に行い、過去には猿岩石に提供した「白い雲のように」や数々の音楽を他のアーティストに提供するなど、楽曲提供にも定評のある才能豊かなアーティストである。

開催地域

開催地域

開催日時

藤井フミヤのチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 15 人がチケットの出品を待っています!

藤井フミヤについて

藤井フミヤは、1983年に「チェッカーズ」のメインボーカルとしてメジャーデビュー。メンバーは武内享(ギター)、高杢禎彦(サイドボーカル)、大土井裕二(ベース)、鶴久政治(サイドボーカル)、徳永善也(ドラムス)、藤井尚之(サックス)の7人で構成されており、メンバー全員が福岡県出身で、学生時代から活動している気のしれた仲間の集まったグループである。チェッカーズは「ギザギザハートの子守唄」でデビューし、「涙のリクエスト」「夜明けブレス」など数々の名曲を世に送り出した。その人気は絶大で、当時は楽曲以外にもファッションや髪型まで真似する若者が続出した。まさにチェッカーズは社会現象を起こした伝説的バンドとして今も尚その名は語り継がれている。チェッカーズは1992年10月に解散を発表し、惜しまれながらも解散した。チェッカーズ解散の理由として世間では色々と憶測を呼んでいるが、決定的な理由は藤井フミヤの結婚だと言われている。当時、藤井フミヤの人気は絶大で、世の女性たちが受けたショックは相当なものであった。その後、他4人のメンバーも相次いで結婚したため、グループとしての存続が困難になり、メンバーはそれぞれの道を歩むことになった。藤井フミヤは解散後、ソロとして音楽活動を続け、自身が手がけた曲を世に送り出し続けた。また他のアーティストに楽曲提供をするなどして活動の幅を広げた。そしてチェッカーズの元メンバーで実の弟でもある藤井尚之とタッグを組んで「F-BLOOD」を結成し、現在も楽曲提供にライブ活動と勢力的に音楽活動を続けている。

関連アーティスト

男性ソロのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right